<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

103:iPhoneとBluetooth

最近のカーナビはすごいっ!

前の車でカーナビをケチったせいで、車内でiPodを聴く時にFMトランスミッターやAUXでつないでいたのだが、今年新しく買った車には「やっぱりiPodやiPhoneをつなげられるカーナビにしよう!」と、わざわざオプションでiPodケーブルをつけてもらった。

しかし、実は最近のカーナビにはBluetoothに対応しているものが多く、今回買った車に取付けたカーナビにもついていた。
もともと携帯電話とBluetooth通信するために備え付けられた機能なのだが、実はiPhoneにはもってこいの機能なのだ。

私のヤツは、携帯電話とオーディオと別にBluetooth通信できるカーナビで、カーナビでハンズフリーが可能な携帯電話用にはdocomoのケータイを、そしてオーディオ用にはiPhoneをそれぞれ接続する。接続といってもそれぞれを認識させるだけなのだが…。

とにかく、それぞれつなげると、オーディオから入ってBluetoothタブから再生させるとiPhoneの音楽がカーナビから流れる。docomoのケータイに電話がかかるとカーナビでハンズフリーで通話が可能だ。

あと、Bluetooth経由でiPhoneの音楽を再生中にエンジンを切るとiPhone側も停止する。再度エンジンを始動させるとなにもしなくても先ほどの場所から再生してくれる。
アートワークや曲名などの情報がカーナビで表示できないのは残念だが、iPhoneで表示させておけば、とくに問題はない。

逆にガッカリしたのは2万ほどで取付けた(実はサービスだったけど)iPod用のケーブルとカーナビ側の表示だ。
もう少しスマートだと思っていたのだが、イマイチかっこうが悪い。ケーブルの太さも本当に21世紀かと疑うほどのごっついケーブルだった。

最近ではiPhoneはiPod用ではつながずに、もっぱらBluetoothでばかりつないでいる。簡単だし、勝手につながって再生してくれるので何もする必要がない。
いちいちケーブルを接続しなくてもいいし、ポケットに入れたままでも再生してくれるところがいい。

もう少しの未来ではもっと進化しているかもしれない。それまでなんとか生きててみようと思う今日この頃である。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2011-06-30 22:41 | iPhone | Trackback | Comments(0)

102:新しいMac OSX、10.7編

大雨だっ!
とんでもない大雨だっ!!
ワケあって鹿児島に行く用事があったのだが、人吉インターから先が通行止め…
高速道路なのでムリに先に進むことも出来ず、ナビも人吉ICで降りるように指示していたので仕方なく下道に出てみたのだが、それからの一般道も交通規制ばかり…
やっとの思いで目的地には着いたが、危うく孤立するところだった。
自然ってやっぱりすごいね…。

さて、今回のWWDCで明らかになった新MacOSX「Lion」。たしか今年の夏に発売予定だ。
MacOS X Lion
前に「次のコードネームを『ライオン』に!」…という話をしたが(当ブログ〜53:新しいMacOS X)、そのときのブログをAppleの誰かが見たのかどうかはわからないが、とうとう百獣の王「ライオン」がコードネームとなるOSが出る!
今までがネコ科の動物で続いていて、とうとう百獣の王が駆出されたということは「10.7」がOSXの最終版ではないだろうか?…という憶測も飛び交っている。

今回のメジャーアップデートもいろいろと新採用されたものも数多くあるが、インターフェースが一新されたような気配ではないようだ。
それよりも重視されているのが「iOS」との統合だ。

「iOS」は言わずと知れたiPhoneやiPad、iPod touchを司っているOSのことだが、これとMacOSを同じようなカタチにしてしまおうというわけだ。
MacOSのいいところとiOSのいいところを統合すれば、たしかにいいインターフェースになるかとは思うが、どっちかというとMacOSの方がいわゆる「アタマ打ち」の状態なのではないだろうか?
iOSの方はまだまだ改良の余地は残っているし、まだまだユーザーの不満や意見を取り入れればもっと使いやすくなるようなところもあるだろう。

しかし、かたやMacOSXのほうは熟成しすぎていて、これ以上はユーザーも開発者も手の加えようがないほどまで充実している。そこにiOSの良いところを引っぱり込んでしまおうという感じがしてならない。
つまり、根本的な部分のアップデートは必要ない…というところまできているのだ。

ということは、MacOSX自体、もうメジャーアップデートの必要はなくなるのではないか?
小さなマイナーアップデートでこの先いけるんじゃない?
…という雰囲気が漂っているような気がする。
だから「Lion」なのではないか…と。

しかし、よく言われている「停滞は後退することと同じ」という格言にあるように、ここでAppleがOSの開発を停めることはないだろう。
新しいOSが生まれる前兆なのかもしれない。
それがどのようなOSになるのか…はわからないが、Appleのことだからビックリするようなものを開発してくれるだろう。

とにかく、まずは新しい「10.7」を楽しもう!
メジャーアップデートなので値段が心配だったが、今回もお得なアップデートだ。
今のところの正式発表では「¥2,600」!!
SnowLeopardより安いのである!
こりゃアップデートしなきゃ損!って値段である。

まじ、Microsoft にも見習って欲しい…。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2011-06-12 22:52 | Trackback | Comments(0)