36:MacBook!その能力!!

 暑い暑いと言い続けていた昨今・・・世の中はすっかり秋の気配で、朝晩は涼しいというより寒い!と感じるようになった。今年の夏は確かに暑いことは暑かったが早く終わったたように思う。梅雨が長かったせいもあり、夏本番を迎えたのが8月に入ってから。そして10月にもなると暑さも和らいで秋…約2ヶ月間の夏であった。夏野郎のみなさんには少し物足りない今年の夏だったと思うが、一般ピープルの私には暑い夏が早く終わるのはありがたい。長いのは春と秋で夏と冬は短い方が絶対いい!そうに決まっている!
 ということで何でも早く終わりゃいいってもんではないが、早くて助かるのは他にもある。パソコンである。
 eMacに比べてMacBookはCPUをはじめ、いろんなところで性能的に上回っているらしいが、どうもその恩恵に預かっていないような気がする。

 といことで、今回はMacBookのナニが素晴らしいかを検証してみよう。
最近、iPodを買ってからというもの音楽をドンドンiTunesに入れ込んでいるが、新しい歌ならレンタルやCD購入、はたまたIMSでの購入など…いろいろと方法はあるが、昔の曲(といっても80年代)のレアな曲はなかなか見つからない。そこで昔のカセットテープを引っ張り出してGarageBandを介して取り込んでみようと思った。さすがに音質は悪くなると思うが、そこは目を瞑ろう・・・。
 メインマシンのeMacにいつもつないでいたローランドの「UA-30」というUSBオーディオインターフェイスを使ってカセットステレオからMacBookのGarageBand3に取り込む。デジタル時代になってさほど感じなかったが、アナログ時代によくやっていた「ダビング」と同じである。昔はよくこの時間で文句も言わずに我慢してたなぁ、1曲丸ごと聴いてダビングだよ…そういや倍速ダビングって出たときは衝撃的だったよなぁ…と、古き良き時代のことを懐かしがりながら相当な時間を費やして46分のカセットテープを取り込んだ。その頃から音質にはこだわりを持っていたかどうかは記憶にないのであるが、何故か「メタルテープ(懐かしい響き!)」を使っていたので思ったより音質は良かった。
 さて、これを今度はiTunesに取り込む作業だ。AIFFに変換する時間がeMacと比べてどうか?「ファイル」からiTunesに…って、ないじゃん!何処だ?・・・お?「共有」から?「iTunesに送信」?・・・そうか、ソフトもeMacはバージョンが2だけどMacBookは3だ。バージョンが違えばやっぱり速度も違うのかな?とにかく変換!・・・うわっ!はやっ!・・・あっという間に変換しやがった。んじゃつぎはAIFFからACCにエンコード…これは時間は然程かからないから・・・うわっ!これもはやっ!・・・さすがインテル…はえな・・・。
 しかし、これだけでは甲乙付けるには早合点である。今度iDVDで決着を付けようではないか。まだまだ勝ったと思うなよ!MacBook!!

 次にアプリケーションである。インテルプロセッサ搭載したMacにはすべてRosettaというPowerPC用のアプリケーションプログラムをIntel用に変換するソフトが入っている。詳しく言うとクドくなる(いや、私にもよく解らないのだが)ので、簡単に言うと通訳みたいなソフトである。MacBookのMacOS X TigerにはAppleWoeksがバンドルされていない。そこで、このPPC専用のAppleWoeksをMacBookで使ってみよう!
 インストールディスクからのインストールは出来ないが、Appleのソフトは親切設計なのでeMacのAppleWorksのフォルダをまるごとコピーすることでインストール完了になってしまう。著作権的にはグレー(黒かも…)ではあるが、検証するだけなのでここはちょっとの時間目を瞑って貰って…。
 ワープロ、表計算、ドロー等々使ってみたが若干のタイムラグがあるがストレスにはならない。もっと重いソフトならばわからないが、AppleWorksくらいのofficeツールであれば使用については全く問題ない。さすがApple…。

 今回の検証について・・・やっぱり新しい商品は古い商品より優れている。全く当たり前なのだが、MacBookがメインマシンとなることはないだろう。
それは重大な問題・・・スピーカーがちゃちい・・・。
[PR]

by tadapymac | 2006-10-09 23:16 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/5838713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 37:Mac徒然草 〜我ふと思ふ〜 35a:追加記事!! >>