22:iLife'05を使ってみよう!〜iMovie HD編〜

 今回はiLife'05の中の「iMovie HD」について語ってみよう。
「iMovie HD」はiMovie 4のバージョンアップでその機能のほとんどはiMovie 4と同じである。目玉はその名の通り「HD」、つまりハイビジョンのデジタルビデオを編集できるのだそうだ。しかし、テレビ局でもない限りハイビジョンのデジタルビデオなんて持ってるわけないし、そこまで画質を追求したところで記憶媒体がまだ追いついていないのでは・・・なんて心配しているのは私だけだろうか?
 このソフトのきっかけと言うべきSONYの最新式DVがHDVなのだが、近くの電気屋さんに置いてあった。価格を見てビックリ!その大きさにもビックリのシロモノ・・・。ハイビジョンが私たち一般人に普及するのはまだまだ先のような気がする。

 それはさて置き「iMovie HD」について。
iMovie 4は何度か使っていたのだが、その操作性・機能性にはビックリしていたし、仕上がり具合にも大変満足したモノだった。今回のバージョンアップでいくつかのトランジッションの追加などが直接感じた機能追加だったが、特に個人的に気に入ったのが、MPEG4を読み込んでくれるようになったことだ。

 フリーソフト好きの貧乏な私は、ネットでDLしたMPEGファイルが散乱している。それも細切れになったひとつのファイルが10秒程度のヤツ(身に覚えのある人もいるのでは。。。)ばっかり。これを結合するには正攻法ではQuickTimeの有料版Proにバージョンアップするしかない。
しかし!今回「iMovie HD」が読み込んでくれる。そしてmovファイルとして保存してくれるのだ!これで散乱した私のエッチビ・・・いや、大切なムービーも整理することができそうだ。

 いや、ちゃんとした使用結果報告をしよう・・・。
丁度、嫁の知り合いの結婚式のビデオを編集してくれないかと頼まれたので、「iMovie HD」で編集してあげたら、拍手喝采ものの評価を頂いた。「お父さんスゴイ!」という家族の評判だったが、実際は「iMovie HD」がスゴイのだ。私はただ、切って〜つないで〜音楽入れて〜を繰り返していたに過ぎない。すべてソフトのおかげ・・・。いや、マジでこのソフトはスゴイ。ちょっとした創作心さえあれば、とんでもない作品を作ることができる。
 あわせて「iDVD 5」もテーマが充実していてうれしい。書き込み速度はどうにかならないモノかとイライラしがちだが、お出かけ前にやるとか工夫すればなんと我慢できる範囲だ。

 iLife ’05・・・けっこう行き着くとこまで行ってるのではないだろうか。これ以上の機能を付け足すと、それこそプロの領域に入ってしまいそうな勢いだ。
いや、マジで音楽・映像に関しては、Macintoshここにあり!という意気込みを感じましたよ、Appleさん。
[PR]

by tadapymac | 2005-05-28 00:56 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/2820689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 23:機械音痴はMacを! 21:iLife'05... >>