<   2008年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

55:Macなソフト

 夏の休暇も終わって仕事が始まった… いやぁとにかくまだまだ暑い!! この暑さをなんとかして頂きたい!

 さて、今回はソフトの紹介。Windows(その他のOS)をMacで走らせるソフトだ!
 MacでWindowsを起動させる方法は何度か書いた。まだPowerPCの頃の話である。この頃のエミュレーターはとにかく複雑だったらしく、まともに起動させるにはMicrosoftのVirtualPC以外はほとんどテストするのが関の山で実用にはほど遠かった。

 そうこうしているうちにMacのCPU自体がWindowsでも使われているIntelのモノに換わった。基本となるモノが同じになった訳である。
 そうなるとやはりエミュレーターがわんさか出るモノで、当初話題になったのが「parallels」というWindowsエミュレーションソフト。他にもVMware Fusionなどの仮想化ソフトがでてくる。
 一番驚いたのがApple自らWindowsをデュアルブートで立ち上げる「BootCamp」だ。仮想化ソフトはMacの中に一個のアプリケーションとしてWindowsを立ち上げる為に、そのマシンのチカラを最大には引き出せない。しかし、このBootCampはMacOSとは別にWindowsOSのみを単体で立ち上げる為にそのマシンのスペックを最大限に引き出す。
 これには世界中のMac使いがビックリした!(かな?)
 最近ではWindowsユーザーもMacとWindowsの両方が使えるというコトで、乗り換え組も沢山出ているらしい。

 今回紹介するソフトは仮想化ソフトのひとつで、Macの中でWindowsを操るエミュレーターである。なぜBootCampがあるのにわざわざ…と思うかもしれないが、BootCampは「WindowsXPServicePack2」からしかインストールできない。理由はウィルス対策らしいが、ちょっとMicrosoftへのナンカがあるのではないかな…?
 とにかく、私はWindows98とXPServicePack1aしか持っていない。なんとかエミュレート出来ないものかと考えていたところに…

   Sun Microsystemsという会社のVirtualBoxという仮想化ソフト

 これはナニがイイかというと…いわゆるフリーソフトなのである!個人的に使用するのであれば特に問題ないらしい。

 詳しいコトはSun Microsystems社のHPを見て欲しいが、英語なのでナニがなんだかチンプンカンプンな方の為にダウンロード方法と起動方法を説明しよう。
あ…ちなみにダウンロードされたソフトは日本語に対応しているので御心配なく。

 まず、      http://www.virtualbox.org/       のURLにアクセス。
「Downloads」〜「Binaries (all platforms)」に入っていく。
そのページの中断にあるプルダウンメニュー「Select...」から「Mac OS X (Intel)」を選択。
「 I agree to the VirtualBox Personal Use and Evaluation License (PUEL)」(利用規約らしい)のチェックをして、下のオレンジ色の「Continue >>」をクリック。
ダウンロードが始まる。
 ディスクイメージでダウンロードされるので、あとはマウントして現れるインストールパッケージをクリックするだけ。ちなみにVirtualBoxのデカいアイコンがあるが、それではなく先頭にあるインストールパッケージをクリックするように…。

 ガイダンスに従えばほとんどのWindowsOSはインストール出来るはず。
ちなみに私はXPをインストールしたが、その設定は
仮想ハードディスク…10GB
メインメモリー…1GB(1024MB)
ビデオメモリー…64MB                    である。
 これでまぁ快適に動いている。ビデオメモリーは最低32MBあたりまで上げておかないと起動してくれなかったり、エラーが起ったりするので注意。

 とりあえずOSのインストールが終了したらWindowsが動いている訳だが、まだ終わりではない。Windowsの中で動いているカーソルとMacのカーソルを統制するなどが出来るソフトをインストールする。
 ゲストOSが立ち上がっている画面でMacの操作に戻し(たぶんcommand+左)、メニューバーの「デバイス」〜「Guest Additions のインストール」からGuest Additionsをインストールする。すると、いちいちMacとWindowsのカーソルを切り替えなくても各OSを行き来できるようになる。
 基本的な設定は後からでも変えれるので用途に応じて変えてみてもいいだろう。
今の段階ではWindows〜Mac間のファイルのやり取りは共有ファイルを使うしかないが、それはフリーということでバージョンアップに期待しよう。テキスト等のコピーペーストは出来る。ただ、Windowsは「control+C」、Mac上では「command+C」なので間違えないように…。

 フリーでこれだけの機能が出来れば納得のソフトだと思う。
 Intel Macを持っててしかもWindowsのインストールディスクを持ってて、尚かつお金をかけたくない方はぜひ一度お試しアレ!
[PR]

by tadapymac | 2008-08-18 22:52 | Mac | Trackback | Comments(0)

54:iPhone 3G登場!!

 暑い暑い夏が始まっていますが、みなさん気をたしかにがんばっておられますでしょうか〜?ここ熊本は毎年のコトながら〜灼熱ってますよ〜〜!

 さて、今回は熱気もそろそろ冷めてきた「iPhone 3G」について…。

 今年のWWDCで電撃的(予測はされていたが)に登場した新型iPhone。日本や先進諸国が通話通信方式として採用している「3G」に対応するというコトで日本での発売も決定された。
 発売は大方の予想通り「SOFT BANK」からだった。とにかくこれまでの携帯電話の常識を覆す機能を満載というコトで日本のメディアもお祭り騒ぎ。いろんなTV番組で紹介され、チマタで知らぬ人はいないというほどの人気を発売前からハクしていた。

 iPhoneなら買ってみようかな?と思った瞬間があったが、性格的に「石橋を叩いて渡らない」ほど慎重な私は今回発売される「iPhone 3G」について考えてみた。
 iPhone…いわゆるiPod touchに電話機能が備わる訳だ。iPod touchは持っている。とりあえず、iPod touchのデメリットを考えてみよう。

 通常のiPodと違い、touchは画面が広く美しい…反面、全面が画面な為持ち運びに気を使う。ガラス面が傷つくコトがあるからだ。
 操作では片手での操作がとてもムズイ…ってか、両手での操作を強いられる場面が多々ある。基本、「ロック解除」以外は両手で操作している。
 この時、ハッと気づく。日本の携帯ってほとんど片手で操作してないか?両手で操作してるのって女子高生あたりが喋るのより早い速度でメールを打つ時くらい…。これはかなりの「命取り」になるのではないだろうか?片手操作が両手操作になるということは「退化」である。

     日本では売れない…この時私は思った。

 事実、私のヨメがSOFT BANKだったので「iPhoneに変えようかな〜」とつぶやいた時、「片手で操作できないよ」と言った途端、「やめる」の返事だった。

 では私を含めて普通の一般的な人は携帯をどのように使用しているのであろう。それを考えれば「それでもiPhoneがいい!」ということになるかもしれない。一般的に携帯を使っている人は電話以外にもメールや携帯サイトでの情報収集等、いろいろである。

 まずメールに関して考えてみよう。最近の若者は画面を見ずに文字を打てるそうだ。そう、キーの位置と「何回叩いたか?」でその文字を呼び出す訳だ。これが出来なくなる。何故かって、タッチパネルだもん。見ないとどっちが上か下かも解らないのにキーの位置なんてわかりゃしない。その前に片手での文字打がかなりムズくなる。私には出来ないと思う。もうちょっと指が長くて、あと2本くらい指がついてりゃ可能かも…。

 次にwebサイトの閲覧について…携帯サイトというのはその名の通り携帯の為に作られているので携帯で見やすくアクセスしやすく作ってある。これがiPhoneの場合、通常のパソコンで見るwebになるのでいくらiPhoneの画面が大きいとはいえ見づらくなる。私がiPod touchでwebサイトを閲覧した時はとにかく見づらかった。部分を大きく拡大したところで逆にドコを閲覧しているのか解らなくなる。
 たしかにパソコンを持ち出せない場所でインターネットが出来るっていうことは私のようなネット中毒者には大変ありがたい。しかし、普通の人には「ちょっと受け入れづらいだろうな」というのが本音である。たとえば明日の天気を知りたいとして、iPhoneからネットにアクセスするより、携帯から携帯サイトにアクセスの方がかなり手軽に早く出来るであろう。それも片手で出来るし。

 私なりの結論…iPhoneはモバイル端末として営業マンとかがバリバリ外から会社とのやり取りをしている人が喜びそうな…いわゆるモバイル端末として使用する為の物であって、私達一般ピープルが普通に携帯として使う代物ではない…ということである。
 それにコレは米国やヨーロッパをターゲットにした商品である。外国って携帯は電話する物であってそれ以下でも以上でもないらしい。そこにコレだけの機能を持たせたiPhoneの登場なのである。外人さんはさぞかしビックリだったのであろう。
 しかし、日本では当たり前のコトであったし、日本の携帯はそれ以上のことをやってのけているのだ。携帯は電話としては当たり前で、メールやカメラ、今ではテレビや財布の代わりまでしているではないか!
 ここまで発展した携帯の形態(うまい!)にちょっと前の携帯機能満載のiPhoneが来たところでどうも、新風どころか「今頃ナニ言ってんの?」状態だろう…。

    やっぱり、コレは日本じゃ売れませんゎ…日本人はそんなバカじゃないよ…

 そして発売当日…

 テレビを見て驚愕!!! なんじゃ!!この行列!!!
「3日まえから並びました♪」「iPhone欲しい〜!」「コレからはコレが携帯です!」

 …おいおい…やっぱり日本人って…

 それから数日後、ネットの掲示板に踊った言葉…

「クソケータイ!」「金返せ〜!」「ゼッタイ買うな!!」「ナニも出来ないじゃん!!」

 つくづく…日本って平和なんだと感じた…
[PR]

by tadapymac | 2008-08-12 20:47 | Mac | Trackback | Comments(0)