<   2015年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

175:Macなソフト(Chromeリモートディスクトップ)

あけおめ。ことよろ。
b0050172_1494619.jpg

さて、2015年もめでたく明けたということで、すでに忙しい毎日を送っている今日この頃…

そんな中、私は、また、新しいソフトを、見つけたよ…
(勇者ヨシヒコのメレブ調で…)

b0050172_1212198.jpg
Chromeリモートディスクトップというソフトだ。
名前の通り、パソコンを他のパソコンやモバイル機器などから操作ができるソフトである。

この手のソフトはこれまでも何回か紹介したが、今回のChromeリモートディスクトップは操作がスムーズで無料ときている。
個人的にはとても使い勝手がよかった「LogMeIn」に近い。LogMeInは好きだったが、無料で使えるのが1年間しかなく、有料となると毎年の使用料がビックリするくらい高い。「もうこれがないと毎日の生活ができないんですよ」みたいな利用ならば払ってもよいが、使う頻度と料金が釣り合わない。
泣く泣く私は他の無料ソフトでしのいでいたのだが、これがMacとの相性が悪すぎる。
そんな中、たまたま見つけたのがこの「Chromeリモートディスクトップ」なのだ。

安全性はGoogleを信用すれば悪用の危険はなさそうが、詳しくは他Webサイトを参照して頂くとして、ここでは簡単にその導入方法と使用感を紹介する。

前提条件としてMacに「Google Chrome」というWebブラウザが必要となるので、Googleサイトからダウンロードしよう。
b0050172_12312717.jpg
もちろんGoogleへの登録も必須となるのでアカウントを取得する。

b0050172_1235035.jpg
Google Chromeを起動させて、Chromeインターフェイス右上にある「Google Chromeの設定」をクリックする。

b0050172_12354363.jpg
「その他のツール」から「拡張機能」をクリック。Chromeリモートディスクトップを検索して追加(インストール)すればよい。

これ以降はガイダンスに従っていけば大丈夫、この私ができたのだから。

ただひとつ「??」と思うところがあるので注意。
b0050172_12392081.jpg
上画面になったところで「どっち?」と思うのだが、これは下の「マイパソコン」の「利用を開始」をクリックする。

b0050172_13192697.jpg
あと、上画面の「PINの設定」だが、6桁以上の「数字」を入力する。パスワードみたいなもんだが、数字だけなのでくれぐれもアルファベットを入れないように注意。



さて、Mac側の設定が終わると、次にiPhone側の設定となる。
iPhone側にも新たにアプリをインストールする必要がある。
b0050172_13134564.jpg
App Storeから「chrome remote desktop」とでも入力検索すると出てくると思う。

インストールして起動させると

ログイン

と、なんともまぁ簡単質素な画面が現れるのでタップしてしまおう。

その後はガイダンスに従って進む…いや、なんの、私ができたのだから大丈夫!

b0050172_13165486.jpg
ちなみに上画面でのPIN入力はMac側で設定した6桁以上の数字を入力する。まぁ、パスワード認証みたいなもんである。

無事完了するとMacとiPhoneが同じ画面となり、iPhoneからMac画面の操作が可能となる。
b0050172_1348836.jpg
操作はいたって簡単。
マウスカーソルを指でなぞって動かし、クリックはタップすればOK。
画面上部のマウスアイコンをタップして「灰色(選択しない状態?)」にすればiOSインターフェイスのごとく操作も可能だ。
キーボード操作は同じく上部のキーボードアイコンで出現する。

使用感は、とても快適。
TeamViewerのように細かな設定などはできないが、その分簡単接続、簡単操作となっている。

このChrome リモートデスクトップの一番いいところが、ソフトを立ち上げていなくとも接続が可能なところだ。
Google Chromeさえ起動させておく必要もなく、常時バックグラウンドで立ち上げおくソフトもない。その分セキュリティが心配な部分もあるが、前述したようにGoogleが管理するのでGoogleがしっかりしていれば特に問題ないようだ。
まぁ私の場合、情報漏洩して困るような情報も持っていないのでまったく心配していないのだが…。

ちなみに「マイパソコン」の名前がアドレス表示でかっこ悪いと思う場合は変更することができる。
b0050172_1411393.jpg
Mac側のGoogle Chromeの上画面で「リモート接続を無効にする」の左側にマウスポインターを持っていくと鉛筆マークが出る。
それをクリックすると名前の変更が可能になる。
b0050172_1421853.jpg
上図のようにイカした名前に変更すると…

b0050172_143113.jpg
iPhone側の表示が同じ名前となり、接続も楽しく(?)なる。


このChromeリモートディスクトップについてはWebサイト等でいろいろと解説説明されているのでソチラも参照すると、インストールも簡単だと思う。

久しぶりにヒットなソフトに巡り合ったので、いてもたってもおられず、今回紹介した次第である。
くれぐれもセキュリティには気をつけて自己責任の上利用していただきたい。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

by tadapymac | 2015-01-14 12:46 | Mac | Trackback | Comments(0)