<   2011年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

93:iPhoneバンパー

今年の冬は本当に寒い。私自身、基本的に寒がりなので「自分だけか?」と思っていたのだが、職場のみんなも家族も今年は寒いそうだ。やっぱり寒いんだ…安心した。

そんな今日この頃、なかなかiPhoneのケースに満足していなかった私が、とうとう「これだっ!」という商品に巡り会った。
インターグローバルの「BLADE Duralumin case Metal Bumper」だっ!
b0050172_20421485.jpg
その名の通りメタルのバンパーである。見た通り重厚感たっぷりのバンパーで、iPhoneの見た目がまったく変わるくらいのハードバンパーだ。
私の買ったのは「Titanium Silver / Red」だが、このRedは裏面でiPhone本体を止めている金具部分の色で、いくつか種類がある。
b0050172_20511526.jpg
もちろんバンパー本体もシルバーやブラックもあり、組合せの自由度はある。金属なのでアンテナ等への影響が心配だが、このバンパーはiPhone本体と金属部分に隙間をつくっているので影響は少ない。
b0050172_2055595.jpg
ボタンがバンパー専用のヤツが付属しているので機能に支障はない。そのボタンも扱いやすいので違和感は全くなし。
金属なので操作中に滑り落ちる不安もあると思うが、写真でもわかるように形状がデコボコしているのでその引っ掛りで手のひらから落ちる心配はほとんどない。

しかし、いいことばかりではない。残念だがデメリットもある。
まず重い。
見た目よりは重くはないが、やはり重さが増えるのは仕方がない。金属なのだからしょうがないのだが、それでも重くて持てないとかポケットに入れてて姿勢が歪むというほどではないので安心されたい。
次に、バンパーでiPhone自体がひとまわり大きくなる。大きさ的には最近発売されたdocomoのスマホ「ギャラクシー」くらいの大きさくらいか。まぁiPadみたいな大きさになるわけではないので、片手での操作は無難にできる。
あと、これはちょっと重大かもしれない。先に「電波への影響は少ない」と書いたが、全くないワケではなく、若干電波受信に影響を及ぼす。特にWi-Fi環境では「ハダカ」の状態と比べて明らかに受信状況が悪くなってしまう。私の使用しているAirMac Expressで、今までキチンと通信できていたベランダ(AirMac Expressから12mほど)で電波状態が悪くなってしまった。範囲10m未満であればほとんど影響はないと言えるが、いままでやっととどいていた場所ではWi-Fi通信が途切れると思ってもらっていいだろう。
ヘッドフォンのプラグ部も純正と同じ大きさと形状でなければ使用できないという不便さもある。
最後に、全て金属になってしまうので冬の屋外での素手はつらい。ただでさえ寒いこの季節、iPhoneを操作する為に手袋を外すだけでも辛いのに追い討ちをかけるようにiPhoneも冷たい!

まぁしかし、これだけのデメリットを差引いてもこのカッコよさはどうだろう。例えるなら…車のスポイラーのような、ただのベンツではなくケーニッヒみたいな…。いや見様によれば、まるでモビルスーツみたいな感じだ。このバンパーが全て「レッド」で作られていたらさしずめ「シャア専用」だろうな。発売されないかなぁ…。
とにかく、そこいらに出回っている「メタル風」ではなくホンモノのメタルで作られているのだ。その重厚感と美しさはホンモノしか醸し出せない高級感がある。

また、このバンパーは完全ハメコミ式で止め具もネジで止めているのでバンパーと本体が衝撃で外れることはまずない。バンパーにはストラップ取付け部もあるので、頑丈なネックストラップなどでぶら下げれば落とす(落ちる)心配はまず皆無だろう。
私はこのバンパーと「栃木レザー製」の2Wayネックウォレットストラップを併用している。
b0050172_2144371.jpg
このストラップをズボンのベルト通しにかけておけば万が一落としたとしても地面への落下を防ぐことができるのでオッチョコチョイには安心である。まぁストラップを付けることを忘れてしまうオッチョコチョイさんには無効ではあるが…。

ということで、このバンパーについては賛否両論があるであろうが、私個人に限っていえばまったく「どストライク」な商品だ。人が見て「かっこいいね」とか言われるよりなにより、自分で見てニヤニヤできるところがいい。
やっぱりMacを好きになる理由が「かっこいいから」であるので、iPhoneバンパーも実用性より見た目の「かっこいい」で決めて当然なのである。

楽天ショップ
BLADE Duralumin case Metal Bumper ショップ名:インターグローバル
2Wayネックウォレットストラップ ショップ名:JACA JACA


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2011-01-19 22:46 | iPhone | Trackback | Comments(0)

92:Magicなワイヤレス充電

新年明けましておめでとうございます。
昨年中は、こんな貧粗なブログを閲覧して頂きまして大変ありがとうございました。
今年も、不定期な…いやまったく気まぐれな更新になるかと思いますが、
よければよろしくお願い致します。

年末年始は日本中で記録的な雪が降り、ここ九州でもトンでもないほどの積雪を記録した。なんでも観測史上でも珍しいほどの雪が降り、九州の道路は右往左往する車で渋滞しまくり、子どもたちははしゃぎ回り、猫はコタツで丸くなっていたようだ。
私はどうかというと、92年ぶりという積雪を記録した南九州で、行く道行く道を「積雪の為通行禁止」と「チェーン規制」で八方塞がりに合い、危うく車の中で年を越すところだった。
みなさん、やっぱり車にはチェーンを積んでいた方がよろしいかと思う。

さて、今回は新しいデバイスの紹介。

MagicMouseのその使い勝手の良さとメンテナンス要らずの機能性は、前に力説したと思うが、ただひとつだけメンテナンスが必要だった。ワイヤレスという特性上、電池を積んでいるので電池交換が必要なのだ。もちろん普通の乾電池ではなくアルカリ電池で寿命を伸ばしたり、充電式の電池でコストを抑えたり…ということはしているのだが、電池消耗はどうしようもない。
昔のApple純正マウスに比べると電池消耗の度合いは許せる程度まではなっているが、どうしても電池交換があるために面倒くさい。
面倒くさい面倒くさい…あー面倒臭がりなのさオレはっ!

そんな面倒臭がりな私の目に
「Apple Magic Mouse を置くだけでワイヤレス充電できるチャージャーが …」
という文字がWebサイトから飛び込んできた。

そんなマジックなマジックマウスの充電ができるなんてマジっすかっ



…とにかく、そんな便利なモノとはどんなヤツなんだ? と、そのWebサイトへ。

The Magic Charger Wireless Charger for Magic Mouse
The Magic Charger Wireless Charger for Magic Mouse
その名も「マジック・チャージャー」!

Magic Mouseをただその上に乗せるだけで充電ができてしまうという、まさにマジック!
ということで購入してみることにした。
b0050172_22375823.jpg
内容品は本体とUSBケーブルと専用の電池パックと一体型のウラ蓋の3品というシンプルさ。Appleの受けおりなのか説明書も簡単なものだ。
b0050172_22425459.jpg
本体の大きさは丁度Magic Mouseと同じくらいで、デザインもMagic Mouseと似ており違和感なし。
b0050172_2245295.jpg
電池パックはちょっと取付けにくいが、これからもう外すことはないのでキチキチに作ってあるのだろう。あまりムリに取付けようとすると壊れるかもしれないので、確かめながら確実に慎重に行なう。
取付けが終わったらマウスの電源を入れる。Webサイトの説明では通常の乾電池より「10gほど」軽いらしいが、私の場合、エネループの充電式感電池を使っていたせいか、それ以上に軽くなった気がする。
この時に気づいたことなのだが、Magic Mouseは軽い方が扱いやすい。重い方がマウス本体が安定するのでピッチやスワイプなどがやりやすいと思っていたのだが、軽くても全然大丈夫だし、だいたい本来のマウス操作をスムーズに行なうことができる。今の今まで間違った認識であった。もし、乾電池を二本入れて使っている人は、一度一本でやってみるといい。断然使いやすく感じるだろう。多分…。

それでは本来の機能である「充電」をしてみよう。要領はただ乗せるだけ…。
b0050172_22561584.jpg
マウスを乗せると中央のランプが緑の点滅に変わり充電が始まる。まぁ、私は面倒臭がりではあるがミョ〜なところでキチンとしていなければ気がすまないというヘンな性格の持ち主なので写真のように真っすぐマウスを乗せてしまうのだが、若干ズレていてもちゃんと充電してくれる。いや若干どころか90度の縦に乗せてもちゃんと充電する。でもさすがに端っこに今にも落ちそうなくらいで乗せると充電できなかった…そんな人はいないと思うが…。
とにかく、パソコンから急に離れる用事ができてもサッと乗せるだけで充電ができる。
これはハッキリいってスゴくいいのではないか?
マウスの電源を切る必要もない…ただ乗せておくだけでよいのだ!
b0050172_2354299.jpg
マウス使用中〜つまり充電をしていない時は赤色に点灯する。ちなみに充電中の緑はけっこう明るいが、待機中の赤色は弱いので、視界にあってもまったく気にならない。

今回のThe Magic Charger Wireless Charger for Magic Mouseというこのマウス充電器はMagic Mouse本体の時以来のストライク商品だ。設置場所によってはUSBケーブルが邪魔になるかもしれないが、それを差引いても断然便利な商品である。
また、この充電器は本体が軽量で小さいのでモバイルとして持ち運びにも適している。

最後になってしまったが、この商品はAmazon楽天市場などのネットショップでも購入することができる。
もし商品の詳細を知りたい方は専用HPにアクセス。サイトでは本体の説明や詳しい画像はもちろん、動画を使ったセットアップ方法、使用方法を見ることができる。
とにかくチョーお勧めですっ!

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2011-01-13 23:45 | Mac | Trackback | Comments(0)