151:フリックで落ちる

猛暑だ…酷暑だ…
なんて暑さなんだろうか…ほんとに太陽ってのはすごい。あんなに遠くにあるのに地球をこんなに暑くするのだから。
なんとか地軸がまっすぐならないものだろうか。


さてさて、今回はちょっと困ったときのヘルプ技。

私のiPhoneはすこぶる調子がいいのだが、嫁のiPhoneで不具合が出た。
日本語入力(ひらがな変換)をしようとするとアプリが落ちるのだ。
b0050172_21335470.jpg
最初はただのメモリ不足だと思い、再起動したりバックグラウンドのアプリを消してみたりしたが、全く効果なし。
キーボード設定がおかしくなったのかな?と思い、ひらがな入力キーボードを消して再度設定したりしてみたが、これまた全く効果なし。

とりあえずローマ字入力は問題なく入力可能だったのでその日はそれで我慢してもらい、時間がある時に初期化してみようと思っていた。

しかし、もしかして同じような症状が出た人がいるかもしれない。検索してみた。

やっぱりあった。

その人の症状はひらがなの「ふ」を入れようとするとアプリが落ちる症状だったようだが、その対策処置法を見てみた。

そして早速、その夜に嫁のiPhoneで試してみた。

直った。

嫁はすごく喜び、私を「天才」呼ばわりしていたので「検索で調べました」とは言い難かったし、ちょっと気分もよかったので私の手柄ということにしておいた。

では早速その処置法を説明しよう。


b0050172_21434756.jpg
「設定」の一番下にある「リセット」をタップする。

b0050172_21441767.jpg
「キーボードの変換学習をリセット」をタップ、以上で終り。


この症状の原因は、日本語入力変換時にiPhoneが学習するその過程でバグが発生しているようで、文字をフリック(もしくはタップ)したときの変換候補を表示する際にアプリが落ちてしまう。

つまり、この変換候補となるべくiPhoneが学習した単語を「リセット」してやることでバグを取り除くことができるというわけだ。

文字をたくさん打つことの多い人は同じようなバグが起こる可能性がある。
憶えておいて損はない技である。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-08-03 22:00 | iPhone | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/20810931
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 152:映画鑑賞 150:最近思ふこと… >>