9: マックなアプリ

MacとWindowsの違いが少しずつ解って来た。
基本的にユーザーが少ない!というか、フリーのアプリケーション・ソフトが少ない。多分それは需要が少ないから開発する人も少ない、よしんば作っても有料だったり、外人さんだったりする。
ツールにしてもそうだ。Mac OS Xに標準で付属している「Developer Tools」という開発ツールがあるが、「C言語」がどこの国の言葉なのか解らない私には、おそらく日本語で説明されていても扱うのは至難の業なはずなのに、なにも英語で説明書を書く事は無いだろう?
この「Developer Tools」の解説本はいくつか発売されている。しかしそれを買って読んだとしても、私がこのソフトを扱える可能性はかなり低い。
いや、こんな高度なソフトの話をしたいのではない。
とにかく、ソフトの数が圧倒的に少ない!
しかし、探せばその中でも確かに使える(というかWindows版より使い易い)ソフトがある。とりあえず、私が今使っているフリーソフトを紹介しよう。勝手に紹介してしまうが、作者の方はフリーで出しているし、宣伝にもなると思うのでご了承下さい(たぶん、これを読んでる人はチョ〜少ないと思うので)。

まず、年賀状といえば住所管理。これは付属のアドレスブックを活用しようとしたが、いいフリーソフトがあった。
  SYMPHONYさん作 「はがきうぇあ v1.0.5」
これは住所の宛名書きと裏面イラストまで出来るので良さそうだ。
次に、写真加工を主眼とした画像ビューアと加工ソフト。ふたつが合体していれば最高なのだが・・・。しかし、やはり問屋が卸してくれなかった。そんなソフトはやっぱりシュアウェア。ということで、
  荻原剛志さん作   「Toy Viewer v4.52」
  Mattsunさん作   「絵箱 日本語2.1」
上が画像加工ソフト、下がビューアとして使っている。
拡大縮小、ちょっとした画像面の加工、なによりいろんな保存ファイルに出来るので用途に合わせて変換が出来る。
ビューアは手軽に開けるし、閲覧サイズも簡単に変更出来るところがニクい。

あと、いろいろなフリーソフトをインストールしているが、全てを紹介出来ないのが残念だ。ということで最後にもうひとつ、これは使えます!ってのを・・・。
  K . Yakoさん作   「フォントカタログ v1.1」
これはいい!私は仕事の関係上、ワープロソフトをよく使うが、少々お茶目な私はいろんなフォントで文章にメリハリを付けてしまうのだ。
これが仕事場で好評かそうでないかは別の問題として、このイメージ通りのフォントを探す時に「Font Book」は見辛いし解り辛い。
しかし、この「フォントカタログ」はノートパッド形式に表示してくれてるし、なにより好きな(必要な)文字や数字などを登録しておいて見比べる事が出来るし、登録・変更も簡単、サイズ変更も簡単。マジで使えます。

まだまだ使えるフリーソフトは私のMacに入っているのだが、それはまた別の話。
[PR]

by tadapymac | 2004-12-30 03:02 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/1568828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 10: MacとWin その違い 8: 開通記念日、それは今日 >>