113:フォトストリーム

アップグレードを果たした「iOS 5」と「Mac OS X 10.7 Lion」だが、おかげで「iCloud」を最大限に利用できる環境になった。

同期が簡単になったとかいろいろと便利になった部分が多いが、ひとつだけ私の環境でできないものがあった。「フォトストリーム」である。
フォトストリーム
この「フォトストリーム」はiPhotoのバージョンが「9.x(iPhoto'11)」じゃないとできないときたもんだ。私のiLifeは「'09」であるためiPhotoのバージョンは「8.x」なためにフォトストリームが使用できない。なんか…iCloudを使うためにけっこう金使わせるなぁApple…。
iLife'11

でもフォトストリームってのを体験したいっ

現在使用中のiPhotoになんの不満も感じていなかったが、ただそれだけ理由でiPhotoをバージョンアップした。
昔は、iPhotoだろうがiMovieだろうが「iLife」というひとくくりのカテゴリーを購入しなければならなかったが、最近できた「Mac App Store」のおかげで「iPhoto」だけを購入することができる。
Mac App Store
Mac App Storeにて「iPhoto'11」を購入。値段は¥1,300とお得な値段だ。
古いiPhotoのライブラリを引き継ぐので今まで通りの使い方ができる。
iPhoto'11

さて問題のフォトストリームだが、これで環境は整った。
iPhoneの「設定」でフォトストリームを「ON」にする。
b0050172_17175413.jpg
設定はこれだけでよし。iPhoneの「写真」のカテゴリに「フォトストリーム」という項目が追加される。
b0050172_17235167.jpg
早速カメラで撮ってみる。
カメラロールにアップされた写真がしばらくすると「フォトストリーム」に追加される。MacのiPhotoを見ると同じく追加された「フォトストリーム」の中に先ほど撮影した写真がアップされている。
b0050172_17245181.jpg
つまり、iPhoneで撮影した写真が自動的に(設定により手動も可能)iCloudを通じてiPhotoにアップされる仕組みだ。
他のクラウドサービスにも同じようなサービスは存在するが、MacのバンドルアプリのiPhotoに直接アップされるというのが「ウリ」なのかもしれない。
残念なのはフォトストリームにある写真をiPhone内のカテゴリ移動ができないところだ。もともとカメラロールの写真移動もできないので仕方ないのかも知れないが、せっかく同期が簡単にできるのにカテゴリを操作するにはMacに接続…ではもったいない気がする。
しかし容量を気にせず、なおかつ「うっかり削除」の心配もなく、バックアップも兼ねているのである。旅行中や各種イベントなどでたくさんの写真を写すシーンでは重宝するサービスかもしれない。

では、普段使いでのいいところはなんだろう?
ちょっとした写真などのアップであれば「Dropbox」などのクラウドサービス利用で大丈夫な気もする。一時的に必要な写真がその都度iPhotoにアップされる煩わしさもある。
それにこのフォトストリーム内の写真削除は面倒な操作が必要となる。
ブラウザーを立ち上げて「iCloud」にアクセスし、
「ユーザー」→「詳細設定」→「フォトストリームをリセット」
そして
b0050172_1742641.jpg
上図のダイアログで「リセット」をクリックして削除されるのだ。
Dropboxであればフォルダ内のファイルを移動させた時点で削除が完了してしまうことと比較すると、とんでもない「お手数」をおかけされている。
まぁバックアップという点では仕方ないのかもしれないが…。

ということで、今回「フォトストリーム」を使ってみて思ったことは…

・旅行など写真を撮りまくる時には重宝する。

・バックアップをついつい忘れてしまう「うっかりさん」には重宝する。
 ※ iCloudやTime Machineでのバックアップしてるなら必要ない。

・他のクラウドサービスを利用していない人には重宝する。

・結論的には「普段使いはDropbox」の方がいいかも…。

以上の感想となった。
しかし、まだ使用して何日も経っていないので一概に言えないところもあるかもしれないので、後日また報告したいと思う。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2011-10-22 20:26 | iPhone | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/16480041
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 114:Macintosh HD 112:ついでにMac OSも... >>