161:楽天でんわで携帯電話料金を安くっ!

スマホに切替えたら電話料金が高くなった…な〜んてコトをよく聞く。

それは当然で、フューチャーフォン(いわゆるガラケー)だった頃は「無料通話分」がサービスであったため、純粋な通話料はけっこう抑えられていた。

しかし、今やデータが主流の時代であり、通話自体はどうかするとほとんど使わない状態である。
私も仕事でも急な用事でなければメールで済ませるし、通話はほとんど使わない状態だ。

とは言え、なんだかんだで通話する機会はあるわけだし、月によってはかなり利用することもある。

スマホの場合、一般的なユーザーであれば、ほとんどの人が一番安い料金形態で契約しているだろう。そうした場合の通話料は「30秒…21円程度」だと思う。

これはけっこう高い…っていうより高すぎる気がする。
「あ、もしもし、いつもお世話になっています、○○商事営業部の△△です〜 先日はありがとうございました〜」(相手のあいさつ)」「あ、すみませんが、いま、お時間いただけますでしょうか?」「ありがとうございます〜 さっそくなんですけど〜…」
…と、本題に入る前に、すでに20円オーバーになっているわけだ。

そう、スマホ時代だからこそ少しでも携帯電話の通話料を抑える技(?)も必要になってくるのだ。そうしないと携帯キャリアの思う壷にハマってしまう。

いろいろな通話料を抑えるサービスは出回っている。「050」などが代表的であるが、なんとなく電話番号が変わると面倒くさい。
LINEやSkypeなどの無料電話(データ通信料のみ)を利用すればタダにもできるが、データ通信が安定している地域に限られるし、有効な代替とはならない。

そこで、今回紹介するのが「楽天でんわ」である。
ワタクシのホームページ楽天でんわ:リンク
このサービスは楽天が電話会社との間を仲介することにより電話料金を安く抑えられる電話サービスで、携帯電話・固定電話問わず30秒当たりの通話料が10.5円と、一般的な通話料金の半額の料金になるサービスである。
「楽天でんわ」というアプリをダウンロードして登録すればすぐに利用可能となる。もちろん楽天会員であればもっと簡単になる。

サービス自体はマイラインなどの電話サービスと同じで、相手先の電話番号のあたまに「0037-68」をつけて発信すると通話回線を楽天(正確にはその下請け会社「フュージョンコミュニケーションズ」)が借り受けて利用させるという、まぁそんな目新しいサービスではないのだが、アプリを介することで「0037-68」をわざわざつけなくてもいいということと、相手先には今まで通りの「0x0-xxxx-xxxx」で通知されるというところが利点である。

また、サービスの月額料金も無料だし、iPhoneの場合「連絡先」とデータアクセスさせることでアドレスブックをそのまま使用することができるので、電話する際も楽チンだ。
b0050172_012172.jpg
かかってくる電話は今まで通り、通常の電話アプリにかかってくるので問題ない。
b0050172_225494.jpg
くわえて「無料通話サービス」いわゆる同じ電話会社同士の無料通話や家族間の無料通話などで、逆にこのサービスをつけると料金が発生してしまい損をすることを防ぐため、「無料通話リスト」に登録しておくことで「0037-68」をつけないで発信するので、無料通話は無料のまま利用することができる。
b0050172_095328.jpg


ということで、楽天ゴールド会員の私も早速この「楽天でんわ」をダウンロードして、登録してみた。
登録自体はとっても簡単に済んで、すぐに利用可能となった。

さて、本当に「使えるアプリ(サービス)」なのか?

テストとして子どものiPhoneに電話してみた。
おっ! キチンと私の(登録された)名前が表示されている。今まで通りの着信と同じだ。
とりあえずはオッケーだなっ


それから何日か利用してみたが、利点だけでなく欠点らしいところも見えてきた。

まず連絡先に登録された人への電話でも、アタマに「0037-68」をつけて発信するために本来の通話アプリの発信履歴には「0037680x0xxxxxxxx」と残り、誰にかけたのかわからない。
b0050172_2359298.jpg
まぁ、これは楽天でんわアプリの履歴ではキチンと登録された名前が残るのでたいした問題ではない。

問題は登録していない電話がかかってきた場合である。

いちいちメモなんかにとってかけ直し?
と思っていたら、ちゃんと使い方はアプリ内に説明されていた…。
「かかってきた電話番号(履歴)のインフォ(電話番号の一番右側にある i )をタップして出た番号を長押しすると「コビー」が表示されるのでタップしてコピーする」
b0050172_001853.jpg
「楽天でんわの「よく使う項目」を開くと、コピーした番号に「0037-68」をつけた電話番号が表示されているので、それをタップすれば電話をかけれる」
b0050172_0202942.jpg
…と、まぁちょっと一手間かかる作業で面倒である。

もうひとつの問題…それは、かかってきた電話にすぐかけ直したい場合だ。

電話に出ようとiPhoneを取り出す間に切れてしまった場合や大事な人からの不在着信があった場合、ややもするとそのままタップでかけ直してしまう恐れがある。
かかってくる電話は通常の電話アプリなので、一度アプリから出て楽天でんわを起動させてから「かけ直す」という手間をかけなければならない。
急いでいる場合や、履歴にない場合は連絡先から探さなければならないので、けっこう煩わしい。

また、これは私にはあまり関係のない話なのだが、無料通話サービスに関する欠点だ。
docomoだと「カケホーダイ」という無料通話サービスがある。月額700円程度でdocomo同士だと無料になるというサービスだ。

私もはじめは利用していた。ケータイといえばdocomoであるし、職場のみんなもほとんどdocomoだと思っていたから、無造作にかけると8割方はdocomoだろうと踏んでいたからだ。
しかし、MNP(ナンバーポータビリティ)によって番号そのままでキャリアを替えれる現在では、その神話(?)も崩れている。けっこうみんなdocomoから飛び出しちゃってるようだ…ってか、docomoにかける電話料金が700円を超えないのだっ!

私は馬鹿らしくなってすぐに解約したが、このような無料通話サービスを利用している人は、無料になるべく相手に対して、気づかずに楽天でんわでかけると損してしまう。

auやSoftBankだと初めっから同じキャリア同士はタダという太っ腹なのだが、これも楽天でんわを使うと料金が発生して大赤字だ。

だから「無料通話リスト」が存在するのだが、親族親友ならまだしも誰が同じキャリアなんてわかるわけないじゃないかっ!
呼び出し音の前にちょこっと流れる「プププっ」や「テロテロリン〜ドコモっ」などで判別しろっても、辛い…。


とは言えやっぱり通話料を安く抑えられるサービスが増えるのはいいことだ。
楽天でんわの通話料金は携帯電話会社ではなく楽天への支払いになるのでポイントもつく。月によって変動する通話料金がなくなるので月額の携帯会社の料金も一律になるので「安くなった」気分を味わえる。

今回紹介したサービスは、人それぞれ…キャリアそれぞれ…かもしれないので一概に「オススメですっ!」というわけにはいかないが、次の人は使っても損はないかもしれない。

1 キャリアがdocomoで無料通話サービスに入っていない人
(auやSoftBankだと逆に高くついたりして…)
2 月の通話料金なんてたいした金額ではないけど、少しでも料金を安くしたい人
(ホントに安くしたいなら「050plus」などのIP電話にした方がもっと安くなる)
3 面倒くさがりではない人
(着信はスマホ純正電話アプリ、発信は楽天でんわと別けて使わざるを得ない)
4 マメな人
(登録している相手の電話が無料通話か否か調べれる人)
5 楽天ポイントが好きな楽天会員の人
(楽天でんわ通話料100円につき1ポイント)

まぁ、上に挙げた項目は私にほとんど当てはまるものであるから、今のところ「私にもってこい」のサービスな気もするが…。

今のところ、利点欠点がいろいろあるので、本当に自分に合うサービスなのかどうかしっかり判断して、じっくり検討の上で利用してもらいたい。
飛びつくと損するかもよ…。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


「Macいかがですか?」
[PR]

by tadapymac | 2013-12-15 00:38 | iPhone | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/21643929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 162:クリーンインストール ... 160:docomoでSIMフ... >>