104:おかしくないか?

長雨が続いた…
そして…それがあけたら…トンでもない暑さがやって来たっ!
なんじゃ〜!この暑さゎ!!もう「暑い」ではなく「熱い」である。
夏になる度に書いてはいるが、やはり今年も九州熊本は暑かった…。

さて今回は、見てておかしいと思ったことについて…。

最近、iPhoneとナニかと比較にされる「Android」だが、このAndroidのシェアがiPhoneを追い抜き去ったらしい。今までスマートフォンというとiPhoneだったが、これからは「Android」らしい。
もしかして「Android」を知らない人、もしくは正しく認識していない人の為に簡単に説明する。
Androidというのはスマートフォンの機種の種類ではない。スマートフォンを動かしているOSのことで、パソコンでいえば「Windows」や「MacOSX」などのことである。
Androidというのは検索名人のGoogleがスマートフォン用に開発したOSで、基本フリーソフトである。Windowsのように使用料みたいなものを払わなくても勝手に(?)使用できるわけだ。
なので各キャリアメーカーは本体とOS上で動くソフト開発だけでいいのである。OSという基本的なソフト開発に貴重な労力と資金を注ぎ込むことなくスマートフォンを作り上げることが可能なのだ。
ということで各キャリアメーカーはAndroidを使用しているわけであるが、その中身は一緒でもキャリアごとに動いているソフトや動かし方が微妙に違うので見た目が全く違うスマートフォンになっている。
しかし全てAndroidとして市場で計算されている。ここで「おかしいくないか?」と思ったわけである。

iPhoneはApple社が一社で作ってるスマートフォンであり、Androidはその他のキャリアメーカーがたくさん作っている。日本でいえばTOSHIBAやSONY、その他のキャリアメーカーも挙って「Androidを作っている」のである。
それなら、比較する場合「iPhone」と「REGZA Phone」とか、「iPhone」と「GALAXY S」とすべきであって「iPhone」と「Android」はおかしいと思わないか?
もし比較するなら、「iPhone」ではなく「iOS」とするべきなのだ!
iPhoneはAppleだけしか作っていないのに対し、Androidは数々の大メーカーが作っているのだ。それを十把一絡げにして「Android」って言われてもシェアが多いに決まってるだろっ!
それでもiPhoneをやっと追越してはみたけど、あまりシェア的には差はないとか言ってるなら逆に少なすぎるだろっ!と突っ込みたくなる。

そう考えるとiPhoneのシェアはすごいと思う。
iPhoneはこれからSIMフリーで売り出される。SIMフリーを打ち出しているdocomoでもiPhoneを使用することも可能になった(一部使えない機能もあるが)。
なんだかんだと批判ばかりしていた人も、結局はiPhoneを基準にしているから、条件さえ揃えばiPhoneを買うことだろう。
これからもますますiPhoneの出荷台数は増え続けるだろう。
とりあえず私もそろそろ「docomo」でiPhoneを使う方法を調べてみようかと思う。やっぱり「2台持ち」はツライ…。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2011-07-10 00:18 | iPhone | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/15916094
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 105:ひさびさに… 103:iPhoneとBlue... >>