46:Macなソフト

 前からもいろいろな優秀なソフトを紹介してきたが、今回からそのソフトに焦点を当てて紹介していく新コーナー「Macなソフト」の連載を始めようと思う。
 基本的にはフリーソフト中心になるとなると思うが、稀にシュアウェアを紹介したときには注意を…。
ま、個人的な意見なのであまり一方的に信じず、参考意見程度にとどめて欲しい。

 さて、第1回のソフトは…
                    「ClamXav」
 このソフトはけっこう有名なので知らない人の方が少ないかもしれない。
何をするソフトかというと、ウィルス・マルウェアなど悪意のあるファイル(捜査エンジンに登録されているモノ)を発見してくれるソフトだ。いわゆる一種の「セキュリティ・ソフト」である。

 基本的にアクティブなセキュリティではなく、ユーザーが手動(または定刻の自動)的に対象となるファイル(またはフォルダ)をスキャンする。もし発見した場合、前もって指定しておいたフォルダに離隔してくれる。削除はこれまたユーザーの手によって行う。
なんかこう書くと「あまり親切じゃないなぁ」と思うかもしれない。じゃが、このソフトは「フリーソフト」なのである。それくらいは自分でやってもオツリが来るくらい最新版のウィルス定義がDLできるエンジンが備えられている…少なくとも私はそう信じている。だからそれくらいは自分でやってもらいたい。

 さて、そのDLから操作法を紹介しよう。
まず、「ClamXav」の公式サイトにアクセスしよう。 http://www.clamXav.com
左上のPage Navigationの欄に最新版のバージョンが表示されているのでそれをDLする。
 dmg形式でDLされる。自動的にマウントされない場合は手動でマウントしよう。ダブルクリックするだけっす。すると中身はもうソフトである。本体を任意のフォルダ(いちおう作者はアプリケーションフォルダへのコピーを推奨しているようだ)にコピーする、要らない世話かもしれないがドラッグ&ドロップで…。
 これでDL及びインストール終了。いちおうウィルスの隔離先のフォルダは当初ユーザーフォルダの書類に設定されているが、これが気持ち悪い人は任意の隔離フォルダを用意しておいた方が良い。
 早速起動させてみよう。ちなみに手動で行うことが多い私はDockに登録している。
起動するとまず、「ClamAVエンジン」のインストールを促すダイアログが現れるので手順通りにインストールする。これをインストールしないとスキャンしてくれないので必ずインストールするように。
 それが終わるとやっとスキャン可能な一人前のセキュリティソフトになる。
とりあえずもう一度起動させて使ってみよう。立ち上がるとすぐに「ウィルス定義を更新」が始まる。頭の良いMacを使っている人はすぐに終わる。それが終わるとスキャン可能な状態だ。
 あやしいファイルをお持ちであればすぐにそのファイルを、まだよくわからない場合や、とりあえず試したい人は軽めのファイルを「スキャン対象を選択…」をクリックして選択する。対象ファイルを「開く」若しくはダブルクリックで選択する。あとは「スキャン開始」をクリックすると開始する。大きなファイルや多数のファイルがあるフォルダなどは時間がかかるので注意しよう。
 試しに使った人は SCAN SUMMARY に続いて時間等のログが出て最後に「感染ファイルは見つかりませんでした。」というのが出ていると思うが、もし、「このファイルは感染の恐れがあります。隔離フォルダに隔離しました…」などと冷や汗が出るようなログが出た場合は hit! ってことで感染していましたってこと…。ま、いきなりそんなのに当たるのはある意味すごい当選確率で当たったということで運が良いのか悪いのか…。

 あくまでも受動的なソフトであるのでWindowsなどでカリカリ動いている常駐ソフトとは違うのでインストールするだけでは何の意味もないソフトであるが、怪しいサイトからのDLファイルや絶対感染したくないフォルダの定期点検などには効力があると思う。しかし、完全ではないことをしっかり覚えておくように!
 まず、1.ウィルスとして定義されており、なおかつエンジンに登録されていないと感染ファイルとして扱わない。2.「トロイの木馬」などの覆面ウィルスには通用しない…などの弱い所が多いので安心するのはよくない。あくまで参考程度に考えておかないと酷い目に遭うこともあるのであしからず…。
 環境設定ではいろいろな設定が行える。隔離フォルダの指定から定期的な自動スキャン、定義付けでウィルスとするかしないかなどなど…。自分の環境に合わせて設定すると良いだろう。

 最後に私の使用法を一例として紹介する。
DLしたファイルは安全なサイトからだと解っていても、一度「ClamXav」を通す。
怪しいと思ったファイルは数日後にもう一度スキャンしてみる。
一応常駐のセキュリティソフトは使っているが重複という意味で使っている。
 ほとんどの人はセキュリティソフトは単体で使っていると思うので、ひとつ二重バリアのつもりで使うにはけっこう良いソフトだと思う。

あ!最後に…ホントに最後に…
このソフトは寄付を募るダイアログが出る。気に入った方は寄付をしましょう!
[PR]

by tadapymac | 2007-11-13 21:09 | Mac | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://tadapy.exblog.jp/tb/7703164
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ぼのわち通信 at 2007-11-25 23:40
タイトル : Macにウイルスソフトは必要か
ここ数年Windowsを使っていて、一応何かあったら怖いからAVGとか無料のウイルス対策ソフトを入れていました。でも、ウイルスに感染したことはありませんでした。 Macは昔から「ウイル...... more

<< 47:Leopardってすごいね! 45:次はiMac!! >>