82:Magic Trackpad新登場!

暑いね…いやぁ暑い暑い…
7月初旬にはこのまま暖かくならないんじゃないか?とか心配していたが、そんなの無用な心配であった。梅雨明けと同時にトンでもない暑さがやってきた。来なくてもよかったのに…。


さて、そうこうしているうちにAppleからまた新商品が出た。今回は本当に「新」商品である。iPadじゃないよ。
その新商品とは「Magic Trackpad」である。

この真新しい新商品はその名の通りトラックパッドである。今までMacBookシリーズに取り入れられていたトラックパッドをその部分だけ外付けにしたようなカタチだ。
MacBookのように「クリック」「スワイプ」「スクロール」「回転」ができて、尚且つかなり広く設計されている。ディスクトップマシンをトラックパッドで操作できるので、タッチパネルに限りなく近い操作感があるだろう。使い道としては「マウスの代わり」「マウスと併用」とユーザーによっていろいろと用途はあるだろうし、あるいはソフトによって使い分けも出来るだろう。価格もMagicMouseと同じ¥6,800と、お手頃な値段だ。

まぁ、このMagic TrackpadをAppleのメールで初めて見たとき「おお!値段もお手頃、買っちゃおうかな?」と飛びつこうとしたが、冷静に次のことを考えてみた。

まず、その置き場所である。マウスの代わりとして使用するのであれば置き場所はマウスの場所で問題はないのだが、もし併用となるとマウスの外側なのかキーボードの隣りなのか…。それに入力装置を3つ並べるとなると机上が狭くなる。せっかくiMac購入で机上を広くできたのに今更また狭くなるのは腹が立つ。そうなると、やはりマウスの代わりとして使うのがいいだろう。代わりとなれば逆にマウスが動き回るスペースより狭くなるので大歓迎だ。

次に、その操作性である。実物を触れないので一番近いMacBookのトラックパッドを考えてみる。トラックパッドでマウスカーソルを動かすのはとてもストレスだ。スクロールとスワイプなどは使い慣れればとても便利であるが、これって実はMagicMouseでも出来ちゃうのでMagicTrackpadでなくてもよい。それよりマウスカーソルを動かすのはやはりマウスの方が操作性がよい。

それではMagicMouseとMagicTrackpadをソフトや状況に応じて使い分けるというのはどうだろう。自分の日常の操作や使うソフトなどを考える。ほとんどはマウスで行なう。トラックパッドの出番は… さて、どんな時だ?
う〜ん…思いつかない…。MacBookのトラックパッドを使っているときって、実はマウスを使えない状態の時(マウスを忘れたとか膝の上とか)だけで、本当はマウスを使いたいけど…という状況なのではないだろうか?

そう個人的な結論が出たとき「MagicTrackpad購入はとりあえず保留、店頭で触ってみてから考えよう」ということにした。

しかし、もしこのMagicTrackpadをマウスの代わりと位置付けるならば、それはマウスではなく「トラックボール」的な代わりになるのではないだろうか。常時マウスではなくトラックパッドを使っている人ならマウスを使うよりこのMagicTrackpadを使った方が操作がスムーズだろうし、「これからはマウスじゃなくこういう入力装置だ」と思う人はすぐにトラックパッドの操作に慣れるだろう。要はマウスの代わりではなく、新しい入力装置と考えるとよいのかもしれない。

ということで、今回の「Magic Trackpad」の私的結論は…

新しい入力装置です。マウスの代わりじゃありません。

人気ブログランキングへクリックしてね♪
[PR]

by tadapymac | 2010-08-09 22:17 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/13739097
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 83:OnyXでクリーニング! 81:Macなソフト♪ >>