<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

138:iPhoneでdocomoWi-Fi

※ この設定は、SIMフリーのiPhoneをdocomoのSIMで使用する際に必要になる設定です。docomoのキャリアiPhoneの場合ではないので注意してください。


すっかり忘れていた。
docomo iPhoneを使用する上で、docomoが提供するWi-Fi環境への設定をまったく説明していなかった…。



SoftBankやauでiPhoneを使っている人にはまったく関係のない話だが、イチから設定してやらねばならぬdocomoiPhoneの場合、このWi-Fi環境も同じくイチからの設定となる。

「街中の遅いWi-Fiなんて要らないよ~」

なんて強がり言っている方…7GB制限がかかりそうになるとそうも言っていられない…という状況になるやも知れないので、一応設定しておいた方がよいと思う。

「7GBなんてよっぽどのことがない限り超えることはないっ」と、前に公言したことがあったが、ここで訂正させていただく。
実は先月、その「データ通信量7GB」を超えそうになったのだっ!
先月は出張のため、パソコンが使えない上にWi-Fi環境のない状態での生活が続いた。もちろんネットは3Gでスマホのみであった。
まぁそれだけならたいしたデータ量ではなかったかもしれない。しかし、あまりのヒマ(?)さに映画視聴(もちHulu)をかなりしてしまった!これがいけないっ!

docomoのSMSで「お客様のデータ通信量が6GBを超えました…」という趣旨のメールが届いたのは今月20日頃だった…。
マジですかっ!!
うん…なんでもかんでも闇雲に閲覧していると7GBオーバーなんて簡単なようだ…。

ということで、Wi-Fi環境が使える場合は少々遅くても利用した方がよさそうだ。

まず断っておかなければならないのは、今回紹介する方法は「iPhone単体での設定はできない」ということだ。
単体での設定(単体でのdocomoWi-Fiログインについてはコチラを参照)も可能であるが、自動ログインをしたいならこれから紹介する方法をオススメする。
もちろんMacユーザーを対象としているので、Macでの説明のみとする。Windowsの方は他ブログなどを参照してね。

まずはプロファイルを作る。

Appleのwebサイト「iPhoneサポート」のエンタープライズにはいる。
リンクから入れない場合は
「Apple」→「サポート」→「iPhone」→「エンタープライズ」とクリックする。
b0050172_2323955.jpg
この画面の中程にある「iPhone構成ユーティリティ - Mac OS X」をクリックし、開いた画面からダウンロードする。
b0050172_233427.jpg

ダウンロードした「iPhoneConfigUtility.dmg」を開くと「iPhoneConfiguraiton Utility」がマウントされ「iPhoneConfigurationUtility.pkg」というインストーラファイルが現れる。
ダブルクリックしてインストール開始、ガイダンスに従ってインストールする。

インストールが終了したら「Finder」から「アプリケーション」→「ユーティリティ」を開き「iPhone構成ユーティリティ」というアプリをダブルクリックで起動させる。

b0050172_2341060.jpg
デバイス(iPhoneやiPodなど)を接続している場合は図のように表示される。
この画面で「構成プロファイル」~「新規」の順でクリックする。
b0050172_2342787.jpg


中央のウィンドウ「一般」をクリックする。
やっとここで構成プロファイルの作成にはいる。
記入するのは右側ウィンドウ内(画像の赤枠)だ。
b0050172_236167.jpg

① 名前
  なんでもよい。画像では「docomoWi-Fi」とした。
② 識別子
  なんでもよい。意味がわからない人は「例」をそのまま書き込んでもよい。
  画像では「net.docomowifi.profile」としている。
③ 組織
  これまたなんでもよい。画像では「docomoWi-Fi」としている。
④ 説明
  自分が分ればなんでもよい。そのプロファイルの補足説明文と思ってもらいたい。
⑤ セキュリティ
  「常に確認」「認証時」「しない」の選択式だが、どれでもよい。

ということで、ここは基本なんでもOKなので自分なりの個性を光らせて記入しよう。


続いて「Wi-Fi」を設定する。中央ウィンドウの「Wi-Fi」をクリック。
b0050172_2363563.jpg

ここの設定は下画像通りに設定しよう。

b0050172_2364671.jpg

ちなみに…
SSID(サービスセット識別子) … docomo
自動接続 … チェック「あり」
非公開ネットワーク … チェック「なし」
プロシキ設定 … 選択「なし」
セキュリティの種類 … 選択「任意(エンタープライズ)」
プロトコル
受け入れたEAPの種類 … 「TTLS」と「PEAP」にチェック
EAP-FAST … すべてチェックなし
内部認証 … MSCHAPv2


引き続き同画面の「認証」をクリックする。
b0050172_237065.jpg
ユーザー名 … moperaUログインアカウント+「-mopera@docomo」
(例)アカウントが「Macintosh」なら「Macintosh-mopera@docomo」となる。
接続ごとにパスワードを使用 … チェック「なし」
パスワード … moperaUでのログインパスワード
固有名証明書 … 「なし」
外部 ID … 空白


とりあえず、これでプロファイル作成は終了。書き出しを行なう。
b0050172_2371065.jpg
選択肢のセキュリティは
「なし」「構成プロファイルに署名」
「選択されたデバイスごとに暗号化された構成プロファイルを作成して署名」
のどれを選択してもよい。とりあえず「構成プロファイルに署名」でも選択しておこう。
b0050172_2372147.jpg

名前(任意:ここでは「docomoWi-Fi」)をつけて任意の場所(ここではディスクトップ)に保存する。
b0050172_2373620.jpg
作成した「○○○○.mobileconfig」のファイルをiPhoneに転送する。
一番簡単な方法はメールに添付し送信するのがいいだろう。
iPhoneのメルアドに「Mail」あたりで添付作成したメールを送信。
b0050172_23173261.jpg
届いたメールを開くと上図のように添付されるだろう。そのファイルをタップする。

b0050172_23181462.jpg
プロファイルのインストール画面が表示される。「インストール」をタップするとポップアップが現れるので「インストール」をタップして構成プロファイルをインストールする。
b0050172_23211881.jpg
iPhoneの「設定」→「一般」画面の一番下のリセットの上に「プロファイル」ができていればOK。プロファイル内の画面は上図のようになっているはずだ。
もしかしたら画像の通りになっていない(「検証済み」の部分)かもしれないが、一度でもdocomoWi-Fiに接続できればこの画面になるので安心していただきたい。

これで設定はすべて終了となる。
docomoWi-Fiは「セブンイレブン」などのコンビニがスポットとなっているので近くのコンビニでWi-Fiに入ってみよう。
「設定」→「Wi-Fi」の画面で「接続を確認」を「オフ」にしていると最初だけ自分で接続しなければならないので注意しよう。

せっかくのdocomoWi-Fiをタダで使えるmoperaに加入しているので、設定だけしておいても損はしない。時間がある時に設定しておくことをオススメする。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-12-22 23:41 | iPhone | Trackback | Comments(0)

137:まだこないiMac2012

さてさて…

予約をしたiMacであるが、なかなかこない…。
Apple Storeのサイトで状況を確認してみる。
b0050172_2275093.jpg

Appleのサイトのストア→アカウントから配達状況の確認が可能だ。自分のAppleアカウントIDとパスワードを打込んでログインする。
…と注文した商品が今どんな状況か確認できる。

b0050172_221129100.jpg

っっ!!!
な、なんとっ!出荷予定が「3〜4週」でお届け予定日が大晦日っ!

…よくよく調べてみると、まだ予約受付中でモノ自体発売されていないという…。
ま、まぁ…とりあえず発売すぐに手に入るというのは嬉しいものだ(汗)
気長に待ってやろう…。

ところで、この最新iMac、なんとDVDドライブなどの光学ドライブが取っ払われてしまっている。
「すべてはネットで解決しなさい」と言わんばかりであり、世間ではまだまだDVDも現役でブルーレイがどうのこうのと言っているのに、Appleにおいては時代を先取りしすぎて着いて行けない状況でもある。
(ちなみに外付けの光学ドライブ(Apple Super Drive:¥6,800など)を購入すれば解決する。)
それに加えて私の現在愛用のiMacで最高速度のインターフェースである「FireWire800」まで決別したそうだ。
最近やっとの思いで購入した「MyBookStudioⅡ」が接続が出来なくなってしまった。いや、USBを使えば出来ない事はないが、如何せん「2.0」ではスピードが出ない。何のために高価な外付けHDDを買ったのかわからないではないかっ!

しかし、ここはちゃんと解決法を見つけている。
ThunderboltのインターフェースにFireWireで接続が可能なのだ!
ただ、それには変換ケーブルが必要となる。それが「Thunderbolt−FireWireアダプタ」だ。
¥2,800とそれなりに高価ではあるが、背に腹はかえられない…。

ということで購入した。
b0050172_22285255.jpg

これについては注文後すぐに届いた。まったく素早い対応で「ありがとう」である。

とくに見た目がどうとか、使用感がどうとか…というレビューはできない。だってまだThunderbolt搭載の新型iMacが手元にないからだ。

ということで今回は「こういうものが必要になるようです」というか「こんなの買ってみました」的なレビューということで…。

新車を注文したけど、まだ納車は先なので、とりあえずシートカバーを買いました♪…みたいな気分である…。

最後にせっかくなので「Thunderbolt−FireWireアダプタ」の本体と付属説明書と大きさを体感して頂けるようにタバコを並べて置いてみた。参考にして頂ければ幸いである…。
b0050172_22353886.jpg



人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-12-17 22:47 | Mac | Trackback | Comments(0)

136:iMac2012予約っ!

うおおおおおぉぉぉぉ〜〜〜〜!!!!!

とうとう新しいMacを買うことになったっ!!
っていうか財務大臣(妻)から「買っていいよ」のゴーサインが出たのだっ!!

長かった…。現在のメインマシンのiMacで約6年ほど。
買ったばかりは最新鋭だったにもかかわらず、今ではふつ〜より下に位置する。
なんてったって「MountainLion」をインストールできないのである。(正確には「できるけど意味がない…」っていうより遅くなりそう…)
まぁ、ストレスを感じることはそこまでないので特に今すぐって訳ではなかったのだが、でも欲しかった…新しいMac…。

もちろん、買うのは新型iMac27inである!

CPUは今のところ最高であるCore i7(3.4GHz)QuadCoreにした!
ドライブは新型iMacならではの「Fusion Drive」っつ〜やつ。
詳しくはAppleのwebサイトを参照してもらいたいが、いわゆる「SSD」と「HDD」を融合させた「ハイブリッド式」のドライブだ。
12月に販売開始で、今は予約ができる状態。予約でもなんでもとにかく注文してしまえばこっちのもの…。

さて、財務省からのゴーサインが出た時点で「気が変わる前に注文してしまわないと…」と焦ったものだから新型iMacを詳しく調べもせず注文までを済ませてしまった。
CPUとドライブはBTOでグレードアップしたがメモリはそのまま…。
「メモリ増設」は後からなんとかなるしね。
と、注文を終えた後、じっくりwebサイトで調べてみると…

「1600MHz DDR3 SDRAM」…??

あれ?iMacのメモリって1333MHzじゃなかったっけ?
もしかして新しくなったの?
高いの?安いの?

ということで、すぐに1600MHz DDR3 SDRAM 8GBの価格を調べる。
なんてったって実質32GBまで増設できるんだから♪

価格としては安いっ!8GB×2でも5000円前後で出回っている!
10000円程度で32GBを実現できるのだっ!

21.5inはすでに10月発売されているので、もうすでに増設されている人がいると思って「iMac2012メモリ増設」で検索してみた…。

新型iMacはユーザーでのメモリ増設ができない…

!!!!!!
な、なにぃ????

そんなバカなっ!
ディスクトップマシンでメモリスロットにアクセスできないなんて有り得ないっしょっ!!

…ん?
21.5inはできない?27inはユーザーがSO-DIMMスロット4基にアクセス可能…。
おぉぉ…よかったよ〜(涙)
21.5inを買った人…ご愁傷様…。

んんん〜っ
しかし油断は禁物だ。とりあえず送られてくる新型iMacは8GBを搭載している。今のiMacの倍のメモリ容量である。
少し落ち着いてからでもメモリ増設は可能なので、その間に新型iMacに挿してあるメモリをよく見て増設計画を実行しよう。うんうん…。

あぁ…でも早く来ないかなぁ…(嬉)
Ivy BridgeのCPUでサクサク…8GBのメモリ空間でサクサク…SSDでビュンビュン♪
そして27インチ液晶モニターで迫力の大画面っ!!
うふふ♪

でも、ちょっと怖いのは、次期iMacが「Retina化」してしまったら…である。
そしてそれが私が買ってすぐに…とか…

…いやいや(汗)

iMacの27inがそんなすぐにRetina化するわけない…したとしてもかなりの高額商品になってしまうはずだっ!(たぶん…大汗)

えっと…あと2年ほどはRetina化しなくてもいいからね…Appleさん…。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2012-12-01 02:57 | Mac | Trackback | Comments(0)