131:iPhone一本化計画〜その伍〜docomoでiPhoneの設定編

GALAXY NOTEに機種変更したその午後、とうとうSIMフリーのiPhone4Sが我が家に届いた。

梱包されていたダンボールには英語で書かれた宛先や送付先などが書かれていた。間違いなく外国から届いた小包だ。
b0050172_15193389.jpg

早速開封。
包装のプチプチに包まれていたのは紛れもない「iPhone4S」だ!
箱は未開封でどこにも日本語表示はない。開けてみるとやっぱりiPhone4Sだった(当り前ですが…)。

内容品を確認するとほとんどSoftBankで購入したときと同じであったが、ただひとつ「DCコンセント用」のアダプタが外国用。でかいのだ。
b0050172_1525955.jpg
まぁ、これは前のSoftBank iPhoneのヤツで代用できるので問題ないし、なんか記念になりそうなのでとっておこう。

説明書(というほどでもないが)を並べてみた。中国語表記のものが出てきた。
b0050172_15283414.jpg
おおっ!ということはやっぱり正真正銘の「香港製」ってやつだ!
EXPANSYSってネット上の評判は芳しくなかったが、なかなかいい会社じゃないか。


ということでさっそく設定にとりかかる。
まずは「アクティベーション」だ。未開封のiPhoneをiPhoneとして機能させる最初の設定である。
SIMカードを入れない状態で一度立ち上げてみた。
b0050172_15412110.jpg
ぬぉっ!なんじゃこりゃ?
まるでMacOSを最初に立ち上げた時みたいな…
でも確かに同じAppleの商品なので似たようなモノが出てもいいよな…。
まっさらの状態だから見れる画面だ。多分SoftBankやauの店員しか見れない貴重な画面だ。ちょっと得した気分♪

そしていよいよ「docomoのmicroSIM(miniUIMカード)」を挿入する。
だ、大丈夫かな…(汗)ドキドキ…
b0050172_15591030.jpg
iTunesに接続しなさいという意味の画面。
iTunesを起動させ、iPhoneをケーブルで接続する。しばらくすると…
b0050172_1604899.jpg
おおおぉぉっ!!
「NTT DOCOMO」の文字が左上に表示される!
すっげぇ〜!docomo iPhoneになっちゃったよっ!

iTunesが新しいiPhoneとして認識する。
b0050172_163123.jpg
ここはもちろん「新しいiPhoneとして設定」を選ぶ。
バックアップは前のSoftBankのiPhoneのものだから復元してはダメ。

iTunesに入れてあるアプリは手動で設定してあげよう。
b0050172_16171845.jpg
iTunesのApp画面で簡単に設定可能だ。細部の入れ替えなどはiPhone本体でやるのもいいかもしれない。
もちろん新しい機体なのでアプリによっては再設定やログイン設定などをやらなければならないが、それはdocomoのiPhoneになったということでがんばろう。


さて、iPhoneの真骨頂であるWebブラウジングが出来る設定にする。
「設定」→「ネットワーク」に入る。
b0050172_16331712.jpg
「3Gをオンにする」と「モバイルデータ通信」が「オン」になっていることを確認して
「モバイルデータ通信ネットワーク」に入る。
b0050172_16343199.jpg
モバイルデータ通信とインターネット共有の「APN」の欄に「mopera.net」を書込む。
MMSはdocomo iPhoneでは現在の状況では使用できない。入れなくてもよいが書込んでも問題ない。どうせ使えないのだから…。

ということで…
以上の設定でiPhoneはWebにアクセス可能となり、テザリング可能となる。
テザリングのやり方は至って簡単。
「設定」から「インターネット共有」に入り、インターネット共有を「オン」にスライドするだけ。
b0050172_16534971.jpg
「Wi-Fiのパスワード」は好きなものに変更できる。自分の分かりやすいものに変更しよう。
でもあまり簡易だとセキュリティ上問題があるので注意が必要。
データ天井は「一月7GB」とあるが、よっぽどデータ通信を行なわない限り辿り着けない。テザリングでパソコンを使って何時間も大容量のデータ通信をしたり、寝る間を惜しんでネットサーフィンをしてもやっとこさたどり着くくらいだと思う。
まぁ人にもよるが、一般的な使用法なら行き着くことはないと思うので、安心してネットライフを楽しんでもらいたい。


さて、この記事を書いている日の一昨日(9月12日)に新しい「iPhone5」が発表された。

大々的にニュースになっていたが、個人的には「ガッカリ」だった。
まず、事前にネット上で話題になっていたものがそっくりそのまま発表された。
「iPhone4」のときはいい意味で「期待を裏切る」製品が発表された。
今回も実はネット上で話題になっているものを大きく上回るモノが出ると思っていた。
しかし、発表された形状や性能はほとんど思っていた通りのものだ。

それに一番の「ガッカリ」はSIMカードが「nanoSIM」になっていることだ。
b0050172_1764239.jpg
            (こんなの↑だと思います)
これじゃ今のmicroSIMでは使えない。あまりにも先行しすぎじゃないですか?
とりあえずSIMフリーのiPhone5を手に入れたところで「docomo」のiPhoneは作れない。docomoが「nanoSIM」を作ってくれるまでどうしよもうない。

ってか、iPhone5じゃなくてiPhone4Sで決断した私は「正解」だったようだ。
そういう意味では今度の「5」はあまり欲しいとは思わない機体となっている。

…負け惜しみじゃないぞ…(汗)


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-09-14 17:15 | iPhone | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/18984300
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 132:iPhone一本化計画... 130:iPhone一本化計画... >>