38:Mac伝道師

 とうとう2007年が始まった。  あけおめ。 ことよろ願。 祝2007亥。

 今年はとうとうOSが新しくなる。MacOSX10.5Leopard がでる!今度のヤツは発売と同時に買ってやろうと思う。いつもであれば、かなり安定期に入るまで様子をみるのだが、今回に関しては然程どうしても欲しい新機能があるわけでもないが10.5の状態から始めたい。いろいろな不具合と戦ってみるのも面白いかもしれない…ていうか、このブログのネタになりそうな気がして。

 そういえばiPodG5の隠し機能〜スクリーンセーバー(みたいなモノ)はご存知だろうか?iPodを充電状態にしているときに指定した映像を流す事が出来るのだ。
 マウントしていない(マウント解除)状態でUSBで接続していると充電状態となるが、この時にデモ指定した映像がループ再生するのだ。これは販売店の店頭で使用するための隠し機能らしいが、映像再生出来るG5ならではの、ちょっとnanoあたりに自慢出来る機能である。
 どうせだから方法説明を〜
 1. まず、iPodのファームアップソフトのバージョンを1.2以上にする。
 2. iPodを接続して「オプション」の「ディスクとして使用する」をチェック(入)する。
 3. マウントされたiPodを開いてそのフォルダ内に「Demo Mode」という名前の空フォルダを新規作成する。
 4. 続いてiPodに入っている映像の中から充電中に流す映像を決める。新しく作る場合は、iPodにしっかり同期(iPodで再生できる状態)させておくように。
 5. 流す映像の名前の変更、「Demo」というファイル名にする。名前の変更は「情報を見る」の「情報」タブで変更してよい。普通にファイルを指定して名前の変更でもナンでも、とにかくファイル名を「Demo」にする!
 6. これで作業は終了、あとはiPodのマウントを解除して2分ほど待つ(「接続を解除しないでください。」の画面からメニュー画面に変わり、しばらくすると電池マークになるが、この時に映像が流れる。それまで気長に待つこと。)

 ※ 解除は接続ケーブルを外したり、なんらかの操作を行えば解除する。
   コンセントやシガーライターからの充電中も作動する。

 これはけっこう使えそうなのであるが、実はリスクがある。映像を停止させたときiPod本体の設定が初期化され、言語が「イングリッシュ」になるらしい。つまりデモ映像後に毎回設定し直しを行わなければならない。私が試したときには言語は英語に変わる事なく日本語のままであったが、設定がリセットされる。トップのメニューやEQ・サウンドチェック等、「設定」で変更している事項はすべて初期化される。ちなみに私のiPodは旧第5世代でソフトウェアバージョンは「1.2.1」で、今も充電中は佐○寛子ちゃんが水着で微笑みかけてくれている。参考までに…。
 この隠し機能は今のところ、nanoユーザーやこの機能を知らない人に自慢したらすぐに元に戻した方がよさそうだ。iPodを購入時のままの設定で使っている人は別だが…。

 それでは本題に入ろう。Mac伝道師とは、Mac使いでMacを世のパソコンユーザーにその良さを説いてMacユーザーにしてしまおうとするお節介な人のことであるが、私にはこのMac伝道師には向いてない気がする…っていうかMacを薦めれない。
 理由はMacがオススメできるような代物ではないとかMacの使い方がまだよくわからないとかではなく、やっぱり世の中ではパソコンとして優秀なのはDOS/V機であり、WindowsOSなのである。
 Mac狂信者(まぁ私もMac狂信者なのだが)は早とちりしないで聞いて頂きたい。Macの良さを説明しようとするとまず比較するのはWindows機、その比較となるのはWindowsでやってること(やれること)をMacではどうするか?である。ナニをするにしてもやはりWindowsの得意分野ばかりであるからMacに勝ち目がない…。よしんばあっても比較するほどの大差ではない。だいたいMacを使っている人はMacじゃないと出来ない作業かMacの方が優れているソフトや機能を求めている人で、おおざっぱに言えば「Mac好き」な人なのである。たしかにもっとハードウェア的な面、たとえばCPUなどの内部的なところを見ていけば優れているのを説明できるが、ヲタクな説明になってしまうためひかれてしまう…。
 結局「Macを使ってるらしいけどドコがいいの?」の質問から始まる会話で、最後に私が言う言葉は「MacはホントにMacが好きじゃないと買わない方がいいですよ」で終わる。外車に乗っている人が他人に外車をあまり薦めないのに似ているかなぁ。

 Macを使っている人は優れているとかWindowsが扱いづらいとかではなく、Macが好きだから使っているのであって、それ以上でもそれ以下でもないと私は思う。ということでこれからは無理してMacを宣伝(?)するのはやめようと思う。いや、いままでも無理して宣伝した覚えはないのだが…。
 ただ…BootCampがあるためにWindowsも動いちゃうんだよね…これってかなりアドバンテージになっているような気がする。

 いやいや、それでもやっぱりMacを薦めるのはやめておこう…あまりユーザーが増えすぎるとウィルスも増えそうでコワい。
[PR]

by tadapymac | 2007-01-06 00:46 | Mac | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/6295907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 39:F-1よもやまばなし(M... 37:Mac徒然草 〜我ふと思ふ〜 >>