<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

83:OnyXでクリーニング!

暑いってもんの話じゃない…
連日の猛暑続き…日本中が大騒ぎな毎日が続いているが、みなさん、大丈夫?

さて…
最近はネタ不足で更新もままならなかったが、今回も別に目新しいネタがあったわけではない。
ふと…Dockを見ていて気づいたことがある。

Macに乗換えた頃は、純正のアイコンが気に入っていたのだが、年月を重ねていくとどうしても自分好みのアイコンにしたくなる。これについては前に書いたこともあるが、最近は自分で作ったアイコンに変えることでオリジナル性を出している。

いろいろなソフトにも手助けを受けて、ほとんどのアイコンをオリジナルや他人が作ったフリーアイコンを使用しているが、変えたくてもどうしても変えれないアイコンが存在した。
Dashboardのアイコンである。

Dashboardのアイコンを変更すると「アプリケーション」に存在する本体のアイコンは変わる…が、Dockのアイコンが変わらずそのままなのだ。

システムに関係しているので変えれないのかな?とか自分で勝手に納得していたが、では何故Dashboard用のアイコンをみんな公開しているのだろうか?もっと高度な技術が必要なのだろうか?
などと考えていたが、まぁ…使ってるぶんには特に影響もないし、気にしなければ気にならない程度なので放っておいた。

ある日、Webブラウザーの調子が悪くなったので、クッキーやらなんやらを削除してリフレッシュしてやろうと、フリーソフト「OnyX」を立ち上げた。
Onyx
ソフトを立ち上げると「S.M.A.R.T.状況を検証」というダイアログが出現するが、これは起動ボリュームの検証であり、問題なければ「問題なし」の検証結果を得られる。
b0050172_21484041.jpg
「OK」をクリックするとパスワードを要求されるが、これはシステムに影響する作業を行なうということでの認証なので、このパスワードはユーザーパスワードを入力する。
いろいろなメンテナンスや情報にアクセスできるが、ビギナー玄人の私には、よくわからないので「クリーニング」のみを行なう…。
b0050172_21564580.jpg
システムやインターネットなどいろいろなキャッシュ、ログファイルをクリーニングできるが、よくわからない人でも当初の設定で問題ない。全てにチェックを入れて消し去ったとしても壊れることもない。ただ、全てを消し去った場合、再インストールしたばかりの状態と同じように、今までOSに憶え込ませたログが消えてしまうので注意しなければならない。

私がこのとき行なったのは「インターネット」の「フォーム入力内容」を除く、ほとんどにチェックを入れクリーニングしてやった。

全てが終わると「再起動」を求めるダイアログが出現するので要求通り「再起動」を実施する。

すると…
立上がってDockのDashboardのアイコンが純正からポンッとオリジナルアイコンに変わった!
おぉ〜 すげぇ〜 Dashboardのアイコンが変わったぞ〜
そうか… Dashboardのアイコンが変わりきれなかったのはシステムログかナンかがじゃましてたのか〜
と、その時は特に感動も薄かったのだが、考えてみれば長い間わからなかった疑問が解決したわけだ。これは「ネタ」として使えるんじゃないか? 知らない人には重宝がられる情報ではないか?と思った次第で、今回のネタになったのである。
しかし、肝心の「どのキャッシュやログ」を消したからシステムがリフレッシュしたのか…というのがはっきりわからない…。わかっているのは「フォーム入力内容」以外のナニか…だ。
ということで、もし同じようにDashboardのアイコンが変わらなくて困ってる人は「OnyX」のクリーニングでほとんど全てにチェックを入れて実行すれば変わるかもしれない…。

まぁ…こんなつまらない情報なのだが、これからもこんな調子で更新していこうと思う今日この頃…
それにしても暑いなぁ…

人気ブログランキングへクリックしてね♪
[PR]

by tadapymac | 2010-08-27 22:31 | Trackback | Comments(0)

82:Magic Trackpad新登場!

暑いね…いやぁ暑い暑い…
7月初旬にはこのまま暖かくならないんじゃないか?とか心配していたが、そんなの無用な心配であった。梅雨明けと同時にトンでもない暑さがやってきた。来なくてもよかったのに…。


さて、そうこうしているうちにAppleからまた新商品が出た。今回は本当に「新」商品である。iPadじゃないよ。
その新商品とは「Magic Trackpad」である。

この真新しい新商品はその名の通りトラックパッドである。今までMacBookシリーズに取り入れられていたトラックパッドをその部分だけ外付けにしたようなカタチだ。
MacBookのように「クリック」「スワイプ」「スクロール」「回転」ができて、尚且つかなり広く設計されている。ディスクトップマシンをトラックパッドで操作できるので、タッチパネルに限りなく近い操作感があるだろう。使い道としては「マウスの代わり」「マウスと併用」とユーザーによっていろいろと用途はあるだろうし、あるいはソフトによって使い分けも出来るだろう。価格もMagicMouseと同じ¥6,800と、お手頃な値段だ。

まぁ、このMagic TrackpadをAppleのメールで初めて見たとき「おお!値段もお手頃、買っちゃおうかな?」と飛びつこうとしたが、冷静に次のことを考えてみた。

まず、その置き場所である。マウスの代わりとして使用するのであれば置き場所はマウスの場所で問題はないのだが、もし併用となるとマウスの外側なのかキーボードの隣りなのか…。それに入力装置を3つ並べるとなると机上が狭くなる。せっかくiMac購入で机上を広くできたのに今更また狭くなるのは腹が立つ。そうなると、やはりマウスの代わりとして使うのがいいだろう。代わりとなれば逆にマウスが動き回るスペースより狭くなるので大歓迎だ。

次に、その操作性である。実物を触れないので一番近いMacBookのトラックパッドを考えてみる。トラックパッドでマウスカーソルを動かすのはとてもストレスだ。スクロールとスワイプなどは使い慣れればとても便利であるが、これって実はMagicMouseでも出来ちゃうのでMagicTrackpadでなくてもよい。それよりマウスカーソルを動かすのはやはりマウスの方が操作性がよい。

それではMagicMouseとMagicTrackpadをソフトや状況に応じて使い分けるというのはどうだろう。自分の日常の操作や使うソフトなどを考える。ほとんどはマウスで行なう。トラックパッドの出番は… さて、どんな時だ?
う〜ん…思いつかない…。MacBookのトラックパッドを使っているときって、実はマウスを使えない状態の時(マウスを忘れたとか膝の上とか)だけで、本当はマウスを使いたいけど…という状況なのではないだろうか?

そう個人的な結論が出たとき「MagicTrackpad購入はとりあえず保留、店頭で触ってみてから考えよう」ということにした。

しかし、もしこのMagicTrackpadをマウスの代わりと位置付けるならば、それはマウスではなく「トラックボール」的な代わりになるのではないだろうか。常時マウスではなくトラックパッドを使っている人ならマウスを使うよりこのMagicTrackpadを使った方が操作がスムーズだろうし、「これからはマウスじゃなくこういう入力装置だ」と思う人はすぐにトラックパッドの操作に慣れるだろう。要はマウスの代わりではなく、新しい入力装置と考えるとよいのかもしれない。

ということで、今回の「Magic Trackpad」の私的結論は…

新しい入力装置です。マウスの代わりじゃありません。

人気ブログランキングへクリックしてね♪
[PR]

by tadapymac | 2010-08-09 22:17 | Mac | Trackback | Comments(0)