2: さらばWindows!

「マッキントッシュ」というと、DTPやってる人や、音楽やってる人のパソコンというイメージがある。確かCGのソフトはMacとの相性がいいらしいし、音楽編集ソフトも充実しているらしい。
しかし、マイクロソフトがこんなにおいしい市場に指をくわえて見ている訳はなく、DOS/V機にも沢山のソフトが移植され、いまでは本末転倒と言うべきかWindows用に開発されたソフトが多く、それがMacに移植される始末である。確かに世界中は「窓」の中にあるのだ!

当初から使いやすい「Windows98」に親しみ、コンピュータの楽しさを教えてくれたマイクロソフト。このままWindows派としてやっていった方が得策ではある。
しかし、パソコンがなぜ面白いか?と考えた時、皆さんはどういう答えを持ってますか?
1.インターネットでいろんな情報が見れる。
2.ゲームが出来る。
3.仕事で使える。
4.年賀状が作れる。
しかし、私がなぜパソコンが楽しいか・・・
それは「おおっ!パソコンってこんな事も出来るのか!!」「ほほぅ、ここはこうなっている訳ね」
って感じの発見・・・つまり手探り状態から手足になるまでが面白い!
では、今の私にとってWindowsはどうだろう?
いくらグレードアップしたからとはいえ、WindowsはWindowsなのである。だいたいの事は解ってしまっている。今している事と言えばホームページの更新とイヤラシいサイトの巡回閲覧くらいだ。当初の探究心は失われている。
やはりここはWindowsと決別するのが私の為ではないだろうか!

しかし、ただMacに乗り換えといっても今まで使ってきた周辺機器・ハードウェアや大金はたいて購入したいろいろなソフトは「乗り換え」れるのであろうか・・・。

こうして、私のWindowsからMacへの乗り換え作戦がヒッソリと開始されたのであった。
[PR]

by tadapymac | 2004-12-05 22:12 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/1296208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 3: MacというOS 第1章 1: マックって? >>