89:Apple TVっ!

最近はテレビを観る機会がなくなった。番組が面白くないとかも影響しているが、最大の理由はパソコンでやることが多すぎでテレビどころではない…ということなのだ。

しかし、放送されている番組を観るだけがテレビではない。借りてきた「DVD」を観たりする用途もある。もし、パソコンの動画もテレビで観れれば、もっとテレビの活躍の場が広がるのではないだろうか?

ということでApple TVを買ってみた。

上の画像だけを見るととても大きなモノのようだが、実はとても小さい。
サイズで書けば…
縦と横が9.8cmの正方形で、高さは2.3cm、ついでに重さは272g だ。
いわゆる…とても小さい…なのである。

前作までのApple TVはハッキリ言って日本では使いモノにならない「不作品」だった。
しかし、今回のApple TVは違う。
機能としてはテレビをネット(iTunes Store)につなぐ為と自宅のMac(iTunes)につなぐ為の通信機器だけに使用する。
特にiTunesのバージョンアップ(10.1)とiPhoneのバージョンアップ(iOS4.2)で「AirPlay」ができるようになったことと、少し前だがiTunesStoreで映画の購入とレンタルができることでApple TVの存在価値も出てきた。
最近流行りの「ホームシェアリング」なるものをウチでもやってみようと思い、どうせやるなら「Apple」で統一してしまおうと思ったわけだ。

まぁ詳しいことはWebサイトに譲るとして、今回はこのApple TVを使ってみた感想を書いてみる。

まずは本体の見た目などなど…
とてもカッコイイ!けど、黒くてちっこいので目立たない… 存在自体はとても控えめだ。
接続…
電源ケーブルが付属しているが、肝心のTVと接続する「HDMIケーブル」は自分で用意しなければならない。このケーブルについてはどんなHDMIケーブルでもつながるようだが、よければちょっと品質の良いHIGHSPEED対応のものがいいかもしれない。
ネットの接続は有線LANなら差し込むだけで勝手に認識してくれる。
無線LANには注意が必要だ。私の環境は「AirMac Express」で部屋を無線LAN環境にしているのだが、当初テレビの近くでは認識してくれなかった。電波が弱いのかとも思ったのだが、その周辺でiPodやiPhoneは軽く電波を拾うし、iPhoneでのスピードテストでもAirMac Expressの近くと遜色のない速度を出している。
解決法は、なるべく両者(無線ルータとApple TV)を近づけて認識させる。一度認識してしまえばiPhone等と同じ範囲で通信するようになる。
AirMac Extremeなどのもっと通信範囲が広い機器をお使いの方であれば問題ないのかも知れないが、一応参考までに…。

そして使用…
Mac(iTunes)の中身を大画面のテレビで観れるのは心地よすぎる。いちいち映画や動画をiTunesに入れる手間はかかるが、DVDに焼くことを思えば逆にラクチンかもしれない。
扱いは「Front Row」に似ている。Macを使っている人であれば説明書なしでもすぐに使える。

総合的に…
まだiPhoneからの操作をしていない…忘れてた…。ということで、まだサワリ程度でしか使っていないのでたいした判断はできないが、MacとiPhoneとテレビがリンクしているという事実はスゴいと思う。操作をそのドコからでもできるというのもスゴい。とりあえず今の感想は…

買ってよかったっす♪

値段的にも「¥8,800」なので手軽に試すことができると思う。個別の認識ができるので1台のテレビに1台のApple TVというのも「アリ」かもしれない。

次回はiTunesStoreで映画をレンタルしてみたり、忘れていたiPhoneからの操作の感想を書いてみようと思う。

人気ブログランキングへクリックしてね♪
[PR]

by tadapymac | 2010-11-28 23:07 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/14491240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 90:Apple TVの続き… 88:スピード重視っ! >>