123:AirMacユーティリティのアップデート

いつものようにブログのアクセス数を見てニタニタしてやろうと設定からレポートを覗いてみると…

おおっ!インターフェースが変わってる!
とても見やすいし、いい感じだ♪

そしてよくみると…記事別のアクセス数までわかるんだぁ…
そういうことで、記事別のアクセス数を調べてみると「AirMacの設定」がけっこう多いことに気づく。

…ということで…
今回は、新しくなった「AirMacユーティリティ」について書いてみよう。


今回のアップデートで新しくなった「AirMacユーティリティVersion6.0」は「Mac OS X 10.7 Lion」にしか対応していない。
旧バージョンのMac OS Xをお使いの方には全く役に立たない記事であるが、もしこの先で役に立つ可能性もあるかもしれないので、見てても損はないと思う。
もしかしたら、Lionへのバージョンアップの契機付けになるやもしれぬ…。

さて、今回のバージョンアップでインターフェースが一新された「AirMacユーティリティ」。そのインターフェースは、まさに「iOS」のソレである!
先にiOS用アプリとして出ていた「AirMac」のインターフェースと瓜二つなのだ。
b0050172_082257.jpg

下図の左はiPhoneのアプリ「AirMac」の画面で、左はMac OS X 上での「AirMacユーティリティ6.0」である。全くと言っていいほど同じインターフェースというのがわかると思う。
b0050172_0124856.jpg
まぁ、これはこれで10.7Lionの「iOSとの統合」というコンセプトを踏襲しているので問題はないし、使っている側としては混乱しなくて良い。

では次に詳細の設定の画面を見てみよう。
b0050172_0155789.jpg
iOSの場合、画面が小さい事を踏まえてか「設定」の画面に似たようなものとなっている。

b0050172_0195895.jpg
一方、Mac OS Xのほうは画面の大きさとGUIを上手く使って、サルでもわかるように表示してくれる。

ここでちょっとした疑問がわいた…。
「WDSの設定はどうすんの??」

ちょっと前に書いた「AirMac Express」を使ってWi-Fiの範囲を拡張する「WDS」の設定(97:AirMac で快適無線LANっ♪参照)はどうやるんだろうか?

実はこのアップデートをやった頃に、どうもネットの調子が悪いので無線LAN周りを設定し直そうと思っていたのだ。

AirMacユーティリティの「編集」でAirMac Extremeが「接続が悪い」とかなんとか縁起の悪いことを表示していたこともあってAirMacの再設定とWDSの再構築をしようと思っていたのだが、新しいユーティリティだと以前の知識が役に立たない。
まぁ…失敗しても「AirMac Extreme」の範囲でなんとかなりそうだし、「物は試し」と両機器ともリセットして最初からの設定を決行した。

AirMac Extremeの設定は然程難しくもない…ガイダンスに従って設定していくと、いとも簡単に設定が完了した。
私が「デキル子」だからなのか元々が簡単に設定できるように作られているのかは置いといて…。
b0050172_0335455.jpg

問題は次のAirMac Expressによる「WDS」の設定だ。

さて…どうしたもんだろう…。

とりあえず、まずはAirMac Expressを認識させることだ。
近くのコンセントにAirMac Expressを挿してみた。

認識するまでにけっこうな時間がかかったが、挿したり抜いたりリセットしたりしていたら認識した。
b0050172_0373416.jpg
上図の「その他のAirMacベースステーション(1)」をクリックするとAirMac Expressの文字が現れる。
b0050172_0394613.jpg
このAirMac Express×××をクリックすると…
b0050172_041420.jpg
という画面になり…
b0050172_044690.jpg
上図のような表示が現れる。
そうですっ!拡張ですっ!!拡張してくださいっ!!!
 …「次へ」をクリック…

b0050172_046277.jpg
しばらくすると上図の画面になり「設定完了」となる。

えっ?
もう終り??

そう、コレで終りなのだ。
前バージョンでは「あ〜だこ〜だ」といろいろと設定画面で悪戦苦闘だったのが、新しいAirMacユーティリティではコレだけで設定が完了してしまうのだ。

b0050172_0485354.jpg
もちろんユーティリティ画面は元の通り「WDS」状態となり、Wi-Fi範囲も元通りである。

いやっほぅ♪

b0050172_0511040.jpg

b0050172_0512540.jpg
AirMac Expressの状態もご覧の通り「非常に良い」である。
「編集」を開いてみると、なんの設定もイジっていないのに完璧に設定完了である。

まさに「ワンタッチ設定」だ!


コレを見た10.6以前バージョンをお使いの皆様、如何だろうか?
10.7の魅力がこんなところにも現れているのだ。
早めのバージョンアップをお勧めする。

…いや…まてよ?
もしかしたら、10.6あたりにはもうすぐ対応しそうな気もするなぁ…。


まぁ、少なくとも「Mac OS X 10.7 Lion」でAirMac をお使いの方はすぐにでもアップデートをっ!

あ、ちなみにAirMacユーティリティのアップデートは
b0050172_1234417.jpg
ソフトウェア・アップデートから行なえるので…あしからず…。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-02-08 01:31 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/17763707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 124:ネットワークが遅いとき... 122:iPhoneのホームボ... >>