175:Macなソフト(Chromeリモートディスクトップ)

あけおめ。ことよろ。
b0050172_1494619.jpg

さて、2015年もめでたく明けたということで、すでに忙しい毎日を送っている今日この頃…

そんな中、私は、また、新しいソフトを、見つけたよ…
(勇者ヨシヒコのメレブ調で…)

b0050172_1212198.jpg
Chromeリモートディスクトップというソフトだ。
名前の通り、パソコンを他のパソコンやモバイル機器などから操作ができるソフトである。

この手のソフトはこれまでも何回か紹介したが、今回のChromeリモートディスクトップは操作がスムーズで無料ときている。
個人的にはとても使い勝手がよかった「LogMeIn」に近い。LogMeInは好きだったが、無料で使えるのが1年間しかなく、有料となると毎年の使用料がビックリするくらい高い。「もうこれがないと毎日の生活ができないんですよ」みたいな利用ならば払ってもよいが、使う頻度と料金が釣り合わない。
泣く泣く私は他の無料ソフトでしのいでいたのだが、これがMacとの相性が悪すぎる。
そんな中、たまたま見つけたのがこの「Chromeリモートディスクトップ」なのだ。

安全性はGoogleを信用すれば悪用の危険はなさそうが、詳しくは他Webサイトを参照して頂くとして、ここでは簡単にその導入方法と使用感を紹介する。

前提条件としてMacに「Google Chrome」というWebブラウザが必要となるので、Googleサイトからダウンロードしよう。
b0050172_12312717.jpg
もちろんGoogleへの登録も必須となるのでアカウントを取得する。

b0050172_1235035.jpg
Google Chromeを起動させて、Chromeインターフェイス右上にある「Google Chromeの設定」をクリックする。

b0050172_12354363.jpg
「その他のツール」から「拡張機能」をクリック。Chromeリモートディスクトップを検索して追加(インストール)すればよい。

これ以降はガイダンスに従っていけば大丈夫、この私ができたのだから。

ただひとつ「??」と思うところがあるので注意。
b0050172_12392081.jpg
上画面になったところで「どっち?」と思うのだが、これは下の「マイパソコン」の「利用を開始」をクリックする。

b0050172_13192697.jpg
あと、上画面の「PINの設定」だが、6桁以上の「数字」を入力する。パスワードみたいなもんだが、数字だけなのでくれぐれもアルファベットを入れないように注意。



さて、Mac側の設定が終わると、次にiPhone側の設定となる。
iPhone側にも新たにアプリをインストールする必要がある。
b0050172_13134564.jpg
App Storeから「chrome remote desktop」とでも入力検索すると出てくると思う。

インストールして起動させると

ログイン

と、なんともまぁ簡単質素な画面が現れるのでタップしてしまおう。

その後はガイダンスに従って進む…いや、なんの、私ができたのだから大丈夫!

b0050172_13165486.jpg
ちなみに上画面でのPIN入力はMac側で設定した6桁以上の数字を入力する。まぁ、パスワード認証みたいなもんである。

無事完了するとMacとiPhoneが同じ画面となり、iPhoneからMac画面の操作が可能となる。
b0050172_1348836.jpg
操作はいたって簡単。
マウスカーソルを指でなぞって動かし、クリックはタップすればOK。
画面上部のマウスアイコンをタップして「灰色(選択しない状態?)」にすればiOSインターフェイスのごとく操作も可能だ。
キーボード操作は同じく上部のキーボードアイコンで出現する。

使用感は、とても快適。
TeamViewerのように細かな設定などはできないが、その分簡単接続、簡単操作となっている。

このChrome リモートデスクトップの一番いいところが、ソフトを立ち上げていなくとも接続が可能なところだ。
Google Chromeさえ起動させておく必要もなく、常時バックグラウンドで立ち上げおくソフトもない。その分セキュリティが心配な部分もあるが、前述したようにGoogleが管理するのでGoogleがしっかりしていれば特に問題ないようだ。
まぁ私の場合、情報漏洩して困るような情報も持っていないのでまったく心配していないのだが…。

ちなみに「マイパソコン」の名前がアドレス表示でかっこ悪いと思う場合は変更することができる。
b0050172_1411393.jpg
Mac側のGoogle Chromeの上画面で「リモート接続を無効にする」の左側にマウスポインターを持っていくと鉛筆マークが出る。
それをクリックすると名前の変更が可能になる。
b0050172_1421853.jpg
上図のようにイカした名前に変更すると…

b0050172_143113.jpg
iPhone側の表示が同じ名前となり、接続も楽しく(?)なる。


このChromeリモートディスクトップについてはWebサイト等でいろいろと解説説明されているのでソチラも参照すると、インストールも簡単だと思う。

久しぶりにヒットなソフトに巡り合ったので、いてもたってもおられず、今回紹介した次第である。
くれぐれもセキュリティには気をつけて自己責任の上利用していただきたい。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

# by tadapymac | 2015-01-14 12:46 | Mac | Trackback | Comments(0)

174:フィッシングメール

突然こんなメールが届いた…
b0050172_11373522.jpg

英語で書かれた内容…
よくわからないが、駐車違反の請求書のようだ。
私は駐車場の料金を支払わなかったらしい。
その場所は…

「San Jose(サンノゼ)」??


b0050172_12115466.jpg

アメリカ合衆国はカリフォルニア州にある都市のサンノゼ…
いつ行ったんだろう?
先週の休みに遠出はしたけど…
ってか、車で行けるようなところではない。
船に積んで行った記憶もないし…
メール内容では「登録車」ということで判明したらしいので車で行ったようだ。
熊本ナンバーの私の車を調べ上げたようなのだ。
はっ!
もしかしたら日本国内にあるのか?サンノゼ?


…といったようにこんな「すぐにわかる」フィッシングメールなら

ジョーク

で済む。

が、これがアメリカ合衆国に住む人なら「もしかして?」と思う人があるかもしれない。
フィッシングメールは「送った全ての人」がひっかかる必要はなく、1000人いや10000人中1人でもひっかかれば「OK」なのである。
なんせ「元手」はタダなのだから…

そんなこんなで国内国外問わずメールを「ばらまく」このようなフィッシングメール、ひっかかることのないように気をつけましょう…

でもまぁ…こんなのに今日日ひっかかる人は皆無だと思うが、なんとなく面白かったので紹介した次第である…。

人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

# by tadapymac | 2014-12-30 12:14 | Addition | Trackback | Comments(0)

173:一枚の写真

寒さが本格的になってきた。寒い…

さて今回は「一枚の写真」

題名『バスの車内』

b0050172_19405332.jpg

この車内はけっして電車とかではない。熊本市営バスの車内なのだ。
熊本に来るとこんなレトロで素敵なバスに乗ることができるのだ。

熊本にくるモン♪

…まぁ、私はくまモンでも熊本の観光大使でもなんでもないのでこんなことをする義理はないのだが…


〜勝手につぶやき〜

今オレがやってる仕事…これってお前らの仕事だろうがっ


さて、私の密やかな楽しみのひとつでもあるネットでのアンケートで面白い設問があった。

b0050172_19444454.jpg


ムース、クマまたはエルクを狩猟しましたか?

ムースってなんだろう?エルクってなんだろう?
ってか、 狩猟しないし…

カニ捕獲用のかごをお持ちですか?

漁師でもない限り持っていないと思います…


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

# by tadapymac | 2014-12-06 19:47 | 一枚の写真 | Trackback | Comments(0)

172:iOS 8.1.1

もういい加減アップデートしよう…

b0050172_21114884.jpg

そう考えたのは7.1.2のままのiPhoneの「設定」についた赤い①が鬱陶しいとか、iTunesにつなげる度にアップデートを促すダイアログにイラつくとかの理由ではない。

ただ単に「そろそろいいかな?」と思っただけだ。

まぁ、ミーハーみたくiOS 8.0.0が出た途端にアップデートしたおかげで「iPhoneがトテツもなく遅くなってしまう」という状態を体感したため、急ぎ7.1.2に戻したのだが、それからしばらくして「もう7.xには戻れない」ということになり、8.xにアップデートするのにある種の「恐怖感」さえ感じていたから、けっこう悩んだりしたのだが…。

でも「8.0.2」から「8.1.1」のバージョンアップということは

かなり修正されたんじゃないかな?

と思ったわけだ。


そういうことで思いきってアップデートしてみた。

結論から申し上げると…

iOS 7.1.2と比べると少し「ひっかかり」感というか、ちょっと「モッサリ」感がある。

しかしiOS 8.0.0でのあのイライラ感は然程でもない。

スムーズ感は7.1.2よりは劣るが、それでも気にならない程度…というより我慢出来る程度と言っておこうか。

しかし、せっかくMacをYosemiteにアップデートしたので早くiPhoneもアップデートしたかったのも事実だ。

連携は確かに抜群によい。
電話にMacで出れたりかけれたり、MacからSMSを送れたり、これがなかなか便利で良い。

できればもうちょっとスムーズに動いてくれればよいのだが、それはこれからのアップデートに期待しよう。

もし、まだiOS 7.xで頑張っている人には

「もう8.xにアップデートしても大丈夫ですよ〜」

とアドバイスする。

もちろんアップデートしてしまうと「7.x」には戻れないのでよくよく考えて実施してもらいたい。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

# by tadapymac | 2014-11-21 21:31 | iPhone | Trackback | Comments(0)

171:MacOSX Yosemite

かなり悩んだ挙句…

Yosemiteにアップグレードしたっ!

結果から申し上げると… 快適っす♪

まず、アップグレードにかかる費用は一切なし。無料である。
次にアップグレードに要する時間。これはネット環境によるので一概に言えない部分ではあるが、思いの外早く終わる気がする。

手順はとても簡単。
b0050172_1343770.jpg

App Storeを起動すると一番目立つところに「OS X Yosemite」のバナーがあるので、それをクリックしてみよう。
上画像の「ダウンロード」をクリックするとダウンロードが始まる。
ただ、この際ステータスバーなどのダウンロード率を表わす表示がないので、心配性の方は「アップデート」からダウンロードするとよいだろう。
b0050172_13102922.jpg

ダウンロードが終わると自動的にアップデート画面に移行する。
b0050172_13194675.jpg

あとはガイダンスに基づいて続けていけば完了する。
最後に再起動して終了、めでたく「Yosemite」にアップグレードできたわけだ。

それでは今までの使用感をお伝えしよう。
私は一般的な使用用途(webブラウジング、ゲーム、ちょっとした画像処理や動画処理など)なので、いわゆる「ヘビーユーザー」と呼ばれる方の参考にはならないが、私くらいの「ライトユーザー」には参考になると思うので…アシカアズ…

まずインターフェース。
アイコンやウィンドウ操作の丸いボッチがフラットデザインになっている。
b0050172_13342311.jpg
かなり「iOS」を意識した作りになっている。 …知ってたけど…
各アプリケーションのインターフェースもフラットデザインになっており、少し安っぽくみえないでもないが、特に使いづらいということはない。

各アプリケーションのレスポンスがちょっといい感じだ。
立ち上がりとクリックした後の反応が気持ちいいくらい素早い。インストールしたてということもあるかもしれないが、とにかく使ってて気持ち良い。

特に特筆すべきは「Safari」の高速化だ。
b0050172_13352149.jpg
これもインストールしたてということを差し引いても速い。
webサイト側の速度低下(多アクセスなどによる)はどうしようもないが、レタリング能力が高くなった気がする。とにかく今度のSafariは「速い!」のだ。

新機能の面では…
あまりにもiOSデバイスとの共有と連携が特化しているのでiPhoneなど側を「iOS 8」にアップグレードしないと恩恵はあまりないようだが、前回に書いたとおり私はまだ「iOS 7」のままなので立証できずにいる…そろそろアップグレードしようかな?
あ、すぐにわかる新機能としてはSafariからいろんな検索が可能になっている。いろいろやってみると面白いかもしれない。
あと「Finder」のサイドバーに「iCloud Drive」が追加されており、iCloudのデータに素早くアクセスできるようになっている。まぁこれもiOSデバイスとの連携ではあるが…。
b0050172_1410526.jpg


ちなみにこのYosemiteであるが、WWDCなどでもバージョン発表がなかったのだが、インストール後の「このMacについて」を見ると…
b0050172_13434946.jpg
上画像のように「バージョン10.10」と書いてあった。

ヘビーユーザー、特にデザイン系のお仕事でMacをお使いの方は、いろいろと不具合もあるようなので、もう少しアップグレードは待ってもいいと思うが、私くらいのライトユーザーはすぐにアップグレードでも問題ないと思う。
ちなみに上画像にもあるように当方のマシンスペックは…
iMac(27inch, Late2012)
プロセッサ 3.4GHz Intel Core i7
メモリ 16GB
である。参考までに。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

# by tadapymac | 2014-10-19 14:12 | Mac | Trackback | Comments(0)

170:iOS8へアップデートする前にっ!

iPhone使いの人で 5sや5c(それ以前)を使用している人に忠告!

 iOS 8へのアップデートはちょっと待てぃ!!

b0050172_21205129.jpg


実は私、iOS 8 のアップデータが公開されたすぐにアップデートを行った。
(使用iPhoneは「5s」)
さてさて新しいiOSは如何なものか…と使ってみたら…

なんか…動作がもっさりしてるぞ…

いや…Safariなんてとんでもなく遅いぞ…

その他のアプリも然ることながら、とにかくネットのつながりが遅い。
しばらくは我慢して使っていたが、どう考えても遅い。

前にも書いたが、ソフトやネットの遅い動作ってのは「時間」を無駄に使っているようで、とても不愉快になる。
それが電波の弱い地域限定とかなら我慢もできるが、ハード的な不具合の場合はストレスを感じてしまう。
ネットに飛び交うユーザー達は「Wi-Fi接続時に遅い」とか言っていたが、私の場合はどのネット環境でも「遅い!」のである。

Windowsを使っている人は経験あるかと思うが、「xp」から「Vista」にOSが変わった時、新しい未来のOSにユーザーは歓喜した。
しかし、その結果は「世界中でもっとも複雑で、世界一遅いOS」と評された。
そのときWindowsユーザーはどうしたか?
そう、「xp」に帰ったのだ。

ということで「iOS 8」にアップデートしてみたが、あまりに不甲斐ないので「iOS 7」にダウングレードした。

b0050172_21195127.jpg

結果から先に言おう…

  かなり快適♪
やっぱりネットはサクサクでないとね☆


さて、現在「iOS 8.0.x」にアップデートしちゃってる人は…
残念ながら「iOS 7.x.x」には戻ることができない。
ダウングレードできたのは「2014.9.27」をまわった頃までだったようだ。

方法はここに書いてもなんの解決にもならないので、他のサイトを参照していただくとして、今現在iPhone 5s(c)以前の利用者で、まだアップデートしていない人はそのままでいた方がよい。

基本的にiOS 8はiOS 7との変更点はほとんどない。
インターフェースの変更点は多々あるけどもメリットはかなり少ない。

ということでアップデートはもう少しiOS 8が安定してからでも遅くはない。
個人的にはMacOSX「Yosemite」との連携ブレーが目玉のようなので、これが出てからくらいがちょうど良い時期なのかもしれない。


最後に…
あくまでこれは個人的な意見なので、もしかしたら「iOS 8」にアップデートした方がよかった…なんて意見もあるかもしれない。
いずれはアップデートしなくちゃいけないわけだから、いつまでも「iOS 7」のままってわけにもいかないのだけれども、現時点ではあまりオススメではないということだ。
とにかくアップデートする前によくよく考えて行って欲しい。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

# by tadapymac | 2014-09-29 21:24 | iPhone | Trackback | Comments(0)

169:新しい企画です

今回から新しい企画「一枚の写真」を勝手に始めることにした。

実は10ほど続いた私のHP「基本的にはいつもHAPPYさ!」が閉鎖された。
理由はとても簡単、いわゆる「リンク切れ落ち」である。
まぁ、最近は更新といっても「Museum」の写真を1ヶ月に一度ほどアップするくらいだったのでしょうがないかな。

ということでそのMuseumの代わりということでこのブログで紹介することにした。
ついでに「勝手なつぶやき」も一緒にしてしまうことにした。

といっても、別に写真が趣味とか、高価な機材を持っているとかではないので本格派を期待してはいけない。
しかし、たまに…ホントごく稀に…自分でもビックリするくらいの写真が撮れたりする。
そんな写真をお届けできたらいいかな?という程度のコンテンツなので、そんなこんなでこれからもおつき合い願いたい。

では今回の一枚を紹介しよう。

題名「青空にキンモクセイ」
b0050172_12441621.jpg

ふらっと歩いていた時に見つけたアングルだ。
キンモクセイの香りと澄みきった高い青空で、気分爽快らしさが表現できたかな?
でも個人的にはキンモクセイの香りはちょっと好きではないかも…

〜今回の勝手につぶやき〜

『忙しくないと思って、あれもこれもと行事を入れてくると、大忙しのスケジュールになっちゃうってことくらい…気づけよ…』


では今回はこれにて終了〜!


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

# by tadapymac | 2014-09-23 12:47 | 一枚の写真 | Trackback | Comments(0)

168:iPhoneを探す

いやいや、大変お久しぶりである。

ブログの更新が全くないまま半年近く過ぎてしまい、とうとう終わってしまったと思っていた少数の閲覧者のみなさん、まだ終わっていませんよっ!!

ってなわけで、今回はその理由から…

b0050172_125567.jpg

理由はコイツだっ!!

そう、にわかに話題沸騰のオンライン対戦ゲーム「World of tanks」である。
このゲーム、かなり面白いっ!!

なにが面白いって、心を鷲掴みにする簡単な操作性と戦車たちのリアルさ。
男子なら間違いなく一度は夢見た戦車を操作できるのだっ
とにかく、やってみればその面白さは理解できると思う。
ちなみにMac版はないのでWindowsを起動させる仮想化ソフトが必要になるが、Freeの「Wine」の専用ソフトが出回っているので導入は比較的楽である。
1GB程度のグラフィック能力があれば快適にゲームを楽しめる。

まぁ、このゲームに没頭するあまりブログのことなんてすっかり忘れていたわけだ(笑)。

さて、今回はたまたま紹介できそうなネタがあったのでゲームの合間をぬっての更新である。
そのネタとは題名にも書いた「iPhoneを探す」である。
b0050172_13275486.jpg


最近のiPhoneやMacのOSで可能な「iPhoneを探す」や「Macを探す」は、iCloud上でできるのだが、なかなかその重要性は伝わらない。っていうか、無くしてみないとわからないのだからしょうがないのしょうがないのかもしれない。

私も然程重要だとは思っていなかったのだが、なんとなく機能させていた。
もちろんヨメのiPhoneも息子のiPhoneも同じだ。

ある日、公衆電話から電話がかかってきた。
ヨメが意気揚々と出掛けた旅行先でiPhoneを無くしたそうだ。
意気消沈した様子で、いつどこで落としたのかもサッパリわからないらしい。
…ふむ。いつどこで落としたのかがわかれば無くしたとは言わないだろうな…。

とにかく困ってしまっているらしい。なんとかならないか…というヨメのヘルプであるが、私は警察でも探偵でも神様でもないので本人さえ知らないiPhoneの在処などわかるわけがない。

…ん?
そうだ。「iPhoneを探す」で見つけてみよう。
MacのSafariを起動させてiCloudにアクセス。ヨメのApple IDとパスワードでログインした。
b0050172_13114543.jpg

早速「iPhoneを探す」をクリックすると…

お?見つけた!
b0050172_13115878.jpg

よくよく調べてみると、そこはタクシー会社のようだ。
すぐにそのタクシー会社に連絡して趣旨を伝えた。
電話では「該当する携帯電話はない」ということだったが、再度連絡を受けた実働班(ヨメ)が現地で確認したところ見つかったらしい。
LINEで連絡してきたヨメは、その後の連絡を絶ち、遊びまくって3日後に帰宅した。

今回の一件は運が良く、短期間で見つけることができた。
もし「iPhoneを探す」機能を使えていなかったらタクシー会社の良心にもよるが、見つかる可能性はかなり低かったと思う。
落とし主が住んでいる近辺とかであれば少々長くなっても根気強く探すことも可能であるが、旅行中などでは短期決戦となるし、もし拾った人が悪意のある人なら出てくることはまず無い。

「iPhoneを探す」を機能させていれば安心とはいかないまでも「見つかる可能性」は格段に向上する。
iPhoneの電池消耗を抑えるためとかを理由にこの機能を停止させている人がいるなら、他にも消耗を抑える方法はいくらでもあるので、この「iPhoneを探す」だけは機能させておいた方が安心であるということを伝えたい。

b0050172_13122284.jpg
※設定→プライバシー→位置情報サービス→システムサービス で入っていくと現れるこの画面の設定はすべて「オフ」でもまったく問題ないし、電池消耗を抑える効果はかなりあります。
ただし、アプリによっては支障をきたすことが若干あります。

ちなみに「iPhoneを探す」ではiCloud上で見つけたiPhoneで「サウンド再生」させて在処を教えたり、「紛失モード」にして拾い主に「連絡ください」などのメッセージを伝えることも可能。
b0050172_1312521.jpg

また、iCloudの利用で役に立つのは「iPhoneを探す」だけではない。
最近はアドレス帳なんて持っている人は皆無で、すべて連絡先は携帯電話の中だとおもうが、携帯電話を無くした場合、連絡のとりようがないのだ。
そういった場合にiCloudの「連絡先」はiPhoneの「連絡先」と同期しているので緊急の場合も安心なのだ。

使わなくて済むのが一番なのであるが、もしもの時を考えて「iPhoneを探す」は常に機能させておこう。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

# by tadapymac | 2014-07-16 13:29 | iPhone | Trackback | Comments(0)

167:Safariがとんでもなく重いときは…

突然遅くなったと思っていたMacの純正Webブラウザー「Safari」であるが、サブで使っている「Firefox」の表示速度も遅い…。
b0050172_16273643.jpg

で、原因はなんだったかというと… セキュリティソフトであったっ!

私はセキュリティに無頓着ではないが、お金をかけてまでやりたくない派なので
b0050172_16282157.jpg
無料(個人で自宅使用に限る)ソフォス アンチウィルスというソフトを常駐させて監視させていた。

このソフトはけっこう優秀ではあるのだが、デフォルトだと開くWebサイトが安全か危険かを判断してから表示させるので時間がかかるようだ。
開くサイトが安全かどうか調べてくれるのはいいことなんだけど、それで時間が数倍かかるのはいただけない。
Webサイトをチェックする機能を停止させれば済む話なのだが…

ということでその機能を停止させることにした。
b0050172_16465251.jpg
Sophos Anti-Virusの環境設定を開き「Webスキャン」の項目から上の段「リアルタイムのURL…」を「OFF」にする。
注:そのままでは左下の錠前アイコンにロックがかかっている場合がある。
  その場合は、錠前をクリック→Macのパスワードを入力→解除。

確かにWebサイトにはいろいろな危険が潜んでいるわけだが、極度にセキュリティ重視だと弊害も生まれる。
要は使う側の心がけ次第である。

☆ 怪しいサイトには踏み込まない。
☆ HDDのウィルスチェックは出来る限り行う。
☆ インターネットは常に危険と隣り合わせという意識を持つ。
☆ Mac(パソコン)の挙動がおかしい場合はすぐに電源を切る。
☆ 流出して困るようなデータは入れない。

このような初歩的な心がけでいるだけでもまったく違うと思う。

まぁ、あまりにセキュリティに敏感になることもないと思うし、せっかくの速い環境と速いマシンの足かせをする必要もないと結論づけたわけだ。
ただ、まったく鈍感になるのもどうかと思うので、手動でのウィルスチェックは忘れないようにしよう。
ちなみに私がソフォスソフト以外でダウンロードファイル専用に使っているソフトは
b0050172_16502369.jpg
Virus Barrier Expressというこれまた無料のソフトだ。
コチラのソフトはAppleの「appStore」からダウンロード可能である。
インターフェースが素敵だということと、けっこう軽く動いてくれるソフトなので現在のところ使用している。
b0050172_16524927.jpg



セキュリティソフトを常駐監視させている人は、今一度自分の環境を考えてみよう。
本当に必要なのか?と…

ただ、ズボラな人とデータ流出が怖いという人は常駐ソフトを起動させておく必要があるし、「Macは安心」と勘違いしている人やパソコン初心者の人もウィルス対策ソフトをインストールしておくことをオススメする。

最後に…
別に「ウィルス対策(常駐)ソフト」を停止することを勧めているわけではないので…
お間違いのないように…


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


「Macいかがですか?」
[PR]

# by tadapymac | 2014-01-19 16:57 | Mac | Trackback | Comments(0)

166:iPhoneのリカバリー!

iPhone5sに機種変更して、極めて快適な「iPhoneライフ」を満喫しているこの頃であるが、あることに気づいた…

以前のiPhone4sをどうしよう。

まぁ、このiPhone4sを以後使う機会は「皆無」だと思うが、性格的にそのまま放置ってのも気になる。

そうだ! 初期化して保管しておこう!

さっそくiTunesに接続して工場出荷状態にする…

「「iPhoneを探す」がオンのままでは初期化できません」

おぉ…そうだった…初期化するときは「iPhoneを探す」をオフにしなければならない。
b0050172_0283625.jpg

iPhoneから「iPhoneを探す」をオフにする… できない…
オフにする際にAppleIDとパスワードを認証させなければならないのだが、そのデータ通信ができないのだ。

そうだ… SIMカードが入っていないからネットにつながらないんだった。
もちろんWi-Fiが機能していれば問題ないのだが、以前ブログに書いたようにWi-Fiがハード的に壊れてしまっているので、データ通信は「3G」のみとなっている。

新しいiPhone5sのnanoSIMをアダプターを使って挿してみる…。
…でも、mopera Uのサービスを外したので「3G」使えないんじゃないかな?
そういえば、GalaxyNoteに挿してみたときもデータ通信はできなかったけど…

iPhone4sを起動させてみると「3G」の表示は出ている。
「おっ!? 大丈夫じゃないか?」
と思いきや、「iPhoneを探す」をオフにしてみると…
やっぱり認証できず…

どうしよう…


と…このような困った状況になった場合は、iPhoneをリカバリーモードで起動させてみよう。
iPhone内に残っているデータや設定はすべて消去されるが、iPhoneにまったくアクセスできない状態であってもパソコン(Mac)側からiPhoneを初期化できる。

やり方はまずコチラを参照 … Appleサイト「iOS:アップデートまたは復元ができない」

しかし、上記のやり方はイマイチわかりづらい…

ということでコチラのブログを参照 … 楽しくiPhoneライフ!「SBAPP」
(( 勝手にリンクして申し訳ありませんっ(謝)))

コチラに書かれている通りにやったら簡単に初期化できた。


では初心者向けに詳しく説明してみよう。

●まずMac(パソコン)のiTunesを起動させる。
b0050172_029149.jpg
Mac(パソコン)にケーブルでiPhoneをつなぐ。

●ケーブルにつないだ状態で「スリープボタン」長押しでiPhoneの電源オフ。
b0050172_056231.jpg

※1 もしわからない場合はコチラを参照。
※2 iPhone自体がウンともスンともいわない場合(固まっている状態)は「スリープボタン(iPhoneの上のボタン)」と「ホームボタン(下の丸いボタン)」を同時に押し続ければ何秒かで電源が落ちる。

●電源が落ちている(ブラックアウト)のを確認したら、「スリープボタン」を長押しする(とにかく押し続ける)。

●すぐに白いAppleマーク(リンゴ)が出る。出たらすぐに「ホームボタン」も長押しをする。これも押し続ける。
※ Appleマークが表示されたら同時長押しになるわけだ。
b0050172_0195259.jpg
●Appleマークが消えたら「3秒くらい」経ってから「スリープボタン」の指を離す。
※ ホームボタンは押したまま。

●Mac(パソコン)のiTunesにiPhoneが認識されたら「ホームボタン」を離す。

b0050172_020660.jpg
※ Macの場合、Dockアイコンが跳ねる。同時に上図ダイアログが表示されるので、間違うことはない。
●ダイアログの「OK」をクリックする。


b0050172_0202810.jpg
●iTunesの表示が上図になる。「iPhoneを復元…」をクリックする。


b0050172_0204463.jpg
●上図のダイアログが現れるので「復元とアップデート」をクリック。


b0050172_021033.jpg
● そのまま待つ。

b0050172_0211465.jpg
● ちなみにiPhone側はこんな画面に…。

b0050172_021323.jpg
● まだ待つ。

b0050172_0214512.jpg
● まだまだ待つ。

b0050172_0215665.jpg
● 上図のダイアログが表示される…が、まだまだ待つ。


b0050172_022711.jpg
●iPhoneが再起動し、上図がiTunesに表示される。

●あとは自分の好みで設定し直す。
※バックアップデータから引き継ぐ場合は、最新のデータを使うかどうかの選択ダイアログが表示される。

b0050172_0221931.jpg
●上図ダイアログが出たらiTunes側の設定は終了。


次にiPhone側の設定をガイダンスに従って進める。
b0050172_0223121.jpg
●iPhoneが上図の表示になれば、復元完了となる。


今回の手順については、iPhone4sに対して行ったリカバリーモードであり、またApple公式と少し手順が違ったりしているので、あくまでも 『 個人責任 』 のもとでおこなってもらいたい。
まぁ…大丈夫だと思うけど…。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


「Macいかがですか?」
[PR]

# by tadapymac | 2014-01-13 01:01 | iPhone | Trackback | Comments(2)