<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

154:iPhoneの「困った!」と「こりゃ便利っ」

暑い…こんな暑かったっけ…夏って…

さて、iPhoneをお使いのみなさんは以下のような症状の経験はないだろうか?

「わっ!Safariのブックマークが消えちゃったっ!!」

昨日まで…いや、ついさっきまでキチンとあったブックマークがデフォルトに戻ってしまっているという経験だ。
b0050172_2313187.jpg
いわゆる上画面のように、買ったばかり(もしくは出荷時に戻した状態)のSafariのブックマーク画面だ。

さてさてこれはどうしたものか…
慌ててMacのSafariブックマークと同期させたり、また最初からブックマークし直したり…

ってそんな必要はない。

私の予想では、SafariのブックマークはiCloud経由でiPhoneのブックマークとMacのブックマークを同期させる機能を有しており、設定によってはドチラかのブックマークに変更があった場合に同期するという、「連絡先」と「アドレスブック」を同期させるのと同じ機能がある。この機能があるからかどうかはわからないが、iPhoneのSafariを起動させた時に「読み込み」が起きているものと思う。その時になにかの拍子(例えば起動途中に呼出したとか)にバグが起きてこのような症状が起こるのだと思う。もちろん私の予想なので間違っていたらすみません。

とにかくこのような状態になったからといって「ブックマーク」が消えたわけではない。

その対処法を紹介する。
まずSafari画面からホーム画面に戻る。
そしてホームボタンをダブルタップ(2回押し)する。
画面下に起動中のアプリアイコンが現れるので、そのアイコン(どれでもよし)を長押しする。
b0050172_23144114.jpg
上画面になったら、赤いマイナスマークを押してSafariを完全に「終了」する。
そしてホーム画面に戻り(ホームボタンを押すか上部分の画面をタップ)、Safariを再度起動させる。このときは努めて起動画面読込み(最後にアクセスしたWebサイト)が完全に終るまで待った方がよい。
b0050172_23174746.jpg
そしてブックマークの呼出しをすると、キチンと今まで通りのブックマークが表示されるはずだ。

根本的な解決になっているかどうかは別として、とりあえずブックマークが消えるという「困った」には対処できるので覚えておいて損はないと思う。

それでもブックマークが戻らない方は、しょうがないので組み直すしかないだろう。こうならないためにもiCloudに「ブックマーク」を記憶させておくのも対策としては良いだろう。


続いてiPhoneの「便利技」の紹介。

これを読んでいる人はほとんど日本の方だと思うので常時「英数キーボード」を使っている人は少ないだろう。しかし、必ず英数キーボードを使う機会がある。
そう、パスワード入力の時だ。
パスワードが「ひらがな」とか「カタカナ」「漢字」を使って入力するサイトを私は知らない。もしあったとしても非常に稀であろう。

さて、パスワード入力時は入力キーボード自体が英数キーボードとなるわけだが、その際、アルファベットと数字の組み合わせで設定している人がほとんどだと思うが、やっぱりアルファベットの間に数字とかの組み合わせが多いのではないだろうか。
その時、アルファベットから数字に移行する際、いちいち「123」キーで数字入力画面に切り替える必要があるように思えるのだが、実はもっと簡単にかつスビーディに入力できるのだ。

例えば下画面のように「abcd」を打込んだあと
b0050172_2355442.jpg
「123」キーをタップして画面が切り替わったら、指を離さず入力する数字まで指をスライドさせる。
b0050172_2357201.jpg
例えば「5」を入力するなら「5」まで指をスライドさせ、数字が大きく表示されたら指を離す。
すると「abcd5」が入力され、なおかつキーボード画面はアルファベットに戻る。
b0050172_23383042.jpg
そして次の「…efg」を入力すればアルファベット入力画面に戻るための「ABC」キーをタップする作業を割愛できるのである。

数字をたくさん入力する際にはあまり使えないが、「アルファベットの間に一文字だけ数字」とかの際には使える技である。もちろん「数字」から「アルファベット」も可能だ。
しかし残念ながら日本語入力キーボードや絵文字入力キーボードではできない。

まぁ、たった1回のタップ回数を減らすだけの超小技ではあるが、試して「フフっ♪」と微笑んでもらえたら本望である。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-08-19 00:09 | iPhone | Trackback | Comments(0)

153:泣けました(号泣)

またまたMacやiPhone関連でなくて申し訳ない。

また映画ネタである。「JSA」という韓国映画だ。

感想を申し上げると   感動したっ!

パッケージ画像から見ると戦闘シーンに男女関係が絡み合うありきたりの話かと思って、別に興味もなかったのだが「ちょっと時間つぶしに」と思い、今回観てみた。

内容は、是非みなさんに観てもらいたいので伏せておくが、本当に心に響く、とても感動的な映画である。若い頃のイ・ビョンホンも見所かもしれない。

朝鮮半島が統一国家を持った歴史は少ない。同じ民族でありながら、ほとんどの時代で民族間の争いをしてきている(というよりせざるを得なかった)。その最大の内戦と呼べるのが朝鮮戦争であり、現在の状態である。
常に大国の影響をモロに受け、その国家に自国を委ねるしかないのである。中国であり、ロシア(ソ連)であり、アメリカである。また先の大戦前の、我が国の占領統治もその原因のひとつとなっていることも忘れてはならない。

そのようなことをいろいろと考えると、とても涙なしでは観れない…そんな名作であった。
シルミドも良かったが、このJSAは違う視点で見る「南北の悲劇」を描いた映画だ。

ちなみにJSAとは「JOINT SECURITY AREA」の略で「共同警備区域」のこと。
ネタばれはここまでっ!(ってわからんわな…)

みなさん、よかったら(っていうか是非)観てみてください。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-08-17 16:01 | Addition | Trackback | Comments(0)

152:映画鑑賞

今回は映画の感想について。

毎回、観た映画で「感動したもの」や「面白かったもの」を紹介しているが、やっぱりプチ映画評論家(?)としては「面白くないもの」も紹介すべきだろう。
っていうか、今回は書かずにはいられないほどの映画なのだ。

題名は「エイリアンvsニンジャ」ってやつ。確か2010くらいに作られた映画だ。


題名と予告などを見た限りでは「ハリウッド」用に日活が作ったSUSHI TYPHOONってトコが作ったそうで、そりゃもう壮大なスケールで描かれる壮絶なアクションシーン満載の映画…というコトだった。
というわけで、私もHuluにアップされたというのでワクワクしながら観てみた。

感想は…「フフフ♪」…である。

面白いとかという次元ではなく、これを真面目に作ったのなら大変ビックリである。
いや、もしかしたらホントに真面目に作られたのならお詫び申し上げる。

まず全体的な感想から。
「子ども向けの戦隊モノかぁ!!」
と言いたくなるよなアクションシーン。つまり子どもが喜びそうなチャンバラなのだ。
ストーリーも単純すぎて微笑ましいくらいである。

始めはいい…。確かに、冒頭のシーンはなかなか見応えありそうな期待のもてる…そんな作りなのでいい。
エイリアンが出てくる(まだ姿を現す前)頃までもなんとか我慢して観れる。だって人間じゃないんだから凄まじいスピードと残虐性は当たり前だしね。

ところがエイリアンの姿が画面に出た途端、この映画は3流以下になってしまう。エイリアンがチャチ過ぎるのだ。制作費の問題もあったのだろうが、どうしても特撮モノに出てくる怪獣にしか見えない。この後、ニンジャが変身して仮面ライダーにでもなるんじゃないか…と思ったくらい…。

そしてその話の内容も「戦隊モノ」に近くなってきて、こっちが恥ずかしくなるくらいの内容になってくる。

【内容バレ:閲覧注意】
始めは、鍛え上げたニンジャ集団でも全く歯が立たなかったエイリアンに、2回目の戦闘では然程目新しい武器もないのにたった3人で対抗できてしまう。
とんでもない怪力のはずのエイリアンに女の子(くノ一ですが)のチカラでも対抗できてしまう。
人のカラダに侵入する小さなエイリアン(子ども?本体?)がどう贔屓目に見ても「ゴム製おもちゃ」。
そして最後の戦闘シーン…。エイリアンが刀を持って戦ったり、拳銃を使ったり、そしてニンジャの決め技がヘッドロックと噛みつき(プロレスかっ)、果ては羽が生えて空飛ぶシーンの空中戦ではウルトラマンかと思うくらいチョップやヘッドロックでエイリアンをやっつける…。
そしてイヤラしいのが最後に小さなエイリアンを生き残らせて「第2弾」の布石をつくっているところ…。


お金がないならもうちょっとCGでなんとかするとかなかったのかな…。それともすべてが「狙い」だったのかな…。

とにかく、殺戮シーンはグロいので「子ども向け」ではないはず。ではドコの年代をターゲットにしたのだろうか…。もしかして学生かなんかが自主制作した映画なのでは?(この時点ではまさか日活が作ったとは思いもしなかった)
そんなことばかりを考えさせられて、とても哲学的な映画じゃないかぁ…といろいろな思いが過る…。

これを作った監督さんの本当の意図がよくわからない…ある意味とても深い映画なのかもしれない…しれないけど…一般的には、たぶん「面白くない映画」だと思う…

まぁ、確かに「ALIEN vs PREDATOR」とかと同じようなつもりで観た私にも浅はかな部分はあったにせよ…

もうちょっと真面目にやろうよ…

さてさて、お口直しに洋画でも観よっと…。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-08-13 15:05 | Addition | Trackback | Comments(0)

151:フリックで落ちる

猛暑だ…酷暑だ…
なんて暑さなんだろうか…ほんとに太陽ってのはすごい。あんなに遠くにあるのに地球をこんなに暑くするのだから。
なんとか地軸がまっすぐならないものだろうか。


さてさて、今回はちょっと困ったときのヘルプ技。

私のiPhoneはすこぶる調子がいいのだが、嫁のiPhoneで不具合が出た。
日本語入力(ひらがな変換)をしようとするとアプリが落ちるのだ。
b0050172_21335470.jpg
最初はただのメモリ不足だと思い、再起動したりバックグラウンドのアプリを消してみたりしたが、全く効果なし。
キーボード設定がおかしくなったのかな?と思い、ひらがな入力キーボードを消して再度設定したりしてみたが、これまた全く効果なし。

とりあえずローマ字入力は問題なく入力可能だったのでその日はそれで我慢してもらい、時間がある時に初期化してみようと思っていた。

しかし、もしかして同じような症状が出た人がいるかもしれない。検索してみた。

やっぱりあった。

その人の症状はひらがなの「ふ」を入れようとするとアプリが落ちる症状だったようだが、その対策処置法を見てみた。

そして早速、その夜に嫁のiPhoneで試してみた。

直った。

嫁はすごく喜び、私を「天才」呼ばわりしていたので「検索で調べました」とは言い難かったし、ちょっと気分もよかったので私の手柄ということにしておいた。

では早速その処置法を説明しよう。


b0050172_21434756.jpg
「設定」の一番下にある「リセット」をタップする。

b0050172_21441767.jpg
「キーボードの変換学習をリセット」をタップ、以上で終り。


この症状の原因は、日本語入力変換時にiPhoneが学習するその過程でバグが発生しているようで、文字をフリック(もしくはタップ)したときの変換候補を表示する際にアプリが落ちてしまう。

つまり、この変換候補となるべくiPhoneが学習した単語を「リセット」してやることでバグを取り除くことができるというわけだ。

文字をたくさん打つことの多い人は同じようなバグが起こる可能性がある。
憶えておいて損はない技である。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2013-08-03 22:00 | iPhone | Trackback | Comments(0)