<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

143:Thunderbolt-FireWireアダプタ 〜使用の感想〜

さて、今回のネタは「Thunderbolt」。

とは言っても、Thunderbolt対応の機器は持っていないしまだ買えもしない。
それではナニかというと…前にも紹介した「Thunderbolt-FireWireアダプタ」を使ったところの外付けHDDの接続と使用感、それにMac側の情報認識を確認してみる。
b0050172_238640.jpg


…とその前に今回紹介する外付けHDDであるが、実はブログネタにもなるやもしれぬくらいのハードディスクを、ずいぶん前に購入していたのでここで自慢…もとい…紹介する。
「MyBook Studio II 2TB」だっ!

この外付けHDDは、そのスジでけっこう有名なWesternDigital社製で、Macとの相性もよく、黙ってても(ってか始めから)RAIDを組めるシロモノである。
RAIDといっても「なんのこっちゃ?」と思ってる人もいるかも知れないので、ちょっと簡単にRAIDについて…。


RAID(レイド)とは2台以上のハードディスクを使用して、書込み読込み速度を速くしたり、バックアップの安全性を高めたりする方式のことだ。

その方式によって番号があり、例えば「RAID 0(レイド ゼロ)」とは2つのディスクにデータを分散させて書き込むことでアクセス速度を高める方法である。
A,B,C,D…という構成で成り立つデータがあるとすれば、Aは1番目のハードディスクに、Bは2番目のハードディスクに、Cはまた1番目でDが2番目…と書込まれていく。この書込む行程は順番ではなく2台へ同時進行される。すると速度は単純に「½」になるわけだ。
まぁ…本当はこんな単純な話ではないのだが、チョー簡単に申し上げるならこんな話なのだ。「ストライピング」ともいう。
また、このRAID 0という方式は片方のハードディスクがぶっ壊れると、あと片方のハードディスクが生きててもデータ救出が極めて困難…っていうかできないというリスクがあり、「それでもリスク承知で速度重視っ!」って方の「薄氷の上を歩く方式」とでも申しておこう。

対して「RAID 1」は安全第一なRAIDである。
2台のハードディスクに同じデータを同時に書込んでいくもので、書込み読込み速度は単体と変わらないが「データがぶっ飛んだとき」でもドチラか片方のハードディスクが生きているのでデータは安心…となる。「ミラーリング」ともいわれる。
速度を上げるためのRAIDではなく、データが万が一にも消えては困る人の「石橋を叩いて歩く方式」というわけだ。会社などのサーバーが最近まで採用していた方式でもある。

他にもRAID 2、RAID 3…といろいろあるので興味ある方はWikipediaなどで検索していただきたい。ちなみに「RAID 10」というのもあるが、これはRAIDの10番目ではなく「RAID 1」と「RAID 0」のいいところをとった技術で「1+0」だそうである…参考まで…。


RAID 0だと処理速度はかなり速い。これをFireWire800(理論値:800Mb/秒)で接続させるとほとんど内蔵HDDのごとき速度を期待できるのだが、悲しいかな新しいiMacにはFireWire800のポートが廃止されてしまっている。
ということで、ここで前に買っておいた「Thunderbolt-FireWireアダプタ」の出番だ。
b0050172_23540100.jpg

接続は至って簡単。ただThunderboltポートとFireWireのインポートコネクタの間に噛ませるだけだ。
b0050172_23145162.jpg
アダプタとは言え10cmほど延長されるので見た目が悪くなるが、iMacの場合は背面になるので問題なし。MacBook Pro等のラップトップの場合は取り回しの考慮が必要。
さて、Thunderboltに接続すると「システム情報(前のシステムプロファイラですね)」でThunderboltポートに認識されたことが確認できる。
b0050172_23162081.jpg

しかしThunderboltではMyBookは認識されていない。ではどこで認識されるかというと、iMacにはFireWireポートはないはずなのだが「システム情報」の項目にFireWireが追加され、そこでMyBookが認識される。
b0050172_23171054.jpg

純正アダプタなので相性も当然よい。アダプタを介しているにも関わらずFireWire800の最高速度である800Mb/秒が約束されているのだ。もちろんThunderboltの理論値である10Gb/秒の範囲内なので当たり前のようだが、アダプタでブレーキがかからないというのはありがたい。


ではその速度的な話もしておこう。
分りやすくするためにファイルの転送(書込み速度)で他の方式と比較してみる。
使用する転送用のファイルは動画ファイル(mp4)でサイズが1.9GBの「仮面ライダー龍騎Vol.10」とする。


はじめにiMac本体のFusionDrive内でファイルコピーを行なった。
速度は… 18.8秒 。
これを基準に見ていただきたい。

ではFireWire800でiMacとMyBookを接続してのファイルコピー。
速度は… 29.2秒 。

次にUSB2.0で接続してのファイルコピーを行なった。
速度は… 72.4秒。

もちろんUSBはiMacに直結しており、間にハブ(分配)などは介していない。
理論上ではUSB2.0でも「480Mb/秒」のはずだが、結果は倍以上の速度差が出た。もちろんその他の要因もあってのことではあるので一概には言えない結果ではあるが、しかし同じ条件でのテストであるので信憑性は高いと思う。

上のテスト結果はなにも「FireWireが速いっ」ってことを言いたいのではなく、この「Thunderbolt-FireWireアダプタ」がFireWire800の能力を余すところなく発揮することが可能であるということを伝えたかったわけである。

FireWireポートがなくなって機器の接続ができなかった人には是非購入を考えてもらいたい一品である。

ちなみにさっき「10cmほど長くなる」と書いた。
私事で恐縮なのだが、その「ほんの10cm程度の延長」のおかげでFireWire800のコードが伸びた分でMyBook本体をiMac本体背面の位置から机の下へ移動ができた。そういう恩恵も受けられる素敵な商品なのだ。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-01-26 23:37 | Mac | Trackback | Comments(0)

142:docomoでiPhone♪〜ネットにつながらないっ!〜

注※ この記事に書かれてある「対処法」はSIMフリーiPhoneでdocomoのSIMカードを使用している場合(ネットをmoperaでつなげている)の対処法です。
docomoから正式に販売されてある「iPhone5c・5s」とは違いますので間違いのないようにお願いします。




それは突然の出来事であった。

私はいつもの通り出勤後に缶コーヒーを片手に喫煙所にやってきた。ここでの私の日課はタバコを吸いながらブラックの缶コーヒーを飲むことで厳かに一日を始めることだ…(早く仕事しろよ…)。

タバコの煙を避けながらiPhoneを取り出し、Safariを起動させた。
b0050172_2262080.jpg

ぬ? どした?
…と、ここでは別になんとも思わなかった。こんなことはたまにあるからね。
再度ブックマークから開く…。
えっ? また?
ちょっと様子が違うぞ…。電波が悪いのか?そういえば今日は曇ってるし…(関係ないし…)。
一息入れるつもりで「フライトモード」をONOFF。これをやると電波を拾い直してくれる。docomoiPhoneではお馴染みの「JP DOCOMO」から「NTT DOCOMO」に表示を変えたいときの裏技だ。
b0050172_2224874.jpg

再々度Safari起動…。
あら?? 全然ダメ…。
ここまで来ると少し焦ってくる。まてまて、iPhoneの調子がちょっと悪いだけだ。再起動してやろう。
再起動し、再々々度Safari起動。
ええっっっ! ホントつながんないっ! なんなんだ??
もしかしたらSafariに問題があるのか?
…と、Twitterを開いてみる…クルクル回っているだけで全く表示しない…。
やっぱりネットにつながっていないっ!!

本気で焦った私は「設定」を調べてみる。
b0050172_22145967.jpg

う〜ん… だいたいの設定はどこも大丈夫だよなぁ。

そこで私は考えた。もしかしてNTTdocomoのSIMでiPhoneを使ってたのがいけなかったのか?まずかったのか?
いやいや、もともとdocomoが言い出したSIMフリーではないか。

それじゃもしかして「3G」がなくなったのか?docomoはそこまで電波環境がよくなったのか?いやいや…なんの発信も報道もなかったではないか…。

どんなに考えてもおかしい…。昨日までは普通に使えてた電波が使えなくなってしまった。なにか善からぬことが起こる前兆か?

いやいや、まてまて… とりあえず落ち着こう…。
タバコを吸ってコーヒー飲んで…そして一息。
そしてもう一度Safariを起動してみる。やっぱりつながらない。
「ページを開けません。iPhoneがインターネットに接続していません。」
やっぱりiPhone側だよなぁ。
もう一度、設定を見てみる… あ、もしかして…
b0050172_22265462.jpg
「設定」→「一般」→「モバイルデータ通信」
ここまでは入って「モバイルデータ通信」のオンと「3Gをオンにする」のオンまでは確認したが、その下の方にある「モバイルデータ通信ネットワーク」(上図)を確認していなかった。
するとやっぱり完全空白状態だ。

「なんだ、ここかぃ!」と、すぐに「mopera.net」をモバイルデータ通信・インターネット共有の「APN」に記入する。
b0050172_22314763.jpg

そしてSafari…
おお〜! 当然だけど、やっとつながったよ〜(嬉)


今回の事例は、なんの予兆もない。前日なにかをやったかというと…思い当たるフシもない。ただ普通にiPhoneを使っており、普通に寝て起きたらこんなことになっていた。
我が家はWi-Fiでつないでいるので、もしかしたら気がつかないうちにヘンなこと(例えばMacへのバックアップなど)をしていたのに、Wi-Fiで普通に使えてたので気づかなかったのかもしれないが、やっぱり思い当たる原因がない。
まぁすぐに解決できたのでそれほどのことではなかったが、いつ何時皆さんの身にも降りかかるか分らない問題である(もちろんdocomoiPhoneを使っている人に限るが…)。
気をつけて頂きたい。そして…

mopera.net

これだけは絶対憶えておいたほうがよい…と思った一日であった。

追 記
 iOSアップデートを行なうと消えます。アップデートが終了したら、APNの設定も忘れないようにしましょう。(iOS 6.1 アップデート:2013.01.29)


注※ この記事に書かれてある「対処法」はSIMフリーiPhoneでdocomoのSIMカードを使用している場合(ネットをmoperaでつなげている)の対処法です。
docomoから正式に販売されてある「iPhone5c・5s」とは違いますので間違いのないようにお願いします。



人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-01-22 22:46 | iPhone | Trackback | Comments(2)

141:AirMacで快適無線LAN♪〜5GHzで快適♪〜

今年の冬は寒いっ!
毎年毎年「寒い寒い」とは言ってはいるが、今年の冬は例年より寒い!関東での大雪をみても、北陸地方の大雪をみても例年より冷え込んでいるのがわかるだろう。
とにかく私は寒いのが嫌いだっ!

さて今回は、無線LAN(AirMac)を快適にする方法を懲りずに紹介しよう。

無線ルータで通常使用している「2.4GHz帯」ではなく「5GHz帯」を使用することで無線LANの環境が快適になるのだ。
そりゃもう体感できるどころの騒ぎではない。つながり難かった時間帯での使用もサクサクである♪

今回適用される機器は「IEEE 802.11n」準拠で2.4GHzと5GHz帯の周波数を使用可能な無線ルータをお持ちの方で、「5GHz帯」をキャッチできるクライアント機器を持っている方に限るのでご了承願いたい。
よくわからない人は、とりあえず無線ルータの説明書を見て「2.4GHzおよび5GHzに対応しています…」みたいなことを書いてあれば出来る可能性がある。もちろん今回も「AirMac」を元に書いていくのでそれ以外の機器をお使いの方は他ブログ等を参照に実施してもらいたい。

以下の説明は「AirMac ユーティリティ6.1」をもって行なう。それ以下のバージョンの場合でも設定可能であるのでチャレンジしてもらいたい。

まず、MacのFinderから「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「AirMacユーティリティ」を起動させる。
b0050172_2130934.jpg
インターネットにつながっているAirMac機器が表示される。2台以上の場合は、大元のAirMacをクリックし、「編集」をクリックする。

b0050172_213743100.jpg
開いたウィンドウで、「ワイヤレス」タブを選択し、下方にある「ワイヤレスオプション…」をクリック。

b0050172_21394442.jpg
最上段左方にあるチェックボックスにチェックし、「5GHz ネットワーク名:」欄に好きなネットワーク名を記入する。わかりにくいとマズいので現在使用中のネットワーク名に「5GHz」を付けた名前がよいだろう…ってか、最初は勝手にその名前になるんだけどね…。
名前が決まったら下右の「保存」をクリック。

b0050172_2145152.jpg
「アップデート」をクリックするとAirMacのアップデートが始まる。再起動を伴うので他機器も影響を受ける。注意しよう。

しばらくするとAirMacユーティリティ画面と本体機器のオレンジ点灯がグリーン点灯に変わり、アップデート成功(完了)となる。
さっそくつなげてみよう。

Macの場合であればメニューバー(一番上)にあるWi-Fiマーク(?)をクリックし、先ほど設定した5GHzのWi-Fiがあるか確認する。
b0050172_22415975.jpg
あった場合はそれをクリックすれば接続完了。パスワードは元のネットワークと同じものを入れてやればよい。
もし、Wi-Fiの中にない場合は設定失敗もしくはパソコン側が対応していないことが考えられる。システム情報等で調べてみよう。また設定したAirMacからの距離が遠すぎて最初は拾えないということも考えられるので近くでやってみるのもいいかも知れない。

他機器の場合もWi-Fi設定から5GHzを探して接続するだけでよい。ちなみにiPhone4Sまでは5GHzに対応していない。iPhone5は対応しているようだ。
最近購入したiPadは対応している。Apple TVも1世代前だが対応していた。
ちょっと古いが初代MacBookが対応していたのが驚きだった。「IEEE 802.11」が「n」ではなく「g」なのに5GHzには対応しているのだ。

2.4GHzと5GHzの違いは「GHz」という単位で分る通り「周波数」の違いであり、速度の大小ではない。
それでは何故快適になったかというと、2.4GHz帯というのは前にもブログで書いたが(126:AirMacをもっと快適にっ!参照)いろいろなWi-Fiが混同しており干渉を引き起こしている。街角の共有無線LANのWi-Fi環境も2.4GHz帯だ。集合住宅でなくともいろいろな機器が混同しており、簡単に言えばいっぱいいっぱいの周波数なのだ。
そこをいくと5GHz帯というのは、まだ使用している人も少ないし、機器も少ない。ということで入場者がガラガラの遊園地みたいなもので、どのアトラクションも乗り放題の遊び放題なわけだ。
そういうことで体感的には速く感じるわけで、決して「速い周波数」などとワケのわからないことは言わないように気をつけよう。

この5GHz帯の使用で一番効果があったのが「Apple TV」だ。
2.4GHzの頃は、映画やYouTubeなどの視聴の際、けっこうダウンロードに時間がかかったり、途中で画像が止まったりしていた。
しかし5GHz帯にした途端、待ち時間がほとんどなくなった。ホントに速度が速くなったように感じる。

せっかく機器的にはこのような機能を備えているのに、使っていないというのはもったいない。それに2.4GHz帯使用の機器が少しでも減れば2.4GHz帯にも余裕が生まれるかもしれない。
もし貴方の無線ルータが5GHz帯を使用できて、スマホなどが対応しているならば、すぐにでも設定してみて欲しい。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-01-20 22:50 | Mac | Trackback | Comments(0)

140:画面サイズの話

世間は正月気分も一掃され、仕事が始まって忙しい日々に追われているだろう皆様、今年もがんばりましょう。

さて、今回は新しいiMacを使っていて「ふと思った」ことをお話しよう。

私が購入した新しいiMacは、画面のサイズが27インチもある。パソコンでいえば相当デカいサイズの部類に属するだろう。

そりゃそうだろう。普通のディスクトップであれば17インチもあれば十分、前に使っていた20インチでもなんの問題もなかった。
それがそれ以上もある27インチになぜ替える必要があったのか…21.5インチでもよかったじゃないか…と思うくらいデカい。
もし分かりづらいと思うのであれば、テレビで試して欲しい。最近の売れ筋でいけば32インチあたりの液晶テレビを50cmくらいの近さから眺めた場合を想像するとよい。
「端の方は首を動かさないと見えないじゃないかっ」
そう、まさにその状態なのだ。

それではなぜ、そんな人間の視野の限界を超えてしまう画面サイズにしたかというと、それにはそれなりの理由があるのだ。

解像度という数値がある。
「800×600」とか「1280×720」、iPhoneであれば「960×640」など。画面を構成する最小の光を発する「粒」の数というべきか。
ようするにこの解像度の数値が高ければ高いほど精密な表現が可能となる。

画像でいえば、800×600の画像より1600×1200の画像の方が大きく表示される。その画像が同じモノが描かれてある場合なら、800×600の「1粒」を1600×1200なら「4粒」で表示できる。
ということは「1粒」では表示できなかった色を「4粒」では表示出来たりするわけだ。
b0050172_1633226.jpg
例えば、800×600ではグレーだった1粒分の表示範囲が1600×1200だと白と黒のチェックだったりするわけだ。

それでは解像度が高ければ高いほど良いかというと、それなりのデメリットがある。
写真などの画像でいえば、解像度が高いとそれだけ表示させる範囲が細かくなるということでデータ容量が大きくなる。これが画像の「サイズ」と思ってもらってよい。
パソコンなどのディスプレイでいえばデータ転送能力(画像などを表示するための能力)に大きく左右される。解像度を上げればそれだけマシンに負荷がかかる。能力が高ければ早く処理できるので表示も早い。これを司るのが「GPU(グラフィックス プロセッシング ユニット)」なのだが、コイツの能力が高くてもその能力を十分発揮させれるマシンのスペックが問題となってくる。
ちなみに画面処理にストレスを感じる場合は解像度を下げてやれば快適になることもある。

モニターにはそれぞれ解像度の限界があり、その最高値を超えた設定はできない。
例えば私が以前にメインで使用していた20インチiMacの解像度は1680×1050であった。これで解像度2000×1200サイズの写真画像を表示させた場合、画像全体を表示させることは不可能である。縮尺を小さくして表示させるか、サイズを下げるかしか方法はない。
しかし、この写真画像を新しいiMac(2560×1440)であれば余裕で表示が可能となる。
また、Webブラウザを起動させて表示する場合、前であれば画面の全部を使って表示させる必要があったが、新しいiMacであれば画面の3/5程度の表示で十分だし、今までスクロールしないと見えなかった下の部分まで表示される。残った2/5の画面にはその他のソフトを表示できるし、なにもなくても壁紙を楽しむこともできる。

そういえば、最近MacBook Proに搭載されている「Retinaディスプレイ」というのは通常の倍の解像度になる。今までの「ひと粒」が「4粒」になっているわけだ。だから画面がキレイ…というか細部にわたって表示が可能となっているのだ。


大画面にすると「マウスカーソルがどこに行ったかわからなくなる」とか「そんな大画面でやることがない」などの不必要という意見もあるが、それは使用者の問題である。現在のモニターで狭いと考えている人は一度大画面を経験するのもいいと思う。
実際、作業領域はほとんど変わらないが、その他のツールソフトを常駐できるし、画像編集にも広い方が作業しやすいし、悪いところはない。強いて言えば場所を取るが、新型のiMacなら最小箇所「5mm」というコンパクトな仕上がりになっているし、前のiMacみたいにディスク出し入れの場所を作る必要もない(スーパードライブがないので…)。


注:上記の文章内で説明不足な部分や誤解を招くような表現がありますが、このブログの趣旨である「初心者向け」ということであまりツッコミを入れないようお願いします。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-01-12 17:13 | Mac | Trackback | Comments(0)

139:iMacがやってきたっ!

あけましておめでとうございます。
b0050172_017528.gif
今年もこの「Macいかがですか?」をよろしくお願いいたします。

さて、予約してすでに1ヶ月経とうかとしていた12月30日、やっとiMac27inが届いた。

2012年モデルなのに危うく2013年になるところだったが、なんとか2012年に間に合った。

まず驚いたのが包装箱の大きさだ。まるで液晶テレビのような大きな箱であったが、中を見てまた驚いた。
デカイのだ。
店頭などに並んでるのを見た時はそれほど大きく感じなかったが、いざ我が家に置いてみると27インチのiMacはとてつもなく大きい。
解像度は2560×1440もあり、まるでテレビである。

それよりなにより驚いたのはその処理速度である。
まっさらの状態というのを差引いてもその速度は体感的に尋常じゃないほどだ。3.4GHzのiCore7の実力というのはびっくりする。加えて8GBのメモリもすごい。1600MHz DDR3の4GBメモリを2枚装着だが、やはり前のiMacの倍のメモリなのでサクサク感はスゴい。
Webブラウジングなぞはノーストレスで快適すぎ。
b0050172_0405355.jpg

今のところ、いいとこ尽くめで悪いところなど皆無である。
まだバンドルソフトやサードバーティソフトを然程使用していないのでまだまだ道の部分もあるが、おいおいその使用感を追記していこうと思う。

しかしやっぱり新型っていいねぇ…(シンミリ)
[PR]

by tadapymac | 2013-01-01 00:43 | Mac | Trackback | Comments(3)