133:iPhone一本化計画〜その七〜キャリアメール編

困った…
どうしてもキャリアメール(@docomo.ne.jp)が必要になったのだ。


auやSoftBankのiPhoneでキャリアメールは使用できるが、勝手に(?)docomoのSIMでiPhoneを使っている場合キャリアメールは使用できない。

普通は…ね…

実は、「iモード.Net」と「専用iPhoneアプリ」の連携で、完全ではないが利用可能だ。
iモード.net
「iモード.Net」に加入するためには「iモード」に加入していなければならないが、私の場合、SoftBankのiPhone4を契約した時点で解約してしまっている。

話を整理しよう。
docomoのキャリアメールをiPhoneで利用したい場合
スマホでは利用できない「iモード」に加入して「iモード.Net」を利用可能にする。
その「iモード.Net」と連携したアプリで「docomoキャリアメール」をiPhoneで送受信可能にする。
…というわけだ。

ということでiモードに加入するために、またドコモショップを訪れた。

この前とは違って、少しお年を召された女性の店員さんが相手だった。

私 :「あのぅ…今、スマホ使ってるんですが、iモードって入れますか?」
店員:「あのですね…iモードというのはFOMAまで利用可能でして、お客様がご契約のspモードでは必要ないサービスですよ」

(そんなこと知っとるわぃ(怒))

私 :「いえ、実はiモード.Netでパソコンでもメールを見たいのでどうしても加入したいんですよ」
店員:「あぁ… それでしたらspモードのメールをパソコンで見れたらいいわけですよね。ちょっと調べてみましょう。」

(もう調べ尽くしたわぃ…できないんだって…)

長い時間、どっかに電話でいろいろと聞いていたらしいが出来ないことがわかり…

店員:「お待たせしました。spモードはできないらしくて、パソコンで見るにはお客様のおっしゃる通りiモード.Netで見る方法しかないらしいですが、実はiモードのメールとspモードのメールは別物でありまして、iモードのメールはspモードでは受信できないらしいんです。」

(それもちゃんと知ってるし…spモード使わないし…)

私 :「まだiモードメールが送られててサーバーに貯まってる分もあるのでそれをなんとかしたいと思いまして…」
店員:「そうですか…ちょっと調べてみますのでしばらくお待ちください」

(もういいからiモードに入れるか入れないかを答えろっ(怒))
という衝動を抑えて…

店員:「お待たせしました。それは可能ですが、iモード.Netでのみ利用された場合、サーバーのメールが貯まっていくことになって、定量を超えたら受信ができないようになります。これはFOMA端末で削除することで回避できますが、お客様のスマートフォン端末ではSIMカードというののサイズが違っておりましてFOMA端末をお持ちでもそれに差込んで使用できないので…」

サーバーのメールボックスがいっぱいで受信不可になるんだろっ?
一ヶ月に一回くらいはFOMA端末にアダプタ使ってSIM差込んで削除してやるわいっ!!

とうとう面倒くさくなったので…

私 :「えぇっとですね…いまサーバーに貯まっているメールとか、ここ数週間届くiモードメールと閲覧するだけの一時的な措置なんで、将来的にずっと利用するわけじゃありません。だからサーバーが満タンになるってこともないですし、なる前に利用を止めるとおもいます。」

なんていう根も葉もないウソをついて店員を納得させた。
考えてみると今までiモードには入っていなかったのでiモードメールが来るわけもないのだが…

店員:「あぁ、そういう利用法なんですね。それなら安心しました。お客様が困るような利用を進めるわけにもいかずにいろいろと失礼しましたが、そういう利用法なら問題ないですね。それに私なんかより詳しいようなので」

(…わかってるじゃん…
そうそう。アンタは言われた通りに「iモード」と「iモード.Net」に加入させてくれればいいんだよ)

店員:「他になにかご不明なことがありましたら…」

(…いいから…はやくしろ… …ん?まてよ?)

私 :「あの…スマホに機種変更したときにいろいろとサービスに加入したのですが、何日か利用してみて、絶対これは使わないなと思うものは外したいんですけど…」

これを機に、iコンシェルやdマーケット(VIDEOストア)とかケータイ補償お届けサービスとか全部外そうと思った。その分でiモードとiモード.Netに充てられるしね。

店員:「わかりました。お客様の今現在のサービス一覧を調べてみます。その中で必要ないと思われたものは外しましょう」

結局、無料のもの以外、すべて外した。


さて、家に戻り、いよいよ設定にはいる。

「iモード」と「iモード.Net」に加入しても「iモード.Net」を利用可能にするためには「ワンタイムパスワード」を「iモード」で受信する必要がある。
これを受信するためにはFOMA端末でしか受信できない。

手順は…
miniSIMにアダプタをつけてFOMA端末を利用可能にする。
「iモード.Net」はWindowsでInternetExplorer専用なのでMacでは利用できない。エミュレータソフト(私の場合は「VirtualBox」を使用)でWindowsを起動、InternetExplorerを立ち上げる。
Mydocomoに入り、「iモード.Net」に入る。
「ワンタイムパスワード」の送信画面になるので「送信」をクリック。
FOMA端末で受信、ワンタイムパスワードを入力する。
これで「iモード.Net」が利用可能となる。

次にSIMカードをGALAXY NOTEに入れて「メールアドレス入替え」を行なう。
「spモードメール」→「メール設定」→「その他」→「メール全般の設定」
するとブラウザが起動し、Mydocomoのログイン画面に入る。
メール設定に入り、「メールアドレス入替え」に入り、「spモード」と「iモード」を入替える。
b0050172_22571023.jpg


あとはiPhoneにSIMカードを戻し、専用アプリをインストールする。
docomoキャリアメールを擬似的に送受信できるアプリはたくさんあるが、今回は「imoco」というアプリを利用する。有料ではあるが機能的にはいいアプリのようだ。
b0050172_2315962.jpg

アプリの利用は至って簡単。
インストール後、設定画面に「Mydocomo」のID(携帯電話番号)とパスワードを入力して終り。これで利用可能となる。
もっと詳しい設定法と利用法はコチラのブログを参照。

試しにSoftBankのiPhoneからメールを送ってみる。
プッシュ通知ではないのでいちいちアプリを起動させる手間はあるが、キチンと受信できた。
b0050172_23215667.jpg

もちろん、ドコモショップの店員さんが心配してくれたように、あまりに多くのメールを受信してしまうとすぐにサーバーが満タンになってしまうので、私用のメールはできればGmailやその他のフリーメールを利用しよう。
あくまでも予備としての利用が良いと思う。


spモードとiモードのメールの違いや、詳しいアプリの利用法などは他のブログやwebサイトに詳しく説明されているので、そっちを参考にしてもらいたい。
iPhoneのアプリも、完全ではないのであまり多くを望まないようにしよう。
実際には不可能なことを可能にしているということで完全を望んだら「バチ」があたるかも…(笑)

最後に…
この利用法はあくまでも一例であり、利用については「個人責任」の元で行なってもらいたい。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-09-17 23:40 | iPhone | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/19000952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すぷーん at 2012-10-04 11:24 x
あのー 純粋に疑問なんですが、iphoneを使ってることは、契約上docomoのおねーさんに言えないのですか??
Commented by tadapymac at 2012-10-05 22:08
フリーSIMを打ち出したのはdocomoですのでiPhoneを使ってると言っても問題ないと思いますが、それを言った方が店員さんが混乱する…もしくはもっと時間かかる可能性があると判断したからです。契約上はなんら問題ないと思います…よ…。
Commented by すぷーん at 2012-10-08 12:29 x
そういうことですか。
たしかにそうことになるかもですね。
失礼しました。

<< 134:docomoでiPho... 132:iPhone一本化計画... >>