14: Macの名前

最近知った話・・・
アップル社が最近だしているパソコンにはすべて(私の知る限り)「Mac」という名がついているが、このMacはMacintoshの略である。このマッキントッシュとはホントにリンゴの種類にあるそうだ(スペルが違うが)。
このリンゴを初代Macを作った人がとても好きだったらしい。それで自分の作ったパソコンに大好きなリンゴの名前をつけたとさ。

ということはである。もしその人が日本の「富士」りんごが好きだったらパソコンの名前は「Apple Fuji」になっていたのだろうか?いや・・・まて。MacintoshもMacと省略されているから今頃はさしずめ「Fu」あたりだろう。
英語的に発音すると「ふゅー」に近いと思うが、日本人が読むと「ふ」である。おみそ汁に入っていそうな感じだ。
アップル フ ・・・なんとも頼りない名である。

いや、もしその人がリンゴではない何か〜たとえば「納豆」好きだったとしよう。
当然ロゴマークはワラに包まれた納豆、そして機種名は「ヒキワリ」だ。デスクタワー型は「パワーヒキワリ黒大豆」。そのマシンを司るオペレーション・システムでは「ヒキワリOS 拾 v10.4 甘納豆」が開発中だ。

たぶん、Windowsとのシェア競争どころかそこいらのフリーOSよりも使われないのは間違いない・・・。私もそんな名前のパソコンは嫌だ。
だってネバネバしてそうなんだもん。

そういうことを考えながら、シミジミと我がeMacを見る・・・ああ、その人がリンゴの好きなアメリカ人で良かった・・・。
[PR]

by tadapymac | 2005-01-27 23:55 | Mac | Trackback(1) | Comments(1)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/1852048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日々の戯言 at 2005-03-10 23:50
タイトル : その林檎の話
昔々に聞いた話ですが、まだPowerPCも登場していない、Motorolaの68系のCPUを搭載していた頃、IBMとAppleはパーソナルコンピュータ分野で激しい戦いをしてました。 IBMの本社の周囲には林檎園があったらしいけど、実がならないように処理されてたらしいです。当時の確執がいかに激しかったがわかります。 今のIBM/AppleのPowerPC陣営は隔世の感がありますね。(あ、MotorolaもPPCだけど) 伝説のCM「1984」を見みると、Appleを取り巻く環境は相手が変わっただけ...... more
Commented by 通りすがりのMac信者 at 2005-01-27 23:59 x
初めまして。
私もヒキワリは嫌です〜(笑)
本当に林檎でよかったです。

<< 15: 至福の時間〜Macにか... 13: Windowsの使い方? >>