<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

135:定額で映画三昧っ♪〜Hulu〜

Hulu
「ふーるー」と発音する。
この動画配信サービスは最近CMやバナー広告でみることが多いと思う。

私は、そんなしょっちゅう映画や海外TV番組などを見る人ではない。しかし、たまの休みになるとApple TVで映画をレンタル視聴することがある。
iTunesStoreで映画をレンタルした場合、最低でも300円はかかるし、HD映像のDVD最新作ともなれば500〜600円もかかってしまう。
まぁ、毎月一回ほどならこれでもそれほどの出費とはならないが、2〜3本みるとなると月末のお小遣い決算で手痛い出費にカテゴリされることになる。

さて、なんとかならないものか…

そこで「Hulu」であるっ!
月額「980円」ポッキリで映画や海外TV番組が見放題なのだ。そのコンテンツの量はまだまだたいしたことはないし、本当に観たい映画などがないこともある。
しかし、暇つぶしにはなる。
映画だけではない。海外で放送されたドキュメンタリーやちょっと前の日本のTV番組もそこそこ揃っている。自然や歴史などのドキュメンタリー番組は何気なく見るにはもってこいで、何より勉強になっちゃったりする。

30分そこそこのTV番組ならちょっとした時間でも観れるし、iTunesレンタルならちょっと躊躇するような中途半端な内容の映画でもなんのためらいもなく観ることができる。
値段的にはiTunesレンタルを2回と考えれば安いもんだ。3本映画をみれば元はとる。

この「Hulu」のいい点はこれだけではない。
Apple製品との相性が抜群なのだ。Apple TVでも標準コンテンツとして扱われているし、Mac上でもwebブラウザー経由で観ることができる。もちろんiPhone・iPadなどでもアプリ経由で簡単に視聴可能だ。
b0050172_12435215.jpg
              Hulu Appへのリンク

休日のまったりとした時間をリビングのTVで映画鑑賞で過ごすものよし、眠れない夜にひとりこっそりMacで鑑賞するもよし、仕事の行き帰りの電車の中で楽しむのもよし。
続きはどの出力装置からでも観ることが可能である。

ちなみに私の利用法の一例をあげると…
出先で時間があるとき、映画や番組で面白そうなものを「+後で見る」でボタンで「マイリスト」に登録しておく。
そして休日や眠れない夜に映画鑑賞を楽しむ…という具合だ。

リーズナブルな定額でこれだけ楽しむことができるので是非オススメである。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-10-15 16:04 | Addition | Trackback | Comments(0)

134:docomoでiPhone♪ 〜SMSのワナ〜

始めに:この記事は「docomoSIMをSIMフリーiPhoneで使う」ことを前提にした記事で、最近販売されている正規(?)のdocomoiPhone5s/cには該当しないところがあるので注意してください。

お詫び:
以前のこの記事で「国際SMSの拒否設定でこれを回避できる」みたいな趣旨の記事を書いておりましたが、これは「着信の拒否」であり「送信はされる」ということを知らずに公開しておりました。この記事を見て設定された方がおられましたら、「設定しても送信はされてしまう」ということを認識されて下さい。
ちなみにアクティベーション画面では「キャンセル」でしか回避できません。
間違った記事で皆様へ間違った知識を与えてしまったことをお詫び申し上げます。
どうもすみませんでした。



ふぅ…
やっと人の住めるほどの気候になってきた。
夏は暑いのはわかるが、九州の場合、秋口(9月)も灼熱なのだ。10月になってやっと涼くなってきた。
まぁ、今年は何処も暑かったようだけど…。


さて、私のiPhoneが「docomo化」したことによって「iPhone一本化計画」も無事成功した。ということで今回からのdocomoのiPhoneネタはタイトル通り「docomoでiPhone♪」ということになった。


docomoでiPhoneを使った場合、通常ではMMS(いわゆるキャリアメールってやつ)が使えない。FaceTimeも使えない。
通常、auやSoftBankのiPhoneだと「iMessage」でMMSが利用できるが、docomo iPhoneの場合はもちろんできない。
iMessageは純粋にiOS同士でiMessageとのやりとりとなる。
それともうひとつ、SMS(ショートメッセージサービス)を利用した際にiMessage表示となる。もちろん設定してないとできないけど…
b0050172_23592971.jpg
メッセージの設定で「iMessage」をオンにして「SMSで送信」をオンにしておけば利用可能。

SMS送信はキャリアによっていろいろだが、docomoの場合は料金が発生する(既述「SMS」リンク参照)。それと昔と違って今は別のキャリア同士でもSMS送信が可能となっている。
電話番号で送れるメールで、70文字という制限はあるが、けっこう利用している人も多いだろう。

docomo iPhoneでもこれは利用可能で「iMessage」でのやりとりが可能となる。
しかし、実はこのSMSに落とし穴がある。

アクティベーションのときに一度SMSを使用する段階がある。これはしょうがないことであり、まぁ許すとしよう。
しかし、使えもしない「FaceTime」をアクティベーションしようと試みると(ってか、初期設定のときは勝手に)次のダイアログが表示される。
b0050172_0152893.jpg
この画面で「OK」を押すとSMSで送受信が行なわれるわけだが、実はこのSMSは「国際SMS」なのだっ!

行き先はApple本社…ということでアメリカにメールするわけだ。
先ほどのSMSリンク先の料金表を見て頂きたい。docomoの場合「50円」もかかっている。

これを阻止するため、docomo iPhoneの先人たちのサイトでも「FaceTimeは使えないので『利用しない』を選択しましょう」みたいなことを書いてある。それで上の画面で「キャンセル」を押すのだが、これがSIMカードを抜き指しする度にこのダイアログが表示される。
私はこの間、誤ってこの画面で「OK」をタップしてしまった。
その時は「どうせ使えないのに設定したみたいな表示はおかしいだろ(笑)」なんて笑っていたのだが、考えてみればその一度のタップで50円支払わされたのだっ!

悔しいがそれも「後の祭り」。
使用できないFaceTimeのアクティベーションで損するのは忍びない…。

とりあえず初期設定はしょうがないとして、SIMカードを抜き指す場合は、iPhone側の電源をオフにして取り出すこでこの設定は回避可能だ。
また、iOSのアップデート後にも起こりうる現象なので、慌てて設定を急がないように気をつけよう。

合言葉は「FaceTimeはキャンセルでっ!」だ。

たかが50円ではあるが、されど50円だ。頻繁にSIMカードを抜き指す人でおっちょこちょいな人なら500〜1,000円も損する可能性だってある。
気をつけよう。


お詫び:
以前のこの記事で「国際SMSの拒否設定でこれを回避できる」みたいな趣旨の記事を書いておりましたが、これは「着信の拒否」であり「送信はされる」ということを知らずに公開しておりました。この記事を見て設定された方がおられましたら、「設定しても送信はされてしまう」ということを認識されて下さい。
ちなみにアクティベーション画面では「キャンセル」でしか回避できません。
間違った記事で皆様へ間違った知識を与えてしまったことをお詫び申し上げます。
どうもすみませんでした。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-10-11 01:02 | iPhone | Trackback | Comments(2)