141:AirMacで快適無線LAN♪〜5GHzで快適♪〜

今年の冬は寒いっ!
毎年毎年「寒い寒い」とは言ってはいるが、今年の冬は例年より寒い!関東での大雪をみても、北陸地方の大雪をみても例年より冷え込んでいるのがわかるだろう。
とにかく私は寒いのが嫌いだっ!

さて今回は、無線LAN(AirMac)を快適にする方法を懲りずに紹介しよう。

無線ルータで通常使用している「2.4GHz帯」ではなく「5GHz帯」を使用することで無線LANの環境が快適になるのだ。
そりゃもう体感できるどころの騒ぎではない。つながり難かった時間帯での使用もサクサクである♪

今回適用される機器は「IEEE 802.11n」準拠で2.4GHzと5GHz帯の周波数を使用可能な無線ルータをお持ちの方で、「5GHz帯」をキャッチできるクライアント機器を持っている方に限るのでご了承願いたい。
よくわからない人は、とりあえず無線ルータの説明書を見て「2.4GHzおよび5GHzに対応しています…」みたいなことを書いてあれば出来る可能性がある。もちろん今回も「AirMac」を元に書いていくのでそれ以外の機器をお使いの方は他ブログ等を参照に実施してもらいたい。

以下の説明は「AirMac ユーティリティ6.1」をもって行なう。それ以下のバージョンの場合でも設定可能であるのでチャレンジしてもらいたい。

まず、MacのFinderから「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「AirMacユーティリティ」を起動させる。
b0050172_2130934.jpg
インターネットにつながっているAirMac機器が表示される。2台以上の場合は、大元のAirMacをクリックし、「編集」をクリックする。

b0050172_213743100.jpg
開いたウィンドウで、「ワイヤレス」タブを選択し、下方にある「ワイヤレスオプション…」をクリック。

b0050172_21394442.jpg
最上段左方にあるチェックボックスにチェックし、「5GHz ネットワーク名:」欄に好きなネットワーク名を記入する。わかりにくいとマズいので現在使用中のネットワーク名に「5GHz」を付けた名前がよいだろう…ってか、最初は勝手にその名前になるんだけどね…。
名前が決まったら下右の「保存」をクリック。

b0050172_2145152.jpg
「アップデート」をクリックするとAirMacのアップデートが始まる。再起動を伴うので他機器も影響を受ける。注意しよう。

しばらくするとAirMacユーティリティ画面と本体機器のオレンジ点灯がグリーン点灯に変わり、アップデート成功(完了)となる。
さっそくつなげてみよう。

Macの場合であればメニューバー(一番上)にあるWi-Fiマーク(?)をクリックし、先ほど設定した5GHzのWi-Fiがあるか確認する。
b0050172_22415975.jpg
あった場合はそれをクリックすれば接続完了。パスワードは元のネットワークと同じものを入れてやればよい。
もし、Wi-Fiの中にない場合は設定失敗もしくはパソコン側が対応していないことが考えられる。システム情報等で調べてみよう。また設定したAirMacからの距離が遠すぎて最初は拾えないということも考えられるので近くでやってみるのもいいかも知れない。

他機器の場合もWi-Fi設定から5GHzを探して接続するだけでよい。ちなみにiPhone4Sまでは5GHzに対応していない。iPhone5は対応しているようだ。
最近購入したiPadは対応している。Apple TVも1世代前だが対応していた。
ちょっと古いが初代MacBookが対応していたのが驚きだった。「IEEE 802.11」が「n」ではなく「g」なのに5GHzには対応しているのだ。

2.4GHzと5GHzの違いは「GHz」という単位で分る通り「周波数」の違いであり、速度の大小ではない。
それでは何故快適になったかというと、2.4GHz帯というのは前にもブログで書いたが(126:AirMacをもっと快適にっ!参照)いろいろなWi-Fiが混同しており干渉を引き起こしている。街角の共有無線LANのWi-Fi環境も2.4GHz帯だ。集合住宅でなくともいろいろな機器が混同しており、簡単に言えばいっぱいいっぱいの周波数なのだ。
そこをいくと5GHz帯というのは、まだ使用している人も少ないし、機器も少ない。ということで入場者がガラガラの遊園地みたいなもので、どのアトラクションも乗り放題の遊び放題なわけだ。
そういうことで体感的には速く感じるわけで、決して「速い周波数」などとワケのわからないことは言わないように気をつけよう。

この5GHz帯の使用で一番効果があったのが「Apple TV」だ。
2.4GHzの頃は、映画やYouTubeなどの視聴の際、けっこうダウンロードに時間がかかったり、途中で画像が止まったりしていた。
しかし5GHz帯にした途端、待ち時間がほとんどなくなった。ホントに速度が速くなったように感じる。

せっかく機器的にはこのような機能を備えているのに、使っていないというのはもったいない。それに2.4GHz帯使用の機器が少しでも減れば2.4GHz帯にも余裕が生まれるかもしれない。
もし貴方の無線ルータが5GHz帯を使用できて、スマホなどが対応しているならば、すぐにでも設定してみて欲しい。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-01-20 22:50 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/19869839
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 142:docomoでiPho... 140:画面サイズの話 >>