<   2004年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

10: MacとWin その違い

 ここで、WindowsとMacの決定的な違いを考えてみよう。
まずWindowsはGUIが極端に(?)発達している・・・つまりほとんどの作業をマウスでできる。通常のクリック・ダブルクリック・ドラッグに加えて「右クリック」なる便利な操作がある。Macで同じ操作をあてはめれば「control」キーがこれに当たるだろう。
しかし、Windowsの右クリックほどの仕事はできない。これに加えてWindows用のマウスにはあっちゃこっちゃにボタンが付いており、私が使っていたマウスなどは合計6つものクリックボタンが存在していた。

 しかし・・・パソコンを扱うというのはどういうイメージだろう。
ふだん「もうそろそろパソコンでも始めないと」などという会話の中でジェスチャーとして行う動作を考えてみよう。
たとえば「特命リ○ーチ 200X」などのTV番組でも「ちょっとこれを見て下さい!」という台詞とともにキーボードをカチャカチャと叩く演技がある。おい!そんなキーボード操作であんな画面が開ける訳ないだろう!と怒る視聴者もいない。なぜか?
そう、一般的にパソコンというとまず「キーボード」なのだ。マウスだけでキーボードが無いパソコンを想像しよう。やっぱり変だ。次にキーボードだけでマウスの無いパソコンは?・・・あまり違和感が無い。
やっぱりパソコンとキーボードは切っても切れない関係にあるのだ。
そして(ここで本題!)Macというのはキーボードで操作するパソコンなのだ!
確かにGUIをいち早く取り入れたのはMacである。マウスを一般的な用語にしたのもMacである。でも今ではWindowsのマウス操作性に追い越された感がある。
しか〜し!実はMacはパソコンの真の姿、「パソコンとキーボード」を切り離さなかったのだ!
考えて頂きたい、Windowsでキーボードを叩く時ってどんな時?
ほとんどが「文字入力の時」ではないだろうか。
Macは逆にほとんどの操作をキーボードで行う。マウスを使う機会の方が少ない。
私はこの事実に直面した時、「聞いてないよ〜」状態であったが、今ではタイピングソフトでせっせとキーボード操作に慣れようと努力をしている。
ショートカットキーを覚えるのも大変だ。Windows時代は「ショートカットキーなんて誰が使うんだろう?」と思っていたが、いま私が使っています。

 そんなこんなで、やっとMacの操作に慣れ親しむ今日この頃であるが、たまにWindowsマシンに触るとちょっと違和感がある私であった。
[PR]

by tadapymac | 2004-12-30 04:23 | Mac | Trackback | Comments(1)

9: マックなアプリ

MacとWindowsの違いが少しずつ解って来た。
基本的にユーザーが少ない!というか、フリーのアプリケーション・ソフトが少ない。多分それは需要が少ないから開発する人も少ない、よしんば作っても有料だったり、外人さんだったりする。
ツールにしてもそうだ。Mac OS Xに標準で付属している「Developer Tools」という開発ツールがあるが、「C言語」がどこの国の言葉なのか解らない私には、おそらく日本語で説明されていても扱うのは至難の業なはずなのに、なにも英語で説明書を書く事は無いだろう?
この「Developer Tools」の解説本はいくつか発売されている。しかしそれを買って読んだとしても、私がこのソフトを扱える可能性はかなり低い。
いや、こんな高度なソフトの話をしたいのではない。
とにかく、ソフトの数が圧倒的に少ない!
しかし、探せばその中でも確かに使える(というかWindows版より使い易い)ソフトがある。とりあえず、私が今使っているフリーソフトを紹介しよう。勝手に紹介してしまうが、作者の方はフリーで出しているし、宣伝にもなると思うのでご了承下さい(たぶん、これを読んでる人はチョ〜少ないと思うので)。

まず、年賀状といえば住所管理。これは付属のアドレスブックを活用しようとしたが、いいフリーソフトがあった。
  SYMPHONYさん作 「はがきうぇあ v1.0.5」
これは住所の宛名書きと裏面イラストまで出来るので良さそうだ。
次に、写真加工を主眼とした画像ビューアと加工ソフト。ふたつが合体していれば最高なのだが・・・。しかし、やはり問屋が卸してくれなかった。そんなソフトはやっぱりシュアウェア。ということで、
  荻原剛志さん作   「Toy Viewer v4.52」
  Mattsunさん作   「絵箱 日本語2.1」
上が画像加工ソフト、下がビューアとして使っている。
拡大縮小、ちょっとした画像面の加工、なによりいろんな保存ファイルに出来るので用途に合わせて変換が出来る。
ビューアは手軽に開けるし、閲覧サイズも簡単に変更出来るところがニクい。

あと、いろいろなフリーソフトをインストールしているが、全てを紹介出来ないのが残念だ。ということで最後にもうひとつ、これは使えます!ってのを・・・。
  K . Yakoさん作   「フォントカタログ v1.1」
これはいい!私は仕事の関係上、ワープロソフトをよく使うが、少々お茶目な私はいろんなフォントで文章にメリハリを付けてしまうのだ。
これが仕事場で好評かそうでないかは別の問題として、このイメージ通りのフォントを探す時に「Font Book」は見辛いし解り辛い。
しかし、この「フォントカタログ」はノートパッド形式に表示してくれてるし、なにより好きな(必要な)文字や数字などを登録しておいて見比べる事が出来るし、登録・変更も簡単、サイズ変更も簡単。マジで使えます。

まだまだ使えるフリーソフトは私のMacに入っているのだが、それはまた別の話。
[PR]

by tadapymac | 2004-12-30 03:02 | Mac | Trackback | Comments(0)

8: 開通記念日、それは今日

コンピュータで何が出来るか?
そう、また出発点に戻ってしまった。というか、これが私が求めていたパソコンなのであろうか?
Windowsで簡単に出来た事がMacでは出来ない・・・。とても消化不良である。消化不良になると胃が重くて天ぷらなどは見たでけでも吐き気がする・・・別にキャベ○ンの宣伝するつもりはないので話を戻そう。
たとえば、写真などの加工だけでもWindowsなら付属するソフトで十分な加工が可能である。フリーソフトなどを使って行うと完璧に近い加工が可能である・・・ん?フリーソフト??

そうだ!今のマイMacはWindowsで言えばWindowsのインストールCDからインストールしたばっかりの状態だ!(ホント当たり前なのだが)
私の前PCのWindowsマシンはソフトでごった返ししてたもんな。
もっと使えるソフトをダウンロードしなければ!それもフリーのヤツ。

ということは、やはりネット環境の構築が必要だ(「7:あぁ、Macは美しい・・・」参照)。
まず、暗礁に乗り上げた内蔵Ethernetの設定から。
ん?DNSサーバが空白だ。やっぱりこれかな?
しかし、ここに関しては、昨日「もういいよ」ってくらい関係ありそうないろんな数字を入れてみた項目である。
0対10の9回ツーアウトランナーなしバッターは来年の為に背番号14番ピンチヒッターの2年生でツーエンドツーからの夏の甲子園を見ているような、半ばあきらめムードの中でとりあえずその空白に○○の数字を入れてみた。そしてブラウザーで確かめてみる。

SafariというWindowsでいえばインターネットエクスプローラにあたるMacのWabブラウザーを開く。これが昨日(前回)から「サーバーがみつかりません」のダメだしをしているソフトだ。
どうせ今日も・・・もうすぐ出るぞ〜「サーバーが・・・」・・・長い??

おおおおおおおおおおおおおおっっっっっっっっっ!!!!!!!!!
つながったぁ〜〜〜〜〜!!!
やった〜!(ここでマジでガッツポーズを決めた。)
エイドリア〜ン!オレはやったぞ〜!

とうとう、Mac上に「MSN」のHOMEが開いた。なぜMSNなのかはとくに気にしないで頂きたい。
とにかくつながったのだ!やっと私のMacは世界中とつながったのだ!
まず、初期設定の時点で出来なかったAppleに個人登録を送る。そして、メーラーの設定だ。それに久々のマイホームページの確認、ブックマーク。
ルンルン気分でネット環境構築は完了。さぁ、次はいよいよフリーソフトを根刮ぎダウンロードする番だ!
[PR]

by tadapymac | 2004-12-19 23:03 | Mac | Trackback | Comments(0)

7: あぁ、マックは美しい・・・

Windowsのメインスイッチはとても解りやすいところに設置してある。最近のパソコンにはキーボードにだってメインスイッチが付いていたりするのだ。
ところがどうだろう?Mac(eMac)のメインスイッチはとても不親切なトコに設置してある。多分、誤作動や小さな子供が誤って電源を押さないように・・・であろう。
また、最近はブロードバンド化も進み、常時接続(ということは電源入れっぱなし)が当たり前なので、いちいち電源を入れる事はしない・・・ということだろうか?
しかし、一般的な家庭のウチでは「使わない電気は消しなさい!」と怒られて育ったものだから、用事が済んだパソコンは電源を落としている。
こんな横のしかも奥の方に何故つけた?Apple社さん。
シカシである・・・ビジュアル的に前面ボタンの無いMacは美しい・・・。これか?これが最大の理由なのか?!

とかなんとか言ってるうちに電源投入!「ヴァ〜ン」という効果音のあとリンゴマーク出場・・・。かっこいい。う〜ん、いい。
次はいろいろな設定である。これはなんとかスムーズにいきそうだ。ウィンドウズよりも懇切丁寧な説明と誘導で見る見るうちに進んでいく。
ネットワーク設定。とても大切な設定だ。
パソコンをやり始めた理由は他に漏れず「インターネットで○○○な写真を見てみたい」であるからネット接続は大切な設定である。
ん?「サーバーが見つかりません。」??
なるほど、大切な設定は簡単にはいかない訳だな?よぅし、気合い入れて最初から・・・。最後に「OK」をクリック「おりゃ〜!」。
「サーバーが見つかりません。」ん?どうしたMac?
その後、なんども試みたがつながらない。
「おかしい。Windowsでは簡単につながったぞぃ。」
とりあえず、ネット接続は日本人得意の「重要だけど先送り」ということでMac OS Xを立ち上げてみた。

おおっ!これこれ、Macの画面だ。それで?いまから何やればいいの?
とりあえず・・・AppleWorksを開いてみよう。「ワープロ」で文字を打ってみる。
「Windowsと同じじゃん、かんた〜ん」
いやいや、そうではない。もっとMacらしいことをやってみよう。
「音楽聴こう」ということでiTunesだ。
なんも入っていない・・・。「MP3」をMOドライブから取り込もう!・・・MOドライブは「SCSI」なので変換ケーブルを購入するまで使えません。ええぃ!音楽CD持ってこ〜い!
う〜ん、良い音です。まさにCDコンポと化している・・・いや・・・なにか違う気がする。

ということで、パソコンとして扱えないまま第1日目は「システム終了」。
[PR]

by tadapymac | 2004-12-18 19:37 | Mac | Trackback | Comments(0)

★ワタクシの個人HPです!★

ワタクシが個人でやってるホームページです!!
気が向いた方、暇な方、少しでも興味がある方はご来場下さい!!

主なコンテンツは音楽です。
オリジナルの音楽を紹介したり、アマチュア作詞家さんから頂いた詞に曲を付けてます!詩(詞)の募集もやってます!
その他、いろいろありますのでどうぞ!!

URL
ホームページは削除されました(悲)2014

※現在、このアドレスは存在しません。
[PR]

by tadapymac | 2004-12-15 22:22 | Trackback | Comments(0)

6: 我が家にMacがやってきた!やぁやぁ

 とある今年の8月某日、我が家の呼び鈴(最近はインターホンという呼び方が一般的)が鳴った。シツコイ押売の野郎ならば闘ってやろう!と息巻いて対応に出た私の前に○○運送のお兄さんが立っていた。「ど、どうも・・・」と肩すかしを喰らった私は「宅配便で〜す、サインお願いします」と爽やかに汗を拭きながら微笑むお兄さんの足元にある荷物に目をやった。
「わっ!でっけ〜リンゴ箱!」とは誰も言わないであろう白いリンゴマークの入った大きな箱が置いてあった。
それから誰とどんな会話をしたか、どのような経緯を経て持ち運んだかは嬉しさのあまり記憶に無いので定かではないが、気がつくと私はパソコンルーム(寝室の一角の狭いスペースを勝手に名付けている)で、そのリンゴ箱と対峙していた。
        我が家にMacがやってきたのだ!

 さっそく箱を開け始める。最初が肝心だ。なめられてはいけない、すました顔で「オマエがMacってヤツか?」ってな顔でいたほうがいいのか・・・いやいや、これから長い時間を共にするのだ、爽やかな笑顔で「おっす、オラごくう」でいこうか・・・などと考えつつ開封・・・
「デケェ・・・」。中から取説らしき黒い本を発見。Mac OS Xの簡単な説明書、そのとなりに白い「eMac」と書いた本がある。本自体ではなく付録の作り方も見ずにいきなり付録を作りたがる子供のように逸る気持ちを抑えつつ、この本を開いた。
さすがAppleさん、本体の一覧図やつなげ方だけではなく持ち運び時の正しい手の位置まで書いてある。これなら何処に持ち運ぶ時でも安心だ。ただ体力の関係上そう遠くには運べそうもないのだが・・・。
他にもいろいろな説明書や、Appleのロゴマークのシールやらを発見して楽しい時間を過ごした。
 そうこうしているうちにとうとう本体を箱から取り出す段階に入った。さすがすべて一体式パソコン、重い。腰を痛めない程度に踏ん張りを利かせて取り出した。
ホントにでかい。17インチのCRTは迫力がある。とりあえず、奮発した専用スタンド(「5: 嗚呼、哀マック・・・」参照)を取り付けてみる。ちょっと品のあるテレビみたいになった。
そして旧PCが置いてあったメインスタンドへ・・・。
さぁ、次はコード類の接続である。説明書をよく読んでやらないととんでもない事態に発展しかねない。説明書を開く・・・「電源ケーブルをコンセントに挿して完了です、さぁ、始めましょう!」・・・ものすごく軽いノリである。アメリカ人は常に陽気らしい。

 そして、いよいよ電源豆乳・・・マズそう・・・いや、電源投入である。「ん?メインスイッチ何処?」すかさず手慣れた手つきで取説熟読。そう、私はしばらくこの白い取説を手放せないであろう。
[PR]

by tadapymac | 2004-12-14 22:42 | Mac | Trackback | Comments(5)

5: 嗚呼、哀マック・・・

何度も何度もアップルのHPで恋いこがれた「iMac」が生産中止???
どういうことだ?キツネにつままれたことはないが、多分このような心境の時を言うのだろう。
いや、そんな日本語の使い方を話しているのではない。
もう一度、深呼吸してブックマークしている「Apple」を開いてみる・・・。
Power Mac G5が水冷式になるそうな・・・いや、こんな扱えもしないモンスターマシンには用はない。その横の・・・iMac G4が在庫切れ・・・本当だ、在庫がないらしい。なぜ?
その疑問はその記事に書いてあった。な〜んだ、iMacが新しくなるのか。

ちょっとまってくれ!私はそれまで待てというのかApple社さん!
それまで待った方がいいのか?それとも今違う機種を買った方がいいのか?私は考えた・・・各機種のスペックとにらめっこしながら・・・。
候補その1・・・Power Mac G5・・・高いので 即、却下。
候補その2・・・Power Mac G4・・・モニターをプラスするとちょっときつい。
候補その3・・・iMac G5(未発売)・・・待ってられない。
候補その4・・・eMac G4・・・安いけど入門編。スペックが低い。
う〜ん・・・ん?入門編?私は初心者・・・これでいいんじゃないのか?
ちょっと待て、はやまると大変な事になる。スペックをもう一度点検しよう。
CPU、HDD、メモリーなどなど基本的なスペックはiMac G4とさほど変わらない。周辺機器に対するインターフェイスはどうだろう?USB2.0、FWも400だけどちゃんとついている。これもiMac G4とほとんど変わらない。では何処が違うのか?モニターが液晶とCRTの違い。
いやいや、何かあるはずだ。それでなければ何故私がこれほどまでにiMacにこだわった意味がないではないか!なにかある!!

・・・やはり、とくに目立った違いはない・・・。なんと私はあのおちゃらけた、どうみてもパソコンには見えない、ちょっと変わった電気スタンドみたいな「格好」だけに惚れただけなのか!そんなミーハーな考え方で良いのか!

そんな自問自答は何処吹く風、ほどなく私は「eMac」をどれだけスペックUP出来るか模索中であった。
とりあえず、AppleストアでスペックUPが出来る所をほとんどした状態でも170,000円を切る安さ!しょうがない・・・専用スタンドまで付けちゃおう。
で、何処で買う?そう、この私が住んでいる街にはAppleストアなど有りはしない。

しかし、気がついたことがある。Macは何処で買ってもたいした値引きはしていない。裏を返せば何処で買っても同じである。ちなみにAppleストアはインターネットで申し込んでも送料無料の大盤振る舞い。

こうして、1.25GHz/1GB/160GB/ワイヤレスキーボード&マウス/専用スタンド付き「eMac G4」が1週間後に私の手元に届く事になったのである。
[PR]

by tadapymac | 2004-12-08 22:13 | Mac | Trackback | Comments(0)

誰か読んでくれてますか〜??

ブログをアップしたのはいいんですが、誰か読んでくれてんのかな〜と、素朴な疑問があります。
できれば、読んだ方はコチラの方に感想お願いしま〜す!!
面白くないとか、つまらないとか、やめちまえ!とか。。。は、悲しくなるのでやめて下さい。。。
みなさま!よろしくおねがいします!
[PR]

by tadapymac | 2004-12-07 21:49 | 感想はこちら! | Trackback | Comments(6)

4: これ、ください。

Macに乗り換える・・・しかし、Macと言ってもいろんな機種がある。

当初はスタイルも抜群、機能的にPower Macには落ちるものの、その一見パソコンとは誰も思わない・・・それ、電気スタンド?と言われかねない「iMac G4」を購入する予定だった。
家の中にもそのつもりでスペースを確保し、「さぁ、いらっしゃい」の準備万端であった。

妻との購入交渉は(一部先送りした事項はあるものの)滞りなく終了し、さぁiMacだ!と、とある電気屋さんに購入に出かけた。
ここは下見の段階でいちばんMac製品が置いてあり、私の狙っていた「iMac G4 17インチ」が展示品としても並んでいたのだ。
店員を呼び「これ下さい。」と、さしも今日の晩御飯の材料を買うかのごとく涼しい顔で頼んだ私は、まもなくMacユーザーの仲間入りが出来るうれしさで、周りの客の「なんであんなオモチャみたいなパソコン買うの?」みたいな白い目も「うわぁ、この人Mac使えるんだぁ」という尊敬のまなざしに見えて浮かれていた。
ほどなく先ほどの店員がやってきた。店員と私の会話。
「すみません、在庫がないみたいです。」
「ああ、入るまで何日くらいかかるの?」
「あの、この機種は生産中止になってますから、取り寄せも無理っぽいですよ。」
「な、なに〜っ!!」

私のMac購入計画は見事に暗礁に乗り上げたのであった・・・。
[PR]

by tadapymac | 2004-12-07 21:40 | Mac | Trackback | Comments(0)

3: MacというOS

だいたいMacって何者?
ビデオテープが出始めた頃の「ソニー」みたいなもんか?それか、ガソリン車が往来している道路を真っ黒な煙をあげて走る「ディーゼル車」なのか?

とにかく、同じパソコンでありながら中身は全く違う・・・でもやれる事ややっている事はほぼ同じ・・・でも、なかなか互換してくれない・・・いったいどっちなんじゃ〜!

よく考えてみると、同じパソコンでありながらOSが違うだけで全くなにも互換しないというのは10年くらい前の話で、いまはWin&Macが当たり前の時代。今までの周辺機器は使えるはずだ。
インターネットでメーカーのサイトで確認作業を急いだ・・・。
・・・使えるのは「MOドライブ」だけ?  まぁ、古いしね、プリンタとスキャナ。
ソフトは・・・対応OS、Windows98,SE,XP・・・おい、マックはどうなんだ、マックは。

結局、使えるソフトはほとんどなし、周辺機器もほとんど全滅・・・。

でも負けんぞ〜!絶対乗り換えてやる〜!
(こうなりゃヤケですか・・・)
[PR]

by tadapymac | 2004-12-05 23:14 | Mac | Trackback | Comments(0)