<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

150:最近思ふこと…

テレビを観ていたりWebサイトを見ていると、たまに目にする「健康器具」やら「運動器具」。

国内販売台数300万台突破っ!

マジで?

いやいや…たぶん本当に買っている人がいるのだろう。

だいたいの商品の謳い文句は
「手軽にできる」
「テレビを見ながらできる」
「場所をとらない」
というのが多い。

しかし、こんなCMを見ていつも思うことがある…。

問題はそこではないっ!

例えば、最近肉付のよくなって体型が崩れだした中年女性がいたとしよう。
その人はなぜそうなったのか?
「時間がなかったから」そうなったのか?
「テレビを見なければならなかったから」そうなったのか?
「家が狭かったから」そうなったのか?

いやいや…理由はただひとつ。

ただの怠慢なのだっ!

時間はつくろうと思えば、運動する時間くらいつくれる。
だいたいテレビを見る時間があるなら外を散歩やジョギングなんかをする時間が存在するではないか!
手軽に運動しようとするなら器具を使わない運動の方がよっぽど「手軽」ではないかっ!

こういう類いの商品を売りつける商法ってのは問題をすり替えている。
それに自分の怠慢を棚に上げてこのような商品に救いを求めること自体

御門違い

なのである。

健康器具や運動器具っていうのは「補助的」なものであって、決してそれがあるから「こうなる」というものではない。
健康や体型を維持している人は基本的にそのような器具に頼っているわけでもないし、それがあるからそうなっているわけでもない。

自分の努力の賜物なわけである。

皆が皆そういう人ばかりではないと思うが、流行りの器具に飛びつく人々は大方そういう人だろうと推測する。
そしてその器具は1ヶ月もすると押入れの肥になっているのである。

こういう結果になることは分っていながらも新しい商品が出ると購入する人たちっていったいどうなんだろう…。

それでもこういう商品を買いまくる人がいるということは、社会的には「物」の流通と「貨幣」の流通に一役かっているという利点も存在するので、まったく悪いワケでもないんだろうねぇ…。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-07-27 18:06 | Addition | Trackback | Comments(0)

149:iPod しゃっほぅ♪

思えば凄まじい進化だと思う…。

いやいや江戸時代や昭和初期から比べると何でもかんでもすべてが凄まじい進化になるのだけど、そういう話ではない。
なんのことかというと「音楽を携帯する」ということがだ。

私が小学生の頃に脳天直撃の衝撃を受けたのが「WALKMAN」である。
b0050172_2244414.jpg
それまでは音楽とは基本的に屋内で聴くものであり、外といってもラジカセを持って大音量でみんなで聴く…というのが当たり前だった。
それが「WALKMAN」の登場で「音楽は持ち運べる」というスタイルが定着したのだ。

それから数十年、いろいろな記録メディアが出たが、現在のiPod等にみられる「音楽ファイル」として躍り出たのが「MP3」である。
b0050172_22474047.jpg
パソコンで音楽を聴くためにアレやコレやと苦心してWAVファイルやMPEGファイルを溜め込んでも、そのファイルの重さたるや、当時のパソコンのハードディスクを圧迫し過ぎるほどであった。
そこに現れたのが圧縮ファイル形式「MP3」である。

ファイルが軽くなると人は持ち運びたくなる。MP3プレーヤーの登場だ。
b0050172_22571933.jpg
(写真はイメージです)
私が「今からはこのパソコンのファイルで音楽を聴くのが主流になるっ!」と思ったのはこの頃である。
そして当時¥20,000ほどする小さな「MP3プレーヤー」を購入した。マッチ箱ほどの大きさで単4電池で動くヤツで、当時のMP3プレーヤーでは一番安かった。
そのスペックたるや… 内蔵メモリ32MB、メモリスロットでSDカード(認識最大32MB)、合計で24MBである。MP3ファイルを普通に聴ける程度に圧縮すると1曲当たり4MBくらい。単純に計算しても16曲、だいたいCD一枚分くらいか…。それじゃ32MBのSDカードをたくさん用意するとよい…という考えに行き着くだろう。しかし、当時32MBのSDが¥3,000くらいしていたのだ。冗談ではない。ホントの話だ。32GBではないぞ。メガバイトだ。
しかし当時はまだまだ「MDプレーヤー」が主流の頃だったから、そんなちっこい携帯音楽プレーヤーを持っている者は珍しく、優越感はひとしおだったのを覚えている。
b0050172_2312835.jpg



それがだいたい10年ほど前の話である。
それがどうだ。iPodをはじめとする最近の音楽メディアプレーヤーの能力はビックリする。

今、私の目の前には「iPod shuffle」が充電中だ。
b0050172_2326525.jpg
この小さな…どうかすると失くしてしまいそうな小さな機体の中に音楽が800曲近く入るのだ。値段も¥4,800というリーズナブルなお値段。
そりゃあもう途方もない時間をかけて一生懸命にMP3に変換してむちゃくちゃ遅い転送速度でメモリに書込んでいた10年前がバカみたいに思えるくらい簡単に曲を入れることができるし、なんなら曲やアーティストの紹介までしてくれる。
再生時間も一日中聴いていても充電切れの心配のないほどの長時間が可能なのだ。

このiPod shuffleで好きな音楽を聴きながらジョギングするのが最近の趣味になっている。正味1時間程度のジョギングなのでまるまる一週間は充電しなくとも大丈夫。とても重宝する音楽プレーヤーだ。
しみじみと10数年前からの進化のスゴさを実感している…。

でも、あの頃の苦労があるから今の機器のスゴさや有り難味がわかる気がするんだけどね。

コレから先の10年は、どんなビックリに出会うのだろう。
10年先はまだ生きている予定なので、今から楽しみな今日この頃である。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-07-16 23:30 | Mac | Trackback | Comments(0)