<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

108:上手にお買い物♪

みなさんは買い物をするとき、なにを基準に店や商品を選ぶだろう?

たとえば髭剃りカミソリの替刃。
普通のスーパーにも売ってあるし、ドラッグストアやホームセンター、たいていの大型量販店には置いてある。
しかしその値段はさまざまで、ドコで買えば安く手に入るか考えるだろう。

ちなみに私の買い物時の行動を説明しよう。
まず、欲しいものを見つけたらネットで調べる。全国で最安値を調べるわけだ。
その最安値と比較して然程の値段の差を感じなかったら(送料や交通費を考えるわけである)そこで購入すればいいし、ネットで購入した方が安いならそうする。

ただ、この方法はいちいちiPhoneで「価格.com」や「楽天市場」などのサイトに入ったり、商品の型番を入力したりと面倒な面もある。

そこで今回、外箱等にあるバーコードで商品を読み取って楽天市場での販売価格を調べることのできる便利なアプリを紹介しよう。

楽天市場をよく利用する人にはうってつけのそのソフトは「DropSearch」という。

ちなみにAmazonのDropSearchも存在するが、現在配信を停止してるという情報であったため、確認できなかった。

このソフトを起動させ、商品の外箱などにあるバーコードを読み取らせるわけだが、この操作がこれまた尋常ではないくらい簡単なのだ。
b0050172_1626281.jpg
ピントを合わせる必要もなければシャッターを押す必要もない。ただ、カメラの画面の中にバーコードを移しておけば良いのだ。あとはiPhoneが勝手にやってくれる。
b0050172_16271948.jpg
すると、楽天市場内のショップでの販売価格が表示されて、この店で買った方がいいのか?はたまたネットショップで購入した方がいいのか?の判断の材料になるわけだ。

私自身もこのソフトを使ってお得な買い物をした経験が何度もある。
バーコードのない商品や、検索できない商品もたまにあるが、そこは天下の楽天市場、ある程度のものはヒットするので試してみる価値はあると思う。
まぁそれでもヒットしなかった場合はSafariの検索バーに直接商品名を書込んで調べよう。


冒頭にあった「替刃」だが、ディスカウントショップでの販売価格が¥2,000、楽天市場での最安値が¥1,200。
もちろん楽天市場で購入したのは言うまでもない。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2011-08-23 16:28 | iPhone | Trackback | Comments(0)

107:らいおん

気持ち…涼しくなったかな?
いやいや(汗)まだまだ気を抜いちゃダメだっ!
九州の夏はこれから本番なのだ!

さて今回は、またまた「らいおん」ネタである。
新しくなったMacOSX 10.7 Lionであるが、やっぱりPowerPC時代のソフトを使えないってのと、まだまだSnowLeopardで十分やっていけそうな気がするのでアップデートを見送っているわけであるが、かといって、やっぱり新しい機能で試してみたい…使ってみたい…というソフトがある。

まず私の気をひいたのが「AirDrop」という機能。

ネットワーク不要でそのソフトが起動しているMacを自動検出してファイル共有できるソフトだ。
基本的には10.7同士でないとできないわけであるが、これまでのBluetoothやネットワーク内のMac同士のファイルのやりとりは接続が大前提であった。しかし、これをまったく考えないで思いついたときに、好きな時にファイルなどを簡単にやりとりできるわけである。
う〜ん…これは目新しいようでそうでもない気もする。
バックグラウンドでのソフト起動を考えれば、現在使用している「DropBox」で事足りるような気がする。
DropBox
DropBoxはクラウドに2GB(無料、これ以上の容量にするためには有料となる)の容量の自分専用のストレージ(まぁハードディスクみたいなもん)があって、これにアップすることでどのパソコンからもアクセス可能となる(パスワード必要)。
それにこの秋にも登場するという「iCloud」を利用すれば、ファイル共有以上のことができるようになる。
そう考えると、このAirDropっていうのはそこまで必要ではないような気もする。
第一、ファイル共有をしたい相方の「MacBook」はCPUが「CoreDuo」なためにLionになることができない(10.7のインストール条件は「Core2Duo」以上となっている)。iMacだけがLionになってもできないわけである。
ということで、AirDropについては解決。

次に「おっ!?」と私の気をひきつけたのは新しい「iChat」である。

これまではAppleの有料サービス「.Mac」のちの「MobileMe」に加入するか、AOLのユーザー登録等で使用していたが、これに加えて「Yahoo!」のメッセンジャーIDで使用可能となった。
Yahoo!メッセンジャー
日本人同士でメッセンジャーソフトを使用している人でAOLを使用している人は、まずいないと思う。いや、いるかも知れないがその数はとても少ないと思う。
ソレに比べて検索エンジンとしてもYahoo!の日本人使用率はGoogleを上回っているそうだ。テレビとかでWeb検索というと「Yahoo!調べ」となっているくらいだ。Yahoo!メッセンジャーを使ってる人もたくさんいるだろう。
そうなると、これまでiChatの高度な機能を使いたくても使えなかったMacユーザーも、これからはドンドンiChatを使用するのではないか?と思う。
iChatの機能は他の全てのメッセンジャーソフトを凌駕しているといっても過言ではない。
これは使えるんじゃないかっ!?
…と思ったが、私自身メッセンジャーはやってないし、iChatで会話している唯一の後輩もMacでiChatなのでまったく問題ない。これからもメッセ友ができる可能性も皆無な気がするので、このiChatも解決。

う〜む…
これじゃライオンになる気がないようじゃないかっ
いやいや(汗)この先、いずれはライオンにならなければならないわけである。なんか楽しみでもないと面白くないではないか。

…あ、あったっ!
QuickTimePlayerが新しくなったのだっ!

QuickTime Xになって、これまで有償版のみだった編集機能が無料でもできるようになったのだが、その機能は簡単な編集…前後の要らない部分の削除だけだったのだが、新しいQuickTimeは「キリトリつなげ」ができるようなのである。編集後の書出し時間はけっこうかかるのだが、その手軽さを考えればiMovieを起動させて同じことをするのとはワケが違う。
…ん?
まてよ…。SnowLeopardになってiMovieの起動時間がかなり速くなった気がする。それに加えてQuickTimeに編集機能がついたもんだから、QuickTimeで再生可能なファイルは一度「mov形式」に変換して、それからiMovieで切り貼りして書き出す…という作業がとても快適になった気がする。
なにを今さらもっと時間短縮を狙ってるのだろう…。
QuickTimeについても、現在のQuickTimeXとiMovieの連携でなんとかなる。
ということでQuickTimeについても解決。

ええっと…
まぁ、もう少し様子をみてみるコトにしよう…。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2011-08-20 20:13 | Mac | Trackback | Comments(0)