71:Mighty Mouseを分解してみた2(今度は写真入り!)

 ちょっと前にMightyMouseを分解した話をしたことがあるが、その時は自分的にイッパイイッパイだったので写真を撮るとかの余裕がなかった。ブログにそのことを書こうと思ったときに後悔したわけで、「よし。次は必ず写真も撮ろう!」と誓ったのだが、その機会が今回やってきた。
またまたマウスの調子が悪くなってしまったのである。

 まぁ一度経験しているので今回の分解はなかなかスムーズであった。途中で忘れたところは自分のブログで確認した。あ〜役に立ってよかったっす♪

 前回のブログと重複するとこらが多々あるので、もし参考にするならソチラも見てもらいたい。(「60:MightyMouseを分解してみた」参照)

 まず、MightyMouseの電源を切り、ワイヤレスであれば電池を取り外す。
次に底部のグレーのプラスティック部分を取り外す。ここは間違いなく接着剤で取り付けてあるので取り外しがかなムズい。カッターナイフなどを駆使して取り外していく。少しずつ、無理なチカラを入れずに、あくまでも少しずつを心がけよう。
b0050172_22503229.jpg
 次にマウスの本体部分(下)とカバー部分(上)を分解する。前はツメでとめてあり、後方は溝に取り付けてある。外す順序は前方を外してから後方を外すように。ドライバーなどでこれもチカラをあまり加えないようにして取り外す。プラスティックなので折ったりしないように注意して作業しよう。
b0050172_2392555.jpg
 上下が外れてもすぐに離さないように!! まだケーブルでつながっているのでケーブルを外すまでは注意して取り扱おう。
b0050172_2310664.jpg
 このフレキシブルケーブルは本体部分の方を取り外す。取り外し方は、取付部の黒いプラスティックを引出すような感じで動かせばケーブルが抜ける。順序はまずオレンジのケーブル、次に緑のケーブルと外した方がやり易い。
b0050172_23111141.jpg
 2本のケーブルを外せば、はれて上下が切り離される。とりあえず、トラックボールの清掃にはカバー部分しか用事がないので、本体部分はエアーダスターなどでホコリを取り除いてたら作業のジャマにならない場所に置いておこう。
b0050172_23193547.jpg
 次にカバーの裏側に取り付けてあるトラックボール部分を取り外す。精密ドライバー(プラス)等の小さいサイズのヤツで3本のビスを取り外す。この部分は固定されているだけなので、そんな慎重さは必要ない。
b0050172_2322342.jpg
 次はいよいよ悪の巣窟(笑)トラックボール部分を外しにかかるわけであるが、ここが一番注意をはらってもらいたいところである。とにかく部品が小さいので飛んでしまったら見つからなくなるかの可能性がある。特に注意して作業してもらいたい。黒い部分と白い部分を外せば分解できる。特に特殊な工具を使わなくても思ったより楽に取り外しはできる。私は精密ドライバー(マイナス)を使用して作業した。このとき部品をなくさないように!
b0050172_23295974.jpg
 今回の分解では下の写真の通りの分解である。小さい部品が多いので何度も言うようだが、紛失しないように注意!!
b0050172_23333447.jpg
 今回の私のマウス不調の原因はボールで回す部品にホコリがたまって空回りを引き起していたようだ。ホコリの量としては前回に比べればたいした量ではなかった。

 部品の清掃が終わったら組み立てにかかる。ここで、かなり記憶力が良い人でない限り、まず戸惑うのがボールで回す部品の向きだろう。この部品の向きは下の通りである。参考にしてもらいたい。(ちなみに下の写真の黒い部分が磁石になっている。)
b0050172_23403255.jpg
 あとは、ほぼ分解の逆順で組み立てれば問題なし。難しいのはフレキシブルケーブルの取付けだろう。あまり無理に扱えばケーブル切断もありうるのでホントに注意して行ってもらいたい。ピンセットなどを駆使して他部品にキズ等をつけないように慎重に行おう。わかっていると思うが、ケーブルの取付け順序は緑〜オレンジの順で。
b0050172_2346483.jpg
 最後の底部の部品を接着する前にマウスがちゃんと機能するか点検してみる。底部のプラスティック部分は機能させるには特に問題がないので下写真のように組み立てる。
b0050172_2351883.jpg
 機能的に問題がなければ、最後に底部の部品を瞬間接着剤等で接着する。接着面は全ての部分をしない方が次に分解するときに作業が楽になるので何カ所か接着してやればOK。簡単に外れるような部品でもないので大丈夫である。

 まぁ、簡単な分解ではないので不器用な人にはちょっと難しい部分もあるが、たったコレだけの清掃をしてやるだけでなおる故障をわざわざ金を払ってまで店に頼むのはどうかと思ってる人の参考になれば幸いである。

 なお、注意事項として…この清掃方法(分解)は推奨する方法ではない。それに保証対象外である。分解をした時点で、Appleからのサービスは受けられなくなるので、あくまでも 「自己責任」 のもとで行ってもらいたい。このブログ通りにやったとしても元通りに戻らない可能性だってあるわけなので、もしそうなっても私も責任は負いかねる。あくまでも 「自己責任」 で!
[PR]

by tadapymac | 2009-08-20 00:23 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/11761890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 72:MacOSX 10.6 ... 70:X11って知ってます?? >>