<   2010年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

91:iPhoneのアプリが動かないっ!

師走を迎えた昨今…
とてつもなく寒い…(ブルブルっ)…と思ったら外は雪が降っているでゎないかぁっ!
九州というと南国のイメージがあり、雪なんか降らないとか思っている人もいるかも知れないが、そんなことはない。キチンと雪も降るし道路も凍結しちゃったりする。雪国と違うのはそれが日常にあり平然と過ごせるかパニックに陥るかの違いくらいだ。
昨日か一昨日かに降ってれば「ホワイトクリスマス」でチマタの恋人同士にはロマンティックだっただろうに…。

さて、AppStoreでiPhoneなどのアプリを探しているときに参考にする「レビュー」があるが、そこでよく「落ちた!」とか「フリーズした!」とか書込まれているが、こういう人達はiPhoneを普通のケータイだと思って使ってはいないだろうか。
ケータイ(一般的な携帯電話)は通常、なにも問題が起きなければ電源を入れっぱなしで使う。またそれでも大丈夫なように作られている。
しかし、スマートフォンは言わば「小さなパソコン」なのである。パソコンは動きが緩慢になったりしたら「再起動」をする。スマートフォンもたまに再起動してやらないとドンドン動きが緩慢になってくるわけだ。重たいアプリを動かした後などは軽いアプリでも簡単に落ちたり、フリーズしたりする。メモリ解放などでも対処にはなるだろうが、一番効果が期待できるのが「再起動」=電源ONOFFである。

まぁ「電源」のONOFFを知らない人はいないとは思うが、一応説明しておこう。
b0050172_2325930.jpg
iPhoneの上にあるボタンを「長押し」する。私の体内時間では5〜6秒といったとこか。
b0050172_23283730.jpg
画面がブラックアウト(薄暗い程度)して上部に「電源オフ」の表示が現れる。これをロック解除と同じ要領で赤い矢印マークをスライドさせれば完全にブラックアウトのあと白いクルクル回るヤツが出てきて、それが消えた時点で電源オフ完了。
電源を入れるには同じ上のボタンをちょい長押し(1〜2秒程度?)してアップルマークを呼び出す。
b0050172_23314670.jpg
起動には若干の時間を要する…だいたい30秒から1分ってとこか…。

この電源ONOFFをしてiPhoneのシステムをリフレッシュしてやれば、だいたいの「落ち」や「フリーズ」は解消することができる。私は基本的に毎日寝る前にこの作業を行なっている。面倒なようだが、慣れてしまえば歯磨きみたいなもんでやらないと気になる…みたいな習慣になる。
重いアプリ…たとえばリモートアプリなどを使用すると、トンでもなく動作が緩慢になったり固まったりするので、このようなアプリ使用後もなるべく行なっている。
今までアプリの不具合やバージョンアップに対応できていないアプリ以外で動作しないというアプリは、だいたいこの「再起動」でなんとかなった。

さて、これでも動かないアプリや、途中で落ちてしまうアプリはどうするか?
これはアプリの不具合ということも考えられるが、その前に落ち着いて考えてみよう。

だいたいiPhoneのアプリを作るというのは、けっこうな知識を持った人が行なっている。少なくともアプリを作れる人は、アプリのレビューにあるような罵倒罵声は言わないだろう。そんな心ないレビューを書くのは作った人の苦労もわからんで「動かない!なんだこのアプリ!」などとなんでも人のせいにしてしまう自己チューな人なのだ。
ということで、アプリを作ってくれた人は間違いなく私よりはアタマがいいのだ。そんな人が普通のiPhoneで動作しないアプリを作るわけがない。
たぶん動かないワケは… 【私のこのiPhoneにインストールされているアプリ】に不具合があるのだ。インストールしたときか、アップデートのときなどに「ナニかの不具合」が発生したのだ。

ということでアプリを再インストールする。簡単に言えばアプリを削除して、また新しくAppStoreからダウンロードするわけだ。iTunesにある既存のアプリはそれ自体が「異常がある」可能性があるので新しくダウンロードすることをお勧めする。


以上、このふたつのやり方で、私に限って言えば「動かなかったアプリ」は今のところ皆無である。

みなさんも「動かない動かない」と嘆いたり「起動しないじゃん!」と腹を立てたりする前に、自分の足元からしっかり見てみては如何でしょう。


最後にひとつ…
AppStoreなどのレビューを見るとトンでもないレビューを目にすることがある。
レビューとは使った感想や評論を述べるものであって、自分の感情を述べるものではない。
Wikipediaには…

「英語で評論、論評などを意味する。(中略)また、そうした先行研究を網羅的にまとめ、その当該テーマについての研究の動向を論じた展望論文をさすこともあり…」

とある。
しかし、AppStoreのレビューはほとんどが感情論ばかりで参考になるどころか、見ているこっちが気分を害するものばかりだ。
文章は人間性が出るという。自分が思っていたアプリではなくてつまらないと思っても、それはほぼ自己責任なのだから誹謗中傷や罵倒するようなレビューはやめよう。
レビューは匿名で簡単に書けるからなのかも知れないが、悪かったら悪かったなりに人々の参考になるような文章で書込むようにして頂きたいと思う。

人気ブログランキングへクリックしてね♪

http://blogrank.toremaga.com/
[PR]

by tadapymac | 2010-12-27 00:31 | iPhone | Trackback | Comments(1)

90:Apple TVの続き…

Apple TVが我が家にやってきて、子どもたちもYouTube視聴に忙しい毎日を送っているが、そんな子どもたちにも私にもビックリすることが起きた。
Apple TVをiPhoneで操作できたのだっ!
b0050172_233524.jpg
Apple TVでiPhoneの中にある動画や音楽を出力できるのは雑誌等でわかっていたので一度やってみようとiPhoneを操作していた。
その操作自体は簡単で、iPod機能で音楽や動画を再生するときに右側に現れる三角マークで出力機器を選択するだけだ。iPod用に圧縮しているためにTVでの出力だと画像が荒くなって見難くなるが、iPhone内の動画をTVで観れるということが心地よい。
b0050172_23355213.jpg
同じようにコンピュータのiTunesからApple TVに出力する場合は動画では再生画面のQuickTime操作バーに同じ三角マークが右側に現れるので選択するだけでよい。
b0050172_23361522.jpg
音楽はiTunesインターフェースの右下に同じ三角マーク出現!そこで選択。
b0050172_23363560.jpg

そういえば、iPhoneにはMacのiTunesを操作できる「Remote」というアプリがある。あまり利用価値を見出せなかったので使ってはいなかったがインストールはしている。もしかして操作できるかも…。
b0050172_23372798.jpg
Remoteを起動させるとこのような画面になる。おおっ♪Apple TVがキチンと認識されてあるではないかっ!
選択すると次の画面になる。
b0050172_23374474.jpg
TVに向かって(実際はApple TVをリモートしているのでApple TVに向けましょう)操作すると画面の操作ができた!iPhone特有のタッチパネルで操作を行なう。便利なのは文字入力。純正のリモコンではアルファベットでの入力(アルファベットを選択する)だけしかできないが、iPhoneでのリモートだと日本語入力も可能だ。特にYouTubeの検索などではかなり重宝する。子どもも大絶賛であった。
b0050172_2338269.jpg

また、一度やってみたかった「iTunesレンタル」をやってみた。ちょっと前の「カンフーくん」という日本映画でレンタル料は¥300と普通のレンタルでは高めかもしれないが、借りに行く手間返しに行く手間を考えればそんなもんかな…という値段。HDの高画質の映画もたくさんあるが、これはもっと高いのでやめた。
映画を選択するとプレビューで宣伝程度の映像を見れる。レンタルをクリックするとユーザーIDとパスワードの入力画面が現れるが、これ以降のレンタル時の入力は省略できるよう記憶させることもできる。手間を少しでも省きたい場合はもちろん記憶させておくのが便利だが、子どもでも簡単に操作できるため「知らないうちにレンタルされまくり」なんて事態も予想されるので、子どものヤンチャぶりに合わせて設定するのが好ましい。
初めてのレンタル時のみカードに関する入力があるが、これを設定した時点でまたもとのレンタル選択画面に戻る。再度レンタルをクリックすると最終確認ダイアログが現れ、「OK」すると映画のタイトルがムービーのトップに移される。
b0050172_23381957.jpg
これをクリックするとダウンロードが始まり、48時間以内に見終わらなければならない。YouTubeなどと同じくストリーミングなのである程度のダウンロードが済んだ時点で再生が始まる。ちなみにiTunesのレンタル映画は、30日間のうちに再生させなければならなく、一度再生させるとその映画は48時間後には見れなくなる。食品で例えると「賞味期限は30日間で、封を開けたら48時間以内に食べて下さい。」というべきか…。
映画の画質等のレベルだが、通常版はDVD程度って感じである。もしかしたらDVDよりいいかもしれない…というのは買被りすぎ??

Apple TVには電源スイッチがない。操作しない時間が過ぎるとスリープする仕組みだ。小さなランブが付いているが、スリープ時は消灯する。スリープを解除させるためにはただリモコンのボタンを押すだけだ。Macのスリープと同じだね。

Apple TVは映画や動画を観るにはとてもよい機器だ。最近のiMacやApple LED Cinema Displayなどでも十分見応えはあるが、やはり映画などの娯楽はリビングが似合う。そういう意味ではApple TVはMacをウマくリビングに持っていった機器なのかもしれない。

人気ブログランキングへクリックしてね♪
[PR]

by tadapymac | 2010-12-03 23:40 | Mac | Trackback | Comments(4)