37:Mac徒然草 〜我ふと思ふ〜

 Apple製品ではありえないのだが、タマに「お?これいいな〜」と思って買った製品が違う店でそれより安く売ってあった場合の自分のあさはかさに腹が立ったりすることがある。それを防止する策として…
1.インターネットやチラシ広告で販売価格をキチンと調べてから買う。
2.少し面倒だけど複数の店をハシゴしてまわる。
3.買わない。
等々、いろいろと方法はあるが、重要なのは比較なのである。比較するという事は大変大事な事なのである。しかし、比較でもコレはいかがなモンかと思うモノがあった。

       最近AppleのHPで見れるMacのCMである。

 何個かパターンがあるが一番苦笑いなのが「iLife編」で、Macを使ってる人には茶目っ気タップリのジョークなのだが、もしもパソコンを知らない人が見たらWindowsってなんも出来ないんじゃない??って思ってしまうような…なんか比較っていうより偏見っていうか間違った情報っていうか、少しやりすぎな気もする。
少し前にペ○シコーラがコ○コーラにやったCMを思い出した。

 たしかにWindowsはOS自体が複雑過ぎてフリーズしやすいというイメージがあるが、よく考えてみるとMacの方が固まってしまう回数は多いような…。いろいろな事が出来るという点でも、Windowsの方がはるかにいろんなことが出来るような気がする。ソフトの豊富さから見てもWindowsが莫大に多い。OS単体で考えればMacの方がアプリケーションは多いが、通常一般的にパソコンを購入しようとしている人たちは大手電機メーカーによってカスタマイズされソフトも数多くバンドルされているパソコンを求める。このようなパソコンはMacの比ではないくらい何でもこなせるパソコンとなっている。このような状況であのCMはちょっと誇大広告かもしれない。
 ただ単にOS同士の比較であれば間違いではないだろう。しかし、パソコンと言っている以上一般的に見て大手メーカーのパソコンも入ってしまうのではなかろうか?

 それよりLeopardのデモでやってるようなビジュアル的なモンで攻めた方が最近の日本人には受けるのではないだろうか?一発でMacのディスクトップの美しさがわかるし、なんてったってカッコいいし!!本体の性能を見てもひけを取っていないんだからもっと自身もって行こうではないかAppleさん!!

Macユーザーが見て頷くようなCMを作って貰いたい。

      でもあれはあれでけっこう楽しいんだけど…。
[PR]

by tadapymac | 2006-12-05 21:55 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/6148342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 38:Mac伝道師 36:MacBook!その能力!! >>