カテゴリ:iPhone( 42 )

138:iPhoneでdocomoWi-Fi

※ この設定は、SIMフリーのiPhoneをdocomoのSIMで使用する際に必要になる設定です。docomoのキャリアiPhoneの場合ではないので注意してください。


すっかり忘れていた。
docomo iPhoneを使用する上で、docomoが提供するWi-Fi環境への設定をまったく説明していなかった…。



SoftBankやauでiPhoneを使っている人にはまったく関係のない話だが、イチから設定してやらねばならぬdocomoiPhoneの場合、このWi-Fi環境も同じくイチからの設定となる。

「街中の遅いWi-Fiなんて要らないよ~」

なんて強がり言っている方…7GB制限がかかりそうになるとそうも言っていられない…という状況になるやも知れないので、一応設定しておいた方がよいと思う。

「7GBなんてよっぽどのことがない限り超えることはないっ」と、前に公言したことがあったが、ここで訂正させていただく。
実は先月、その「データ通信量7GB」を超えそうになったのだっ!
先月は出張のため、パソコンが使えない上にWi-Fi環境のない状態での生活が続いた。もちろんネットは3Gでスマホのみであった。
まぁそれだけならたいしたデータ量ではなかったかもしれない。しかし、あまりのヒマ(?)さに映画視聴(もちHulu)をかなりしてしまった!これがいけないっ!

docomoのSMSで「お客様のデータ通信量が6GBを超えました…」という趣旨のメールが届いたのは今月20日頃だった…。
マジですかっ!!
うん…なんでもかんでも闇雲に閲覧していると7GBオーバーなんて簡単なようだ…。

ということで、Wi-Fi環境が使える場合は少々遅くても利用した方がよさそうだ。

まず断っておかなければならないのは、今回紹介する方法は「iPhone単体での設定はできない」ということだ。
単体での設定(単体でのdocomoWi-Fiログインについてはコチラを参照)も可能であるが、自動ログインをしたいならこれから紹介する方法をオススメする。
もちろんMacユーザーを対象としているので、Macでの説明のみとする。Windowsの方は他ブログなどを参照してね。

まずはプロファイルを作る。

Appleのwebサイト「iPhoneサポート」のエンタープライズにはいる。
リンクから入れない場合は
「Apple」→「サポート」→「iPhone」→「エンタープライズ」とクリックする。
b0050172_2323955.jpg
この画面の中程にある「iPhone構成ユーティリティ - Mac OS X」をクリックし、開いた画面からダウンロードする。
b0050172_233427.jpg

ダウンロードした「iPhoneConfigUtility.dmg」を開くと「iPhoneConfiguraiton Utility」がマウントされ「iPhoneConfigurationUtility.pkg」というインストーラファイルが現れる。
ダブルクリックしてインストール開始、ガイダンスに従ってインストールする。

インストールが終了したら「Finder」から「アプリケーション」→「ユーティリティ」を開き「iPhone構成ユーティリティ」というアプリをダブルクリックで起動させる。

b0050172_2341060.jpg
デバイス(iPhoneやiPodなど)を接続している場合は図のように表示される。
この画面で「構成プロファイル」~「新規」の順でクリックする。
b0050172_2342787.jpg


中央のウィンドウ「一般」をクリックする。
やっとここで構成プロファイルの作成にはいる。
記入するのは右側ウィンドウ内(画像の赤枠)だ。
b0050172_236167.jpg

① 名前
  なんでもよい。画像では「docomoWi-Fi」とした。
② 識別子
  なんでもよい。意味がわからない人は「例」をそのまま書き込んでもよい。
  画像では「net.docomowifi.profile」としている。
③ 組織
  これまたなんでもよい。画像では「docomoWi-Fi」としている。
④ 説明
  自分が分ればなんでもよい。そのプロファイルの補足説明文と思ってもらいたい。
⑤ セキュリティ
  「常に確認」「認証時」「しない」の選択式だが、どれでもよい。

ということで、ここは基本なんでもOKなので自分なりの個性を光らせて記入しよう。


続いて「Wi-Fi」を設定する。中央ウィンドウの「Wi-Fi」をクリック。
b0050172_2363563.jpg

ここの設定は下画像通りに設定しよう。

b0050172_2364671.jpg

ちなみに…
SSID(サービスセット識別子) … docomo
自動接続 … チェック「あり」
非公開ネットワーク … チェック「なし」
プロシキ設定 … 選択「なし」
セキュリティの種類 … 選択「任意(エンタープライズ)」
プロトコル
受け入れたEAPの種類 … 「TTLS」と「PEAP」にチェック
EAP-FAST … すべてチェックなし
内部認証 … MSCHAPv2


引き続き同画面の「認証」をクリックする。
b0050172_237065.jpg
ユーザー名 … moperaUログインアカウント+「-mopera@docomo」
(例)アカウントが「Macintosh」なら「Macintosh-mopera@docomo」となる。
接続ごとにパスワードを使用 … チェック「なし」
パスワード … moperaUでのログインパスワード
固有名証明書 … 「なし」
外部 ID … 空白


とりあえず、これでプロファイル作成は終了。書き出しを行なう。
b0050172_2371065.jpg
選択肢のセキュリティは
「なし」「構成プロファイルに署名」
「選択されたデバイスごとに暗号化された構成プロファイルを作成して署名」
のどれを選択してもよい。とりあえず「構成プロファイルに署名」でも選択しておこう。
b0050172_2372147.jpg

名前(任意:ここでは「docomoWi-Fi」)をつけて任意の場所(ここではディスクトップ)に保存する。
b0050172_2373620.jpg
作成した「○○○○.mobileconfig」のファイルをiPhoneに転送する。
一番簡単な方法はメールに添付し送信するのがいいだろう。
iPhoneのメルアドに「Mail」あたりで添付作成したメールを送信。
b0050172_23173261.jpg
届いたメールを開くと上図のように添付されるだろう。そのファイルをタップする。

b0050172_23181462.jpg
プロファイルのインストール画面が表示される。「インストール」をタップするとポップアップが現れるので「インストール」をタップして構成プロファイルをインストールする。
b0050172_23211881.jpg
iPhoneの「設定」→「一般」画面の一番下のリセットの上に「プロファイル」ができていればOK。プロファイル内の画面は上図のようになっているはずだ。
もしかしたら画像の通りになっていない(「検証済み」の部分)かもしれないが、一度でもdocomoWi-Fiに接続できればこの画面になるので安心していただきたい。

これで設定はすべて終了となる。
docomoWi-Fiは「セブンイレブン」などのコンビニがスポットとなっているので近くのコンビニでWi-Fiに入ってみよう。
「設定」→「Wi-Fi」の画面で「接続を確認」を「オフ」にしていると最初だけ自分で接続しなければならないので注意しよう。

せっかくのdocomoWi-Fiをタダで使えるmoperaに加入しているので、設定だけしておいても損はしない。時間がある時に設定しておくことをオススメする。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-12-22 23:41 | iPhone | Trackback | Comments(0)

134:docomoでiPhone♪ 〜SMSのワナ〜

始めに:この記事は「docomoSIMをSIMフリーiPhoneで使う」ことを前提にした記事で、最近販売されている正規(?)のdocomoiPhone5s/cには該当しないところがあるので注意してください。

お詫び:
以前のこの記事で「国際SMSの拒否設定でこれを回避できる」みたいな趣旨の記事を書いておりましたが、これは「着信の拒否」であり「送信はされる」ということを知らずに公開しておりました。この記事を見て設定された方がおられましたら、「設定しても送信はされてしまう」ということを認識されて下さい。
ちなみにアクティベーション画面では「キャンセル」でしか回避できません。
間違った記事で皆様へ間違った知識を与えてしまったことをお詫び申し上げます。
どうもすみませんでした。



ふぅ…
やっと人の住めるほどの気候になってきた。
夏は暑いのはわかるが、九州の場合、秋口(9月)も灼熱なのだ。10月になってやっと涼くなってきた。
まぁ、今年は何処も暑かったようだけど…。


さて、私のiPhoneが「docomo化」したことによって「iPhone一本化計画」も無事成功した。ということで今回からのdocomoのiPhoneネタはタイトル通り「docomoでiPhone♪」ということになった。


docomoでiPhoneを使った場合、通常ではMMS(いわゆるキャリアメールってやつ)が使えない。FaceTimeも使えない。
通常、auやSoftBankのiPhoneだと「iMessage」でMMSが利用できるが、docomo iPhoneの場合はもちろんできない。
iMessageは純粋にiOS同士でiMessageとのやりとりとなる。
それともうひとつ、SMS(ショートメッセージサービス)を利用した際にiMessage表示となる。もちろん設定してないとできないけど…
b0050172_23592971.jpg
メッセージの設定で「iMessage」をオンにして「SMSで送信」をオンにしておけば利用可能。

SMS送信はキャリアによっていろいろだが、docomoの場合は料金が発生する(既述「SMS」リンク参照)。それと昔と違って今は別のキャリア同士でもSMS送信が可能となっている。
電話番号で送れるメールで、70文字という制限はあるが、けっこう利用している人も多いだろう。

docomo iPhoneでもこれは利用可能で「iMessage」でのやりとりが可能となる。
しかし、実はこのSMSに落とし穴がある。

アクティベーションのときに一度SMSを使用する段階がある。これはしょうがないことであり、まぁ許すとしよう。
しかし、使えもしない「FaceTime」をアクティベーションしようと試みると(ってか、初期設定のときは勝手に)次のダイアログが表示される。
b0050172_0152893.jpg
この画面で「OK」を押すとSMSで送受信が行なわれるわけだが、実はこのSMSは「国際SMS」なのだっ!

行き先はApple本社…ということでアメリカにメールするわけだ。
先ほどのSMSリンク先の料金表を見て頂きたい。docomoの場合「50円」もかかっている。

これを阻止するため、docomo iPhoneの先人たちのサイトでも「FaceTimeは使えないので『利用しない』を選択しましょう」みたいなことを書いてある。それで上の画面で「キャンセル」を押すのだが、これがSIMカードを抜き指しする度にこのダイアログが表示される。
私はこの間、誤ってこの画面で「OK」をタップしてしまった。
その時は「どうせ使えないのに設定したみたいな表示はおかしいだろ(笑)」なんて笑っていたのだが、考えてみればその一度のタップで50円支払わされたのだっ!

悔しいがそれも「後の祭り」。
使用できないFaceTimeのアクティベーションで損するのは忍びない…。

とりあえず初期設定はしょうがないとして、SIMカードを抜き指す場合は、iPhone側の電源をオフにして取り出すこでこの設定は回避可能だ。
また、iOSのアップデート後にも起こりうる現象なので、慌てて設定を急がないように気をつけよう。

合言葉は「FaceTimeはキャンセルでっ!」だ。

たかが50円ではあるが、されど50円だ。頻繁にSIMカードを抜き指す人でおっちょこちょいな人なら500〜1,000円も損する可能性だってある。
気をつけよう。


お詫び:
以前のこの記事で「国際SMSの拒否設定でこれを回避できる」みたいな趣旨の記事を書いておりましたが、これは「着信の拒否」であり「送信はされる」ということを知らずに公開しておりました。この記事を見て設定された方がおられましたら、「設定しても送信はされてしまう」ということを認識されて下さい。
ちなみにアクティベーション画面では「キャンセル」でしか回避できません。
間違った記事で皆様へ間違った知識を与えてしまったことをお詫び申し上げます。
どうもすみませんでした。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-10-11 01:02 | iPhone | Trackback | Comments(2)

133:iPhone一本化計画〜その七〜キャリアメール編

困った…
どうしてもキャリアメール(@docomo.ne.jp)が必要になったのだ。


auやSoftBankのiPhoneでキャリアメールは使用できるが、勝手に(?)docomoのSIMでiPhoneを使っている場合キャリアメールは使用できない。

普通は…ね…

実は、「iモード.Net」と「専用iPhoneアプリ」の連携で、完全ではないが利用可能だ。
iモード.net
「iモード.Net」に加入するためには「iモード」に加入していなければならないが、私の場合、SoftBankのiPhone4を契約した時点で解約してしまっている。

話を整理しよう。
docomoのキャリアメールをiPhoneで利用したい場合
スマホでは利用できない「iモード」に加入して「iモード.Net」を利用可能にする。
その「iモード.Net」と連携したアプリで「docomoキャリアメール」をiPhoneで送受信可能にする。
…というわけだ。

ということでiモードに加入するために、またドコモショップを訪れた。

この前とは違って、少しお年を召された女性の店員さんが相手だった。

私 :「あのぅ…今、スマホ使ってるんですが、iモードって入れますか?」
店員:「あのですね…iモードというのはFOMAまで利用可能でして、お客様がご契約のspモードでは必要ないサービスですよ」

(そんなこと知っとるわぃ(怒))

私 :「いえ、実はiモード.Netでパソコンでもメールを見たいのでどうしても加入したいんですよ」
店員:「あぁ… それでしたらspモードのメールをパソコンで見れたらいいわけですよね。ちょっと調べてみましょう。」

(もう調べ尽くしたわぃ…できないんだって…)

長い時間、どっかに電話でいろいろと聞いていたらしいが出来ないことがわかり…

店員:「お待たせしました。spモードはできないらしくて、パソコンで見るにはお客様のおっしゃる通りiモード.Netで見る方法しかないらしいですが、実はiモードのメールとspモードのメールは別物でありまして、iモードのメールはspモードでは受信できないらしいんです。」

(それもちゃんと知ってるし…spモード使わないし…)

私 :「まだiモードメールが送られててサーバーに貯まってる分もあるのでそれをなんとかしたいと思いまして…」
店員:「そうですか…ちょっと調べてみますのでしばらくお待ちください」

(もういいからiモードに入れるか入れないかを答えろっ(怒))
という衝動を抑えて…

店員:「お待たせしました。それは可能ですが、iモード.Netでのみ利用された場合、サーバーのメールが貯まっていくことになって、定量を超えたら受信ができないようになります。これはFOMA端末で削除することで回避できますが、お客様のスマートフォン端末ではSIMカードというののサイズが違っておりましてFOMA端末をお持ちでもそれに差込んで使用できないので…」

サーバーのメールボックスがいっぱいで受信不可になるんだろっ?
一ヶ月に一回くらいはFOMA端末にアダプタ使ってSIM差込んで削除してやるわいっ!!

とうとう面倒くさくなったので…

私 :「えぇっとですね…いまサーバーに貯まっているメールとか、ここ数週間届くiモードメールと閲覧するだけの一時的な措置なんで、将来的にずっと利用するわけじゃありません。だからサーバーが満タンになるってこともないですし、なる前に利用を止めるとおもいます。」

なんていう根も葉もないウソをついて店員を納得させた。
考えてみると今までiモードには入っていなかったのでiモードメールが来るわけもないのだが…

店員:「あぁ、そういう利用法なんですね。それなら安心しました。お客様が困るような利用を進めるわけにもいかずにいろいろと失礼しましたが、そういう利用法なら問題ないですね。それに私なんかより詳しいようなので」

(…わかってるじゃん…
そうそう。アンタは言われた通りに「iモード」と「iモード.Net」に加入させてくれればいいんだよ)

店員:「他になにかご不明なことがありましたら…」

(…いいから…はやくしろ… …ん?まてよ?)

私 :「あの…スマホに機種変更したときにいろいろとサービスに加入したのですが、何日か利用してみて、絶対これは使わないなと思うものは外したいんですけど…」

これを機に、iコンシェルやdマーケット(VIDEOストア)とかケータイ補償お届けサービスとか全部外そうと思った。その分でiモードとiモード.Netに充てられるしね。

店員:「わかりました。お客様の今現在のサービス一覧を調べてみます。その中で必要ないと思われたものは外しましょう」

結局、無料のもの以外、すべて外した。


さて、家に戻り、いよいよ設定にはいる。

「iモード」と「iモード.Net」に加入しても「iモード.Net」を利用可能にするためには「ワンタイムパスワード」を「iモード」で受信する必要がある。
これを受信するためにはFOMA端末でしか受信できない。

手順は…
miniSIMにアダプタをつけてFOMA端末を利用可能にする。
「iモード.Net」はWindowsでInternetExplorer専用なのでMacでは利用できない。エミュレータソフト(私の場合は「VirtualBox」を使用)でWindowsを起動、InternetExplorerを立ち上げる。
Mydocomoに入り、「iモード.Net」に入る。
「ワンタイムパスワード」の送信画面になるので「送信」をクリック。
FOMA端末で受信、ワンタイムパスワードを入力する。
これで「iモード.Net」が利用可能となる。

次にSIMカードをGALAXY NOTEに入れて「メールアドレス入替え」を行なう。
「spモードメール」→「メール設定」→「その他」→「メール全般の設定」
するとブラウザが起動し、Mydocomoのログイン画面に入る。
メール設定に入り、「メールアドレス入替え」に入り、「spモード」と「iモード」を入替える。
b0050172_22571023.jpg


あとはiPhoneにSIMカードを戻し、専用アプリをインストールする。
docomoキャリアメールを擬似的に送受信できるアプリはたくさんあるが、今回は「imoco」というアプリを利用する。有料ではあるが機能的にはいいアプリのようだ。
b0050172_2315962.jpg

アプリの利用は至って簡単。
インストール後、設定画面に「Mydocomo」のID(携帯電話番号)とパスワードを入力して終り。これで利用可能となる。
もっと詳しい設定法と利用法はコチラのブログを参照。

試しにSoftBankのiPhoneからメールを送ってみる。
プッシュ通知ではないのでいちいちアプリを起動させる手間はあるが、キチンと受信できた。
b0050172_23215667.jpg

もちろん、ドコモショップの店員さんが心配してくれたように、あまりに多くのメールを受信してしまうとすぐにサーバーが満タンになってしまうので、私用のメールはできればGmailやその他のフリーメールを利用しよう。
あくまでも予備としての利用が良いと思う。


spモードとiモードのメールの違いや、詳しいアプリの利用法などは他のブログやwebサイトに詳しく説明されているので、そっちを参考にしてもらいたい。
iPhoneのアプリも、完全ではないのであまり多くを望まないようにしよう。
実際には不可能なことを可能にしているということで完全を望んだら「バチ」があたるかも…(笑)

最後に…
この利用法はあくまでも一例であり、利用については「個人責任」の元で行なってもらいたい。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-09-17 23:40 | iPhone | Trackback | Comments(3)

132:iPhone一本化計画〜その六〜docomoのスマホの行末

さて、iPhoneのdocomo化計画がひと段落ついて思うのはドコモショップからタダ同然で頂戴してまいった「GALAXY NOTE」についてだが…


売っちまうか…

そういう「悪魔の囁き」も聴こえてくる。
しかし、分割払いにしているということは今現在はまだ完全に「私のモノ」ではない。そんな状況で売りさばいても大丈夫なのだろうか?

こんなときはネットで調べてみる…

チマタでは…
「支払いが完全に終っていない機体」を「赤ロム」と呼ぶらしい。
赤ロムについてIT用語辞典で詳しく見て頂きたい。
赤ロムとは? → IT用語辞典バイナリ

…ということは…だ…
私が支払いを続けておれば問題なさそうだが、もしロックされたりしたら売り渡した人に迷惑をかけてしまうではないかっ!!
「売ってしまえば関係ない…」
などとオークション利用者の風上にもおけぬ考えは毛頭ない。
今までの取引で積み上げてきた「良い取引相手」を汚すようなコトはしたくないし、だいたいそんな商品を買ってしまった人はとても悲しいじゃないかっ!
絶対そんな商品を売るわけにはいかない…。

むむぅ…
やっぱり売るのは支払いを終えてからじゃないとダメだな…。
でも支払いが終るのは普通にやってて2年も先だぞ(汗)。2年も経てば携帯端末なんて「ゴミくず」同然ではないかっ!(それは言い過ぎ…汗)
ぬぬぅ…
いくら「タダ同然」で頂いてきたとは言っても勿体無いなぁ…

そぅだ(閃1)

たまに気分転換にGALAXY NOTEにSIMカードを差し替えて使用する。Androidを使ってみるのもオモシロイかもしれない。それにiPhoneではできないこともいくつか可能なのでいいかもしれない。

ってかさ(閃2)

画面がデカイのでiPadのつもりでWi-Fi環境で使ってみる。

…ん??(閃2の続き)

Wi-Fi??
おおっ!「テザリング」だっ!私の新しいiPhoneは「テザリング」ができるじゃないかっ!!
このテザリングでGALAXY NOTEをWi-Fi環境下で使用できるじゃないかっ!!

さっそくやってみる…。

GALAXY NOTEを起動させる。
b0050172_18521953.jpg
「SIMカードがありません…」の文字が起動時に表示されるが無視してメイン画面に進む。
b0050172_18592396.jpg
メイン画面は特に問題なく表示される。
次はWi-Fiの設定をする。
メイン画面の「アプリ」→「設定」→「無線とネットワーク」→「Wi-Fi設定」に入る。
「Wi-Fi」をタップすると接続可能なWi-Fiネットワークが表示される。
自宅で使用する場合はAirMacのネットワークでよいが、iPhoneのテザリングでの接続確認なのでここではiPhoneのWi-Fi「docomo iPhone」を探す。
iPhoneのテザリング機能「ネットワーク共有」をオンにしてからしばらくしないと表示しないので注意。気長に待とう。
「docomo iPhone」が表示されたら接続する。

おおっ!テザリング完了っ!Wi-Fiでつながったぞっ!!
b0050172_19141932.jpg
さっそくネットにつないでみよう。「ブラウザ」を起動させる。
b0050172_19222493.jpg
お〜!当り前だがちゃんと表示した。キチンとネットワークが機能しているようだ。

ちなみにiPhoneがWi-Fiの受け手になった場合は
b0050172_2034435.jpg
このようなアイコンになる。iPhoneがつながっているという意味なのだろうが、最初は「なんじゃこりゃ?」となったので紹介した。普通のWi-Fiのアイコンとは違うが機能などは同じだ。
しかし、iPhoneのテザリングでしかみれないので貴重かもしれない…。


ということで私のGALAXY NOTEは電話機能がない、ちょっと小さめのタブレットとして利用されることになった。自宅での出番はほとんどないかもしれないが、旅行や出張で大活躍の予感だ。
だって「テザリング」ができて通信環境は「docomo」なのだっ!
iPhoneで唯一不満だった「Flash Player」を普通に表示できるAndroid端末は使い勝手がよさそうだ。
また私のネット環境が整備された(嬉)。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-09-16 20:14 | iPhone | Trackback | Comments(0)

131:iPhone一本化計画〜その伍〜docomoでiPhoneの設定編

GALAXY NOTEに機種変更したその午後、とうとうSIMフリーのiPhone4Sが我が家に届いた。

梱包されていたダンボールには英語で書かれた宛先や送付先などが書かれていた。間違いなく外国から届いた小包だ。
b0050172_15193389.jpg

早速開封。
包装のプチプチに包まれていたのは紛れもない「iPhone4S」だ!
箱は未開封でどこにも日本語表示はない。開けてみるとやっぱりiPhone4Sだった(当り前ですが…)。

内容品を確認するとほとんどSoftBankで購入したときと同じであったが、ただひとつ「DCコンセント用」のアダプタが外国用。でかいのだ。
b0050172_1525955.jpg
まぁ、これは前のSoftBank iPhoneのヤツで代用できるので問題ないし、なんか記念になりそうなのでとっておこう。

説明書(というほどでもないが)を並べてみた。中国語表記のものが出てきた。
b0050172_15283414.jpg
おおっ!ということはやっぱり正真正銘の「香港製」ってやつだ!
EXPANSYSってネット上の評判は芳しくなかったが、なかなかいい会社じゃないか。


ということでさっそく設定にとりかかる。
まずは「アクティベーション」だ。未開封のiPhoneをiPhoneとして機能させる最初の設定である。
SIMカードを入れない状態で一度立ち上げてみた。
b0050172_15412110.jpg
ぬぉっ!なんじゃこりゃ?
まるでMacOSを最初に立ち上げた時みたいな…
でも確かに同じAppleの商品なので似たようなモノが出てもいいよな…。
まっさらの状態だから見れる画面だ。多分SoftBankやauの店員しか見れない貴重な画面だ。ちょっと得した気分♪

そしていよいよ「docomoのmicroSIM(miniUIMカード)」を挿入する。
だ、大丈夫かな…(汗)ドキドキ…
b0050172_15591030.jpg
iTunesに接続しなさいという意味の画面。
iTunesを起動させ、iPhoneをケーブルで接続する。しばらくすると…
b0050172_1604899.jpg
おおおぉぉっ!!
「NTT DOCOMO」の文字が左上に表示される!
すっげぇ〜!docomo iPhoneになっちゃったよっ!

iTunesが新しいiPhoneとして認識する。
b0050172_163123.jpg
ここはもちろん「新しいiPhoneとして設定」を選ぶ。
バックアップは前のSoftBankのiPhoneのものだから復元してはダメ。

iTunesに入れてあるアプリは手動で設定してあげよう。
b0050172_16171845.jpg
iTunesのApp画面で簡単に設定可能だ。細部の入れ替えなどはiPhone本体でやるのもいいかもしれない。
もちろん新しい機体なのでアプリによっては再設定やログイン設定などをやらなければならないが、それはdocomoのiPhoneになったということでがんばろう。


さて、iPhoneの真骨頂であるWebブラウジングが出来る設定にする。
「設定」→「ネットワーク」に入る。
b0050172_16331712.jpg
「3Gをオンにする」と「モバイルデータ通信」が「オン」になっていることを確認して
「モバイルデータ通信ネットワーク」に入る。
b0050172_16343199.jpg
モバイルデータ通信とインターネット共有の「APN」の欄に「mopera.net」を書込む。
MMSはdocomo iPhoneでは現在の状況では使用できない。入れなくてもよいが書込んでも問題ない。どうせ使えないのだから…。

ということで…
以上の設定でiPhoneはWebにアクセス可能となり、テザリング可能となる。
テザリングのやり方は至って簡単。
「設定」から「インターネット共有」に入り、インターネット共有を「オン」にスライドするだけ。
b0050172_16534971.jpg
「Wi-Fiのパスワード」は好きなものに変更できる。自分の分かりやすいものに変更しよう。
でもあまり簡易だとセキュリティ上問題があるので注意が必要。
データ天井は「一月7GB」とあるが、よっぽどデータ通信を行なわない限り辿り着けない。テザリングでパソコンを使って何時間も大容量のデータ通信をしたり、寝る間を惜しんでネットサーフィンをしてもやっとこさたどり着くくらいだと思う。
まぁ人にもよるが、一般的な使用法なら行き着くことはないと思うので、安心してネットライフを楽しんでもらいたい。


さて、この記事を書いている日の一昨日(9月12日)に新しい「iPhone5」が発表された。

大々的にニュースになっていたが、個人的には「ガッカリ」だった。
まず、事前にネット上で話題になっていたものがそっくりそのまま発表された。
「iPhone4」のときはいい意味で「期待を裏切る」製品が発表された。
今回も実はネット上で話題になっているものを大きく上回るモノが出ると思っていた。
しかし、発表された形状や性能はほとんど思っていた通りのものだ。

それに一番の「ガッカリ」はSIMカードが「nanoSIM」になっていることだ。
b0050172_1764239.jpg
            (こんなの↑だと思います)
これじゃ今のmicroSIMでは使えない。あまりにも先行しすぎじゃないですか?
とりあえずSIMフリーのiPhone5を手に入れたところで「docomo」のiPhoneは作れない。docomoが「nanoSIM」を作ってくれるまでどうしよもうない。

ってか、iPhone5じゃなくてiPhone4Sで決断した私は「正解」だったようだ。
そういう意味では今度の「5」はあまり欲しいとは思わない機体となっている。

…負け惜しみじゃないぞ…(汗)


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-09-14 17:15 | iPhone | Trackback | Comments(0)

130:iPhone一本化計画〜その四〜docomoでスマホに機種変更編

もうすぐ新しいiPhoneが登場するらしい。


LTEに対応するとかしないとか…CPUがA5Quadになるとかならないとか…
そういうことを言われると欲しくなるが、しかし、日本発売はもっと先だろう。それに販売が始まっても今のiPhone人気を考えると私の手に入るのはもっと先になるような気もする。

それにちょっと長くなるとかコネクタ形状もかわるような話もある。
ということは、今までのアクセサリーは使えなくなるわけだ。
なんか勿体無いなぁ…

私としてはSoftBankとの契約が切れる9月にdocomoiPhoneにしたいのだ。ここはとりあえず「4S」にしておいて次の「iPhone5(仮称)」は見送って「iPhone5S(これまた仮称)」を狙うのがいいのではないか?その頃には新しいiPhoneのアクセサリーも充実しているだろうし、機体も安定しているだろう。

よっしっ!やっぱり「4S」を買おうっ!

ということでSIMフリーiPhoneを買うことにした。
選んだショップは「EXPANSYS」という香港のスマートフォンやタブレットなどのオンライン販売店だ。ここのiPhoneが一番安かったので選んだのだが、如何せん海外のショップなので注文の際の名前や住所を英語で記入する必要がある。ちょっと怖かったが、1日間悩んだ挙げ句、注文してみることにした。
(記入例などで優しく説明されているので、思ったより簡単)

このショップ、海外を相手にしているだけあり、追跡調査がしっかりできるようになっており、FedEXの運搬の様子が時間でわかりやすく追跡が可能だ。注文した商品が現在どこを運ばれているかが判るのはとても安心できる。
それにこのショップは、海外への配送体制がしっかりしているようで、注文から配送までナント2〜3日で完結してしまう!

思ったより早く到着するというのでドコモショップへ早めに行くことにした。

機種変更にあたり不安に思っていることがある。
まず、今使っているガラケーを機種変更してまだ2年満期を迎えていない。それにその携帯電話は「10年以上利用者特別優待」を利用して安く買ったヤツだ。その規約みたいなヤツで「2年以上解約しない」という条件があった(ような気がした)。ということで解約ではないが2年経ってない状況で機種変更は可能なのか?違約金はいくら払うことになるのだ??

う〜ん…まぁいいや♪

とりあえずドコモショップに行ってみないことには始まらない。
雨の降りそうな日ではあったが、仕事が休みの平日に朝10:00過ぎに近くのドコモショップへ…。

人は疎らではあったが整理券をとると待ち時間があった。
店内でターゲットの「GALAXY NOTE」を探した。
あった。

…うわ!! でかっ!!
こんなのケータイ電話の域を超えてるゎ…どうやって電話すんの?
ってか…こんなの買うヤツとかいんの?
いえいえ…今から私が買うんです(笑)

そうこうしているうちに番号が呼ばれた。店員さんが迎えに来てくれて席に案内された。
ガラケーからスマホに機種変更したいことや私の危惧している部分の話をしてみた。
「大丈夫ですよ。できます。」
機種変更したい機体を聞かれたので「GALAXY NOTE」というと早速手続きを進めてくれた。

この経緯については特に問題ないので割愛する。ただ今まで使っていたケータイを下取りしてくれたり、10年以上利用者優遇適用で安くなったり、なんだかんだで思ったより安く済んだ。

プランでは「タイプXiにねん」と「パケホーダイ・フラット」、それに「mopera U」だ。
私が契約した時はspモードとmoperaに同時加入しても(っていうか加入すると)特別割でspモード分の課金でドチラも利用可能ということだった。どっちも入るというのは一見ムダなようだが、mopera Uだけより安いのでお得なのだ。ただそれだけの理由でspモードにも加入することにした。まぁこれから一応GALAXY NOTEを使うという前提なのでそちらの方が話をややこしくすることもなさそうだし…。

設定が終り店員が一応の使い方を教えてくれた。もちろんほとんど聞いていない。私の欲しいのはそのバカデカい…ケータイかタブレットかよくわからないスマホではなく、その中に入っている「microSIMカード」なのだ。


最後に何か質問されると思って待ち構えている店員を尻目にさっさと帰ることにした。

「楽しいスマートフォンライフを送ってください」
と、ドコモショップの店員に見送られた1時間後には、キレイに手垢を拭き取られて箱にキチンと入れられたGALAXY NOTEは引出しの中に押込まれた。
もちろん初期化と「microSIM」は抜き取ってある。前の前のケータイに「変換アダプタ」を介して差込んで電話機能だけは使えるようにしてるので安心だ。後はiPhoneの到着を待つだけ。

早く来い来い♪ SIMフリーiPhone♪


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-09-11 23:22 | iPhone | Trackback | Comments(0)

129:iPhone一本化計画〜その参〜料金プランを考える編

まず、具体的にどうすればdocomoのiPhoneを作れるか?

これについては、いろいろなdocomoiPhoneの諸先輩方のブログを拝見し、総合的にまとめたところ…

まず、docomoのmicroSIMを手に入れること。docomoのSIMカードはフリーなのでロックされていない(SIMフリー)の携帯電話であれば機能するので当然「SIMフリーのiPhone」を使うことができるのだ。

現在、私が使っているdocomoケータイは通常のSIMカードであり、iPhoneには入らない。このSIMカードをmicroSIMカードに交換することは可能なようだ。
ドコモショップに行き「SIMフリーの携帯電話」を見せれば交換してくれるらしい。この際、iPhone使用に適したプランに乗り換えればよい。

プランは次の通り…

・タイプXi にねん(二年契約。中途解約すると違約金が発生する)

・Xiパケ・ホーダイ フラット(これに入っておかないと通信料がとんでもないことになる)

・mopera U(通常ならspモードだがdocomo端末専用なのでiPhoneでは不可)


と、これ以外にプラスしてサービスを付加することも可能。
とりあえず上記のプランに入ることが基本となる。


ほぅ…
これに入りさえすればいいわけだ…
ということは、現在のガラケーから機種変更でスマホ…それもタダ同然くらいの機体を選べば機体分儲けるじゃないかっ!

調べてみると同じように機種変更などをなさっておられる諸先輩方も多く、中にはその機体をオーク○ョンで売りさばいてiPhoneの元値を取り戻すという荒技を使った人もいるらしい。

…おぉ♪参考になるね♪…

…ぁ…
と、とりあえず機種変更でタダ…できればサービスでもっと安くなるような機体はないものだろうか?


docomoのwebサイトには便利な機能がある。今、機種変更や新規でスマホを購入した場合の向こう2年間とその後の月額支払い料金を調べることができるのだ。機体ごとに表示されるのでこれで調べればどの機体を買うのが私の理に叶うかがよくわかる。

調べてみたところ…
狙うは「GALAXY note」らしい…
もちろん、そのSIMカードは「microSIM」が使われていることまでキチンと調査済み♪

今度の休みは「ドコモショップ」にレッツゴー!


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-09-03 22:42 | iPhone | Trackback | Comments(0)

128:iPhone一本化計画〜その弐〜メリットとデメリット編

だいたい海外製のSIMフリーiPhoneを買う時点で「損」している気がする。

auやSoftBankでiPhoneを契約すると機体はほぼ「タダ同然」で手に入るのに、なぜ大金をはたいてまでdocomoにこだわる必要がある?

…と、まぁ普通ならこう考えるだろな…。

しかし、私は仕事の関係で「電波の悪い地域」に行くことが多い。電波が悪いくらいなら少しは我慢も出来るかもしれないが「圏外」はいただけないっ!
仕事で困ることは少ないが、通信できないのはネット依存症の私には辛い。

そうなると、やっぱり山奥に強いdocomoかな?

でも、やっぱり機体を別料金で支払うのは我が家の家計を考えると無理っぽいな…。


と、ある時「フッ」と思いついた。
私の実家の話である。
私の実家はSoftBankは圏外な田舎なのである。妻や子どもからヤンヤヤンヤの苦情申し立てが帰省する度にある。docomoは「バリ3」なのにSoftBankは「圏外」なのだ。

ソコで気づいたのであるっ!
私のiPhoneを「docomoiPhone」にすることで「テザリング」ができるようになる。

テザリング機能とは…
今チマタで流行りつつある「モバイルデータ通信」が出来る機能のことだ。簡単にいえば「Wi-Fi環境」をスマートフォンで作ることのできる機能。この機能があれば無線LANを搭載したノートパソコンでネットができるようになるし、もちろんスマートフォンをWi-Fiで使用可能となる。
b0050172_22205149.jpg
          (↑↑ つまりこうゆうこと ↑↑)


要するに、このテザリング機能を使って「圏外」なSoftBankのiPhoneをdocomoの通信網を使ってWi-Fi環境をつくり、「データ通信」可能な状態にすることが出来るって寸法だ。

これは多分、SIMフリーiPhone購入の説得にかなり有効な「理由」になるはずだ。

そして意を決して妻にその話をした。

結論から言えば「おけぃ」をもらったのだが、話はほとんど通じなかった…。忘れていた。妻は極度の機械音痴だということを…。
とてもいい話だと思ってかなりハイテンションで話を持っていったのだが、単語の説明にほとんどの時間を費やしてしまい、核心のところになかなかいけない…っていうか通じない。
最後は隣りで聞いていた長男が「おぉ、それいいね!」と拍手喝采したもんだから「そうなの?そんなにいいなら買っていいよ」という人任せな納得であり、たぶん実家で実際にテザリングするまでその意味は理解されることはない様子であった…。

まぁ…経緯はどうであれ、SIMフリーのiPhone購入が認められたっ!

さて、次はdocomoでiPhoneを使った場合、実際のところどれくらいの月額になるのか?が問題となる。
どういう契約プランが最良なのかを調べる必要がある。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-08-24 22:31 | iPhone | Trackback | Comments(0)

125:iPhone一本化計画〜その壱〜2台持ちは面倒っ!編

さぁさぁ!やってまいりましたっ!灼熱地獄の「熊本の夏」が今年もジリジリと音を立ててやってまいりましたっ!! あっついねぇ〜!
今年は梅雨明けが遅かったせいか、夏が突然やってきたような感覚だ。
節電が叫ばれているが、とてもクーラーを消す勇気など持ち合わせていない…

さて、今回から始まった「iPhone一本化計画」、docomoでiPhoneを使おうという壮大(?)な計画をリアルタイムで届けていこうという、ホント、思いつきで雑な企画である。
何回目で成功…はたまた断念となるか分らないが、ネタがない時の一時凌ぎとならないように気をつけながら早速始めていこう…


私は現在、携帯電話を「2台」持っている。
1台は「docomoのケータイ」いわゆるガラケーと言われた普通の(昔の?)携帯電話だ。この携帯電話は10年以上も利用しているdocomoの契約を捨てきれないことと、なんと言ってもdocomoの通信網を捨てきれない理由で所持している。
これは通常の「電話」のみの使用で、他の「iモード」や「携帯メール」などは利用できないように設定しており、もちろん月額も1000円そこそこである。

あと1台はメインとなるデータ通信(Webブラウジングやメールなど)で利用しているSoftBankの「iPhone4」だ。


まぁ実際のところメインはiPhoneなのだが、電話として手放せないdocomoガラケーとでいわゆる「2台持ち」の状態が2年ほど続いている。

ハッキリ言って「面倒」なのだ。

ということで、iPhoneを買って2年が経とうとしている。
私のiPhoneプランは2年経てば機体購入サービス分がなくなり、結局は同じ値段のままダラダラとそのiPhoneを使い続けることとなる。
もったいない。
2年経っても安くなるわけでもないので新しいiPhoneに切換えた方が「お得」なのだ。

それにSoftBankという会社の契約は、2年周期の契約らしくて2年目の1ヶ月間(初めだけは2ヶ月間)に解約もしくは変更をしないと、それ以外の時期に解約(もしくは変更)しようものなら「違約金」を払わなければならないという、なんともユーザーに厳しい会社らしい。


そこで、私はとりあえず2年経ったら辞めるか新機種にしようと決めていた。
その2年目が今年の9月なのだ。

2年間SoftBankのiPhoneを使ってみて…
感想1… 電波悪い。
感想2… サービスはまぁまぁいい、docomoと比べて…
感想3… 今の仕事環境ならSoftBankでも問題ない。

ということで、長年使ってきたdocomoの解約を考えた。SoftBankのiPhoneに一本化しようと思ったのである。
しかも今年の7月下旬から「プラチナバンド」なる新たな周波数帯をSoftBankが使えるようになったということで電波の改善もあるやも知れぬ。


こりゃSoftBankで決まりだねっ

という経緯で現在持っているSoftBankのiPhoneは解約し、docomo携帯をMNP(モバイル・ナンバー・ポータビリティ:同じ電話番号のまま携帯会社を替えるというヤツ)でSoftBankに移行して新しいiPhoneにする予定だった。


しかし…本当にいいのか?本当に電波の改善はあるのか?つながらない場所はなくなるのか?

やはりdocomoの通信網は魅力でる。そして長年の利用歴に終止符を打つのもちょっと寂しい。やっぱり「docomoでiPhone」を使える方法をもう一度模索した方がいいのではないか?

前に一度、docomoがSIMフリーを打ち出したときにiPhoneが使えるかどうか調べた事がある。

その頃はまだメリットよりデメリットが多くて、とても一般庶民が普通に持てるような状況ではなかった。

しかしっ

ちょっとググってみると…状況は変化しており、利用方法を上手くやれば今と変わらない料金で「docomoのiPhone」をつくれそうだ。

とはいえiPhone自体は「SIMフリー版」でないとダメなので海外版を購入となり、通常の携帯会社で購入する時のようなサービス還元で「機体料タダ」とか「格安」とかはできない。
現在の「iPhone4S:SIMフリー海外版」は64GBで80,000円ほどとなり、とてもとても我が家の大蔵省に言い出せるわけもない…。

やっぱりSoftBankのiPhoneで我慢するか…思い切ってauのiPhoneに手を出そうか…。

思い悩む…暑い夏の夜であった…。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-08-03 00:03 | iPhone | Trackback | Comments(0)

122:iPhoneのホームボタンを大切に

寒い…今年の冬はとても寒い…。
いやいや、毎年寒い寒いと言っているが、ホントに今年の冬は寒い。
日本中が寒いんだから、いくら火の国とはいえ例外ではないようだ。
インフルエンザも流行っているので注意しましょう。


さて、今回はiPhoneのちょっと裏技的な使用法を紹介しよう。
と言っても、Twitter記事からの受け売りなので私の手柄でも何でもないのだが、とても便利なので紹介する。

皆さんのiPhoneの「ホームボタン」は快適に作動しているだろうか?
b0050172_2155346.jpg
一日に何回も押されるこのホームボタンは、唯一保護のしようがない部分のひとつであり、このボタンの小さな隙間から更に小さなホコリなどが入り込んでしまいボタンがうまく機能していない人も多いようだ。
私のiPhoneも1年ちょっとになるが、自分の意図する操作ができないということがよくある。

原因は前記したようにボタンの隙間から入り込んだ「ゴミ」が接触不良を招いているようなのだ。
ボタンの機能を復活させる「技」もいろいろとWebで紹介されていた。

デコピンや電動歯ブラシなどの振動でゴミを浮き上がらせて取り除く方法

しかし、これでは機械的な部分を破損させる恐れがある。
ボタンを復活させるためのゴミ除去でボタンそのものが壊れては身も蓋もない。

そこで、Twitter記事に紹介されていた方法とは…
ボタン自体を押さない方法である。
ホームボタンを押さない方法というより、ホームボタンを画面上でタップできる機能を使用するわけだ。

この方法は「アクセシビリティ」の中にある「AssistiveTouch」という機能をONにすると使用可能になる。
b0050172_21524396.jpg
上図のように、「設定」から「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」の順でタップする。
b0050172_2222261.jpg
「AssistiveTouch」を「ON」にすると、上図右のように丸いボタンアイコンが現れる。これが、ホームボタンを呼び出すボタン(?)なのである。
このボタンアイコンはタップするとこのように濃いめに表示されるが、しばらく放っておくと薄くなる。
b0050172_22532100.jpg
さて、このボタンの操作法も少し書いておこう。
実際にはいろいろな機能を呼び出すためのスーパーホームボタンというべきものなのだが、今回…というか私はホームボタン機能を呼び出すだけに使っているので、今回はその説明だけ…。
もし、その他の機能も使用したい場合はWebサイト等で参照してやって頂きたい…。

b0050172_2284629.jpg
ボタンをタップすると上図のような画面を表示する。
ここで「ホーム」をタップすることでホームボタンを押したのと同じ機能になる。もちろんダブルタップでホームボタンの2回押しに対応する。

タップで済むので結構快適に操作が可能だ。
実際のホームボタンを一度押すだけで済む作業が2回のタップとなるので面倒だ…と思うかもしれないが、実はこれがあまり苦にならない…というより、ボタンが上手く作動しないのであれば逆に快適になってしまうのだ。
私の場合、使い始めて2〜3日は無意識にホームボタンに手がいっていたのだが、慣れるとホームボタンを触らなくなってしまった。
スリープ解除は上部のボタンで行い、その後のホームボタンでの操作は全てこの「AssistiveTouch」のタップで行なっている。

画面上にボタンアイコンが常駐するので「邪魔にならないか?」と思う人が多いだろう。確かにそれは私も最初に思ったし、そうなるとウザイなぁ…と思った。
が、しかしこのアイコンは前述したように使用しない場合は薄い表示になるし、誤作動を防ぐためにどこにでも(ちょっとは限定されます)移動させることができるようになっている。
b0050172_2224256.jpg
上図は例として場所を動かしてみたが、動かす要領は指でスライドさせるだけで動いてくれる。

例えば、ゲームをする時は一番下に、通常は片手でもタップできるところに、絶対触りたくない時には一番上の左に…等々、自在に移動させることができる。

もともとこのアクセシビリティは身体の不自由な方でも快適にiPhoneを使えるようにと付加された機能だが、発想を転換させると使い勝手が向上する機能でもある。

ホームボタンが上手く動作してくれないiPhoneでストレスを感じている人は一度試してみる価値はあると私は断言するっ!

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-02-06 23:02 | iPhone | Trackback | Comments(0)