165:iPhone5s 〜その実力〜

iPhone5sに換えてから1週間ほどが経過した。

感想としてはまず…

快適すぎるっ!!!

である。

その処理速度がiPhone4sとは比べ物にならない。
A7チップのスピードといったら、もう「ビックリする」の一言だ。
b0050172_14592433.jpg
表示するまでの時間、アプリの立ち上がる時間などがとにかく速いのである。

実装メモリが「4s=512MB」が「5以降=1GB」になっているのも速度アップにつながっている。
単純に倍のメモリだが、処理速度の実感、それ以上である。

LTEの速度もハンパない。
b0050172_15431667.jpg
3Gで満足してた自分がバカみたいに速い。
docomoのLTEも、TVCMとかでは他キャリアに比べて地味ではあるが、けっこうカバー率が高い。街中でLTEを外れることはほとんどないし、ちょっと離れた郊外でもけっこうひろってくれる。
3GとLTEでは、古い例えで恐縮ではあるが、モデムからISDNに変えたときくらいの速度差を感じた。

Wi-Fiが「802.11nと5GHz帯」に対応しているのも見逃せない。
ちょっと前のパソコン内蔵のWi-Fiや4sまでは802.11gと2.4GHz帯での接続だったので、とにかく混雑と低速の環境だった。
それが倍以上(体感的にはもっと)速くなったわけだ。
ちなみに2.4GHz帯と5GHz帯では速度が速いわけではなく、利用されている他機器が少ないために混雑していないので結果的に速くなる…まぁ都会の国道と田舎の国道の差みたいなもんだ。利用者が少ないほうが混雑もせずスイスイ移動できるわけだ。

画面が少し広く(長く)なったのもいい。
やっぱりモバイルとはいえWebサイトで記事を読むのに、スクロールするのは少ないほうが楽である。また、Web上のゲーム画面も広い方が見やすいし、操作しやすい。

また、今iPhone5s(cもかな?)に換えると、普段は有料のApple純正アプリ「iPhoto、iMovie、GarageBand」とAppleのOfficeツールである「Pages、Keynote、Numbers」のモバイル版を無料でダウンロードできる。
b0050172_1661861.jpg
ユーザーによっては使用頻度は低いかもしれないが、そうそう手に入るものではないのでお得感はある。

とはいえ、まったく良いこと尽くめかというと、そうでもない。
まず、サイト表示や処理が速くなったことで、情報量も多くなるのでパケット量も増える。動画などもスムーズに見れるので、ややもすると「7GB」超えをするかもしれない。
操作上では、画面が広くなった分、一番上に指が届かないので操作がしづらいこともある。(まぁこれはiPhoneを持つ位置を変えれば解決することではあるが…)

まぁ、それを差し引いても「5s」に機種変更する価値はあった。
以前書いた記事にもあるように、全機種のローン分「月2,700円」ほどが加算されるのを考えても機種変更した価値はあった。

いつも思っているのだが、パソコンやスマホは処理速度が命である。
パソコンやスマホで遊んでいようが仕事していようが、とにかく処理速度が速くないと無駄な時間が発生してしまう。
仕事で使っているWindowsの起動している時間がもったいない。中のソフト(メーラーとか)が起動するまでの時間がもったいない。
仕事の合間に見るTwitterの表示が遅いと、表示を待つ時間は無駄となる。検索するときのWebサイトの表示されるまでの時間は無駄である。
プライベートでネットサーフィンする時間が、表示が速ければ半分…いやそれ以下の時間で済み、そうすれば他の作業に費やす時間が増える。必然的に前と同じ時間内でやれることが増えるわけである。
言うなればパソコンやスマホの処理速度が速くなるということは人生にゆとりが生まれるわけである。
その人生の豊かさをお金で買えるのであれば、それに超したことはないだろう。

そう、私は人生の豊かさを「月2,700円」で買ったわけなのだっ!!

…という言い訳を妻にしてみたが、なかなか理解されず…
今から妻の買い物に荷物持ちで行かなければならないのでこれで失礼する…。
当分このような人生が続くのだが、とにかくiPhone5sに換えたことの後悔は全くない。
迷っている人はすぐにキャリアショップへGo〜!


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


「Macいかがですか?」
[PR]

# by tadapymac | 2014-01-11 16:27 | iPhone | Trackback | Comments(0)

164:SafariがWebサイトを表示しないっ!

ある日、Macを立ち上げて、さぁWebサイトを見よう!…と、ブックマークをクリックしてもサイトを表示しない…。

再起動、思い当たるネットワーク系の設定を確認してみても、解決しない。

そんな貴方、もしかしたら「dolipo」をインストールしていないだろうか?
b0050172_21221294.jpg
そうだとしたら、右上のメニューバーに「dolipo」アイコンは表示されているだろうか?

無かったら原因はそれ…「dolipo」が起動していないために起こった不具合なのだ。

対処法は簡単。アプリケーションから「dolipo」をダブルクリックして起動させれば解決する。

そんな私も実はそんな状況に遭遇してしまった。
ほんの昨晩まで、普通に表示されていたWebサイトが開かなくなったのだ。
b0050172_21241547.jpg
すべてのWebサイトが表示されないならハード的な問題だと思うのだが、サイトによってはつながるところもあるのだ。

いったい、これはなんなんだ?

ウィルスか? コンピュータウィルスなのか?
とうとうこんな田舎のコンピュータにもウィルスが伝染してきたのか?
いやいや…
マジにウィルスだと怖いんでとりあえず昨晩までの設定に帰ろう…。
Time Machineのバックアップから復旧させた。

ふぅ…これで安心…。
でも解決しない…。
ならばいったい原因は…なんなんだ?

…でも、さっきから気になるのがDropboxの接続エラー … ん?

b0050172_2125232.jpg
そういえば「dolipo」のアイコンが出てないな…

!! もしかしてこれか??

「dolipo」を起動させてみる … ブラウジングしてみる …

おおおおおっっっっっっ!!!!!!!

表示したよ〜!!!
b0050172_2126032.jpg


という、あっけない原因と解決法であった。
詳しいことはわからないが、多分、プロキシをイジっているのでサイトによって、つながらなかったりつながったりの症状が出たのだ(と思う)。

ちなみに、「dolipo」はそのまま使用してもそれほど速くならないそうだ。
「キャッシュ」と呼ばれるデータをクリアして、尚かつ読み込みを停止させることで「爆走」するらしい。

Firefoxの場合
<< キャッシュクリア >>
メニューバーFirefoxから「環境設定…」を開き「詳細」画面に…
b0050172_21264585.jpg
上図の要領でキャッシュをクリア。

<< キャッシュ停止 >>
FirefoxのURLに about:config と打ち込んでリターンキー。
表示されたコンフィグ画面(その前に警告表示が出るが、そのまま進む)で
browser.cache.disk.enable
browser.cache.memory.enable
browser.cache.offline.enable
以上の3つを「true」から「false」に切り替える。
切り替え方法は、選択してダブルクリック(またはリターンキー)でOK。
すべて切り替えたら、URLの「about:config」を選択してリターンキー。

Safariの場合
基本的に環境設定などではできないのでターミナルでコマンド操作となるが、「OnyX」をインストールすると超簡単っ♪
b0050172_21285123.jpg

<< キャッシュクリア >>
OnyXを起動させ「クリーニング」「インターネット」を選択。
b0050172_2130750.jpg
上図の要領でキャッシュをクリアできる。
必要な項目にチェックを入れて「実行」をクリック。
(全部チェックしても問題ない)

<< キャッシュ停止 >>
同じくOnyXでも可能だが、個人的にはコマンド操作を推奨。
ターミナルを起動させ、下記のコマンドを入力してリターンキー。

defaults write "com.apple.Safari" WebKitPageCacheSizePreferenceKey -integer 0

Safariを起動させていた場合は再起動させる。

ちなみに、有効に戻す場合は
defaults delete "com.apple.Safari" WebKitPageCacheSizePreferenceKey
と入力してリターンキー。

以上の要領でキャッシュを停止させ、「dolipo」を爆走させよう。


今回の不具合(?)は、「灯台下暗し」的な原因で、簡単な対処法であるのだが、実際に起こった場合はかなり焦るので、参考になればと紹介する。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


「Macいかがですか?」
[PR]

# by tadapymac | 2014-01-06 20:48 | Mac | Trackback | Comments(0)

163:iPhone5sをdocomoで買う

b0050172_20504411.jpg

明けましておめでとうございます。
今年も「Macいかがですか?」をよろしくお願いします。

ということで、最近右側の「メモ」にも書いていたが、使っていたSIMフリーのiPhoneが壊れてしまった。
症状はというと…

ある日、出張からの帰り道、部下の運転する車の中でBluetoothのヘッドセット(120:ヘッドセットのススメ参照)をiPhoneにペアリングしようとヘッドセットの電源を入れたらペアリングができなかった。
すぐに「設定」で状況を確認してみるとなんらかのバグで接続できないようだ。
一度ペアリング設定を削除して再度試みてみたが、Bluetoothが認識しない。
再起動してみたがそれもだめ。その時Wi-Fiの設定をみてみたらボタンが動かない。
その時は一時的な症状だと思い、帰ってからゆっくり設定し直そうと楽観していた。

さて、帰ってからネットで症状を検索してみると、対処法が紹介されていた。
設定 → 一般 → リセット → ネットワーク設定をリセット
で直るらしい。
やってみる…

直らない… こうなったら出荷時状態に戻してみよう。

直らない… あれ〜?? なんで〜??

検索してみる…

iPhone4sにみられる症状で、直ることもあるが、ほとんどの場合、カスタマーセンターかAppleStoreへ持ち込みの修理しかないようだ。

ダメじゃん…。もう1年以上過ぎているので保証は効かない。
まぁ、ダメもとでシリアルナンバーで調べてみる…

「このシリアルナンバーは修理整備済製品と交換されています」

えっ!?

…やっぱり海外版のSIMフリーは、何かとイワクツキなのね…。
まぁ、AppleStoreに持ち込めばなんとかなりそうだけど… 遠いし…

しかし、なんとか3Gではなんの問題もなく使用できるし、家にいる時はほとんどMacだし、このままでも大丈夫かな…

Wi-FiとBluetoothが使えない状態で半月ほど使用してみたが、かなり問題がある。
それに加えて「テザリング」もできないのだ。
USB接続のテザリングは可能だが、子供や妻のiPhoneとのWi-Fiテザリングができなくなると意味がない。

iPhone5s買っちゃおうかな?
b0050172_20552618.jpg
今現在で機種変更するとどうなるんだろう…。
ドコモで聞いてみようといつものショップに行ってみると…

「5時間待ち」

…5時間待ち…ってなによ…
店員さんが近づいてきて「本日はどのようなご用件で?」
私 :「今使っているスマホからiPhoneに換えたいんですが」
店員:「失礼ですが、2年は過ぎてますでしょうか?」
私 :「いいえ、それがまだ2年経ってないんですよ」
店員:「そうしますと、現在の割引がなくなり、お客様のご負担が増えることがありますので、あまりお勧めできませんね。できれば2年過ぎてからの方が…」
私 :「そうなんですよね。そこのところを…どれくらいになるか調べたかったんですが」
店員:「そうなると… 5時間ほど後になりますが…」

5時間も待てるわけないし… その日は帰ることにした。

それに、あの店員さんの言うようにかなり勿体無いことになるわけだ。
まだ21,000円ほど機種代が残っているので、かなりの出費になる。

仕方なく机の奥深くにしまっていた「Galaxy Note」を取り出して使いだしたが、如何せん画面がデカ過ぎて使いづらい…。
b0050172_20594412.jpg
しかしどうしようもないし、年末年始休暇に入ったということでラフに使うこともないのでそのまま使うことにした。
無理な指使いでGalaxyNoteを使っていた時にあることに気づいた…

LTEってむちゃくちゃ速いなぁ〜
b0050172_2133013.jpg
(画像とdocomoは関係ありません…あしからず…)

そうするとやっぱり「iPhone5s」が欲しくなってくる。

現在の私のdocomoに支払っている料金はというと大まかに…

基本使用料(タイプ Xi にねん(10年超))… 743円
Xi パケ・ホーダイ フラット定額    … 5,700円
付加機能使用料(sp・mopera)     … 500円(ISPセット割差引)
端末分割代金             … 2,677円

以上から月々サポート割引で3,033円が差し引かれる料金… だいたい7,000円ほどが月々料金だ。

これでiPhoneを購入した場合、端末分割代金がプラスされるので、月々10,000円弱になるんだろう。

う〜ん…あと9ヶ月くらいはこの月々料金でいくわけか…

「もったいない」をとるか「快適」をとるか…

こういう時の私の考え方は…

『 月2,700円で「快適」を買う 』

である。


ということでiPhone5sにしてしまおうという計画が発動された。
ただ、この前みたいに「5時間待ち」はいただけないので、ネット予約をしておくことにした。
Mydocomoから予約ができる。
b0050172_218529.jpg

もし、あまりにも高額になりそうなら買わなきゃいいわけだしね。
とりあえずドコモショップで考えることにしよう。


そして予約当日を迎えた。

もし購入となっても、たぶんiPhone5sは予約になるので「今日」受け取りができるわけではないが、なんとなくワクワクしてしまう。
時間になったのでドコモショップに行ってみた。

「110分待ち」

?? なんて分かりづらい表現なんだ?なぜ「2時間」じゃだめなんだ?
ってか、なんでその微妙な時間がわかるんだ?
というツッコミたくなるような看板が出ていたが、予約してるんでそのままスルーする…。

店員:「お客様、ご用件を伺います」
私 :「予約していた○○ですけども…」
店員:「承りました。6番の窓口へどうぞ」

そのまま窓口に行くと6番の店員さんが笑顔で座っていた。
店員:「本日はどのようなご用件でしょうか」
私 :「機種変更でiPhoneにしたいのですが…」
店員:「わかりました。この書類にお名前と電話番号をお願いします」

書き終わった書類を見てパソコンで照合している。
店員:「現在お客様は2年契約で1年3ヶ月しか経っておりませんので、本日iPhoneで契約更新となりますと…」
と、紙に書いていろいろと説明してくれた。
内容は私が計算した通り、今の携帯機種代金が上乗せされるというものであった。
嬉しい新情報は「Xi パケ・ホーダイ for iPhone」はフラットより500円安いというものだ。これとmopera Uを解約となるので1,000円浮いた計算となる。

店員:「いかがなさいますか?」
私 :「料金的には私の思っていた料金より安いので、機種変更しようと思います」
店員:「わかりました。それでは機種変更の手続きをします」
私 :「へ? もしかして今日もらえるんですか?」
店員:「はい。在庫がございますので、大丈夫ですよ」

ほんの1ヶ月ほど前のSoftBankで妻は1週間ほど待たされたのに…
でも、今日もらえるならそれもいいな♪

店員:「iPhoneの機種はいかがなさいますか?iPhoneには「s」と「c」がありまして…」
私 :「「s」でお願いします」
店員:「わかりました。容量が16、32、64GBがありまして…」
私 :「32GBでお願いします」
店員:「わかりました。色は3色ありますが…」
私 :「ゴールドってありますか?」
店員:「はい。たぶん大丈夫だと思いますよ」
私 :「じゃ、ゴールドでお願いします」
店員:「わかりました」

…ちょっとまて… ミーハーっぽく「ゴールド」にしたけど、よく考えたらゴールドって表が白いじゃん…。
今までブラックで通してきたし、ここでホワイトに変えるのも…。

私 :「やっぱりスペースグレイ(黒)にしてください」
店員:「わかりました。保証サービスですが、これとこれがありまして…」

AppleCare+とdocomoの保証サービスだ。
docomoのは600円でAppleCare+は400円…
しかし、1年間の保証はあるのでここはパスする。
店員:「わかりました。機種を取ってきますので、それまでこれをよくお読みになっていてください」

と、私の前に「iPhoneへ機種変更されるお客様へ」という書類が置かれた。
初めてiPhoneをSoftBankで購入した時に見たことのあるような内容で、いわゆる「iPhoneにするとAndroidスマホで出来ていたことができなくなりますよ」という注意書きみたいなもんだ。
そんなことは百も承知なので軽く読み流した。

そうこうしているうちに店員さんがiPhone5sを持って再び現れた。

いくつかの書類にサインして…

店員:「それでは開封されてからiPhoneに傷などがないか確認ください」

…え? 客に開封させるの?
と、戸惑ったが、とりあえず開封する… 開封する… 外のビニール包装を取る… 取る… 取れない… なんかカッターかなんか…
と思ったが、なんとか爪で引き剥がし、開封…。

店員:「それでは電源を入れて、このSIMカードをiPhoneに差し込んでください」

なに? docomoは客にアクティベーションまでさせてくれるのかぃ!
嬉しいことだけど、前のGalaxyNoteの時は店員さんがやってくれたような…
まぁいいや♪ また「ようこそ画面」が見れるぅ♪

アクティベーションと初期設定をさせてもらった。

店員:「あとの設定はこれを見て行ってください」

なんか前にspモードメールのプロファイルを不正取得(?)した時に見たPDFをコピーした紙をたくさん渡された。
b0050172_2330128.jpg
後の設定はユーザー任せか…
私の場合はiPhoneにもMacにも慣れ親しんでいるので全く問題ないが、初めてiPhoneをさわるユーザーには戸惑うだろうなぁ…
そして小冊子もたくさん渡される。
docomoはこれがよろしくない。ただ小冊子を渡すのではなく、必要か必要でないかを確認し、必要なければ渡さないとか…の気配りが欲しい。

店員:「電話帳の移行は出来ますけど、どうしますか?」
私 :「あ、必要ないです」
店員:「わかりました。あと、iPhoneを購入されたお客様にはこれをお願いしているんですけども…」

docomoの付加機能…GalaxyNoteの時も似たようなものがあった「スゴ得コンテンツ」という、とても私には必要のない1ヶ月無料のコンテンツだ。
それと、どうも無料にならないコンテンツ「dヒッツ」なるものも必須らしい。
店員:「必要なければ1ヶ月中に解約されてください」
私 :「これは必須なんですね?」
店員:「はい… 他の割引をする関係で、どうしてもこれだけは有料の必須なんです。ただし1ヶ月間だけですので、今月中に解約すれば、それ以降の料金はかかりません」
私 :「いえいえ、必須ならいいんですよ」
店員:「他になにか質問等はありませんでしょうか?」
私 :「えっと、今まで使っていたこのスマホは…」
店員:「お客様がお持ち帰りなさってください。データの保存用とか、代用機としてお使い下さい」

代用機ってアンタ…SIMカードの大きさが違うから使えねぇじゃん…。
下取りで引き取ってくれるんならそれが一番よかったんだけど、まぁいいや…。

店員:「他になにかございますでしょうか?」
私 :「特にありません」
店員:「では、本日はこれで終了です。本日はありがとうございました」

この間、約30分ほどで機種変更が終了した。


ちなみに現在iPhone5sを使用中であるが

かなり快適っ♪

である。
この報告はまた後日ということで…


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


「Macいかがですか?」
[PR]

# by tadapymac | 2014-01-05 23:32 | iPhone | Trackback | Comments(0)

162:クリーンインストール 〜10.9 Mavericks編〜

寒いな…
こんなにも冬って寒かったっけ…

そんな忙しい年末に、仕事もひと段落ついて休暇に突入した。
休暇に入ったらやりたかったこと…それは…

Macのクリーンインストールだっ!

いやいや、今のiMacも買ってまだ1年しか経っていないのだが、なにぶん上書きインストールを立て続けに行っていたので、中身は要らないものがたくさんあるわけで、それを一掃しようと企んだわけである。

考えてみると…以前使っていたiMacは10.4 TigerのOSで購入した。
b0050172_113327.jpg

すぐに10.5 Leopardが出るということでインストールディスクは無償でいただいたが、まずここでLeopardを上書きしたのだ。
b0050172_1133254.jpg

まぁこのとき(Leopard上書き)は、10.4 Tigerをクリーンでインストールし、それに上書きしたのでそれほど古いファイルはなかったと思う。

Leopardから10.6 SnowLeopardはもちろん上書きした。この時はHDDは一度全消去し、それから移行アシスタントでデータを入れ込んだ。
b0050172_1125149.jpg

同じように10.7 lionも全消去後に移行アシスタントでのデータ移行であった。
b0050172_1125387.jpg

新しい現在のiMacも移行アシスタントによって10.8 MountainLionにデータを引き継いだ。
b0050172_1134150.jpg

データ引き継ぎだと、ほとんど以前の扱いと変わらないので楽チンであり、なんの不安もなく新しいOSを楽しむことができる。

そして現在の10.9 Mavericksも「MountainLionの安定型」ということで「上書きでイイや〜」ということで普通に上書きインストールした。
b0050172_1124564.jpg

しかしどうなんだろう…。
いくらHDDを全消去したとはいえ、移行アシスタントで全データを移行するわけだから、要らないデータ…例えば、使っていないアプリやデータ、それに現在のOSでは使えない古い設定データも引き継いでいるわけだ。HDDは広くなっているので圧迫されるようなことはないかもしれないが、やっぱりいろんなところで弊害があるのではないだろうか?

よぅし!こうなったら久々にクリーンインストールだっ!
Windows時代は年に何度もフルインストールしたこともあるし、面倒かもしれないけど、丸1日くらいでできるだろう…。
バックアップは「Time Machine」のHDDに残ってるので、もし不具合があれば移行アシスタントから元に戻すことも可能だ。

ということでクリーンインストールを決行することにした。

これ以降のインストールの方法などは…

「 10.9 Mavericks クリーンインストール 」

などで検索すれば、わかりやすく説明してくれているブログやサイトがたくさんあるので、ここでは割愛させていただく。

ただ、最近のパソコンはデータ量がハンパないので、インストール後の手間がかかりすぎる。私なんかは1日のつもりが丸3日をかけて、先ほどやっとこさ終わった次第である…

ではクリーンインストールしての感想を申し上げよう。

基本的に、上書きインストールと然程変わりはない。
(※ 一般的なユーザーとしての意見なので…あしからず…)

ただひとつ、Safariが遅すぎる。
これは上書きし続けたときに、いつかどこかで「細工」した結果、Safariが速くなっていたのだと思う。今までが「速過ぎた」わけだ。
だからクリーンなのに「遅い」という、なんとも身も蓋もない結果になってしまった。

とりあえず記憶を辿ったり、サイトを参照したりしてひとつの結論にいきついた。

思い出した! コマンドだっ!

Safariのブラウザ表示速度を速くするコマンドをターミナルから変更させる裏技があった。

defaults write com.apple.Safari WebKitInitialTimedLayoutDelay 0.25

上記のコマンドをターミナルで入力してリターンキー、そしてSafariを再起動(一度終了させる)すると、表示が速くなるのだ。

かなり前の情報だが、Mavericksでも効くのかな??

やってみた… ほぅ… かなりいい具合いじゃないか。
とりあえず、これでなんとか元通り(近く)まで回復したのではないだろうか。


最後に、今回クリーンインストールして思ったこと。

クリーンインストールするなら定期的に行った方がよい。
(あまりにも長くなると、なにをどう設定していたかを思い出せない)

昔ほどインストール後のスピードアップは感じられない。
(それほどOSが安定しているということだ)

ただし、移行アシスタントを使う場合は「要らないもの」をきちんとそのとき整理する。
(そうしないと要らないものと要るものの区別がつきにくくなる…)

まぁ、結論としては、上書きインストールでも全然問題ないということだ。

そうこうしている現在でも、必要なのに移行し忘れたファイルを、Time Machineフォルダに行って探しまくっているのが現状だ。

みなさん、クリーンインストールはOSが不安定(もしくは不具合)になってからでも全然遅くはないので、安易に行わない方がよいかと思う。

ただし、バックアップはきちんとやっておこう。
b0050172_1231143.jpg


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


「Macいかがですか?」
[PR]

# by tadapymac | 2013-12-27 01:42 | Mac | Trackback | Comments(0)

161:楽天でんわで携帯電話料金を安くっ!

スマホに切替えたら電話料金が高くなった…な〜んてコトをよく聞く。

それは当然で、フューチャーフォン(いわゆるガラケー)だった頃は「無料通話分」がサービスであったため、純粋な通話料はけっこう抑えられていた。

しかし、今やデータが主流の時代であり、通話自体はどうかするとほとんど使わない状態である。
私も仕事でも急な用事でなければメールで済ませるし、通話はほとんど使わない状態だ。

とは言え、なんだかんだで通話する機会はあるわけだし、月によってはかなり利用することもある。

スマホの場合、一般的なユーザーであれば、ほとんどの人が一番安い料金形態で契約しているだろう。そうした場合の通話料は「30秒…21円程度」だと思う。

これはけっこう高い…っていうより高すぎる気がする。
「あ、もしもし、いつもお世話になっています、○○商事営業部の△△です〜 先日はありがとうございました〜」(相手のあいさつ)」「あ、すみませんが、いま、お時間いただけますでしょうか?」「ありがとうございます〜 さっそくなんですけど〜…」
…と、本題に入る前に、すでに20円オーバーになっているわけだ。

そう、スマホ時代だからこそ少しでも携帯電話の通話料を抑える技(?)も必要になってくるのだ。そうしないと携帯キャリアの思う壷にハマってしまう。

いろいろな通話料を抑えるサービスは出回っている。「050」などが代表的であるが、なんとなく電話番号が変わると面倒くさい。
LINEやSkypeなどの無料電話(データ通信料のみ)を利用すればタダにもできるが、データ通信が安定している地域に限られるし、有効な代替とはならない。

そこで、今回紹介するのが「楽天でんわ」である。
ワタクシのホームページ楽天でんわ:リンク
このサービスは楽天が電話会社との間を仲介することにより電話料金を安く抑えられる電話サービスで、携帯電話・固定電話問わず30秒当たりの通話料が10.5円と、一般的な通話料金の半額の料金になるサービスである。
「楽天でんわ」というアプリをダウンロードして登録すればすぐに利用可能となる。もちろん楽天会員であればもっと簡単になる。

サービス自体はマイラインなどの電話サービスと同じで、相手先の電話番号のあたまに「0037-68」をつけて発信すると通話回線を楽天(正確にはその下請け会社「フュージョンコミュニケーションズ」)が借り受けて利用させるという、まぁそんな目新しいサービスではないのだが、アプリを介することで「0037-68」をわざわざつけなくてもいいということと、相手先には今まで通りの「0x0-xxxx-xxxx」で通知されるというところが利点である。

また、サービスの月額料金も無料だし、iPhoneの場合「連絡先」とデータアクセスさせることでアドレスブックをそのまま使用することができるので、電話する際も楽チンだ。
b0050172_012172.jpg
かかってくる電話は今まで通り、通常の電話アプリにかかってくるので問題ない。
b0050172_225494.jpg
くわえて「無料通話サービス」いわゆる同じ電話会社同士の無料通話や家族間の無料通話などで、逆にこのサービスをつけると料金が発生してしまい損をすることを防ぐため、「無料通話リスト」に登録しておくことで「0037-68」をつけないで発信するので、無料通話は無料のまま利用することができる。
b0050172_095328.jpg


ということで、楽天ゴールド会員の私も早速この「楽天でんわ」をダウンロードして、登録してみた。
登録自体はとっても簡単に済んで、すぐに利用可能となった。

さて、本当に「使えるアプリ(サービス)」なのか?

テストとして子どものiPhoneに電話してみた。
おっ! キチンと私の(登録された)名前が表示されている。今まで通りの着信と同じだ。
とりあえずはオッケーだなっ


それから何日か利用してみたが、利点だけでなく欠点らしいところも見えてきた。

まず連絡先に登録された人への電話でも、アタマに「0037-68」をつけて発信するために本来の通話アプリの発信履歴には「0037680x0xxxxxxxx」と残り、誰にかけたのかわからない。
b0050172_2359298.jpg
まぁ、これは楽天でんわアプリの履歴ではキチンと登録された名前が残るのでたいした問題ではない。

問題は登録していない電話がかかってきた場合である。

いちいちメモなんかにとってかけ直し?
と思っていたら、ちゃんと使い方はアプリ内に説明されていた…。
「かかってきた電話番号(履歴)のインフォ(電話番号の一番右側にある i )をタップして出た番号を長押しすると「コビー」が表示されるのでタップしてコピーする」
b0050172_001853.jpg
「楽天でんわの「よく使う項目」を開くと、コピーした番号に「0037-68」をつけた電話番号が表示されているので、それをタップすれば電話をかけれる」
b0050172_0202942.jpg
…と、まぁちょっと一手間かかる作業で面倒である。

もうひとつの問題…それは、かかってきた電話にすぐかけ直したい場合だ。

電話に出ようとiPhoneを取り出す間に切れてしまった場合や大事な人からの不在着信があった場合、ややもするとそのままタップでかけ直してしまう恐れがある。
かかってくる電話は通常の電話アプリなので、一度アプリから出て楽天でんわを起動させてから「かけ直す」という手間をかけなければならない。
急いでいる場合や、履歴にない場合は連絡先から探さなければならないので、けっこう煩わしい。

また、これは私にはあまり関係のない話なのだが、無料通話サービスに関する欠点だ。
docomoだと「カケホーダイ」という無料通話サービスがある。月額700円程度でdocomo同士だと無料になるというサービスだ。

私もはじめは利用していた。ケータイといえばdocomoであるし、職場のみんなもほとんどdocomoだと思っていたから、無造作にかけると8割方はdocomoだろうと踏んでいたからだ。
しかし、MNP(ナンバーポータビリティ)によって番号そのままでキャリアを替えれる現在では、その神話(?)も崩れている。けっこうみんなdocomoから飛び出しちゃってるようだ…ってか、docomoにかける電話料金が700円を超えないのだっ!

私は馬鹿らしくなってすぐに解約したが、このような無料通話サービスを利用している人は、無料になるべく相手に対して、気づかずに楽天でんわでかけると損してしまう。

auやSoftBankだと初めっから同じキャリア同士はタダという太っ腹なのだが、これも楽天でんわを使うと料金が発生して大赤字だ。

だから「無料通話リスト」が存在するのだが、親族親友ならまだしも誰が同じキャリアなんてわかるわけないじゃないかっ!
呼び出し音の前にちょこっと流れる「プププっ」や「テロテロリン〜ドコモっ」などで判別しろっても、辛い…。


とは言えやっぱり通話料を安く抑えられるサービスが増えるのはいいことだ。
楽天でんわの通話料金は携帯電話会社ではなく楽天への支払いになるのでポイントもつく。月によって変動する通話料金がなくなるので月額の携帯会社の料金も一律になるので「安くなった」気分を味わえる。

今回紹介したサービスは、人それぞれ…キャリアそれぞれ…かもしれないので一概に「オススメですっ!」というわけにはいかないが、次の人は使っても損はないかもしれない。

1 キャリアがdocomoで無料通話サービスに入っていない人
(auやSoftBankだと逆に高くついたりして…)
2 月の通話料金なんてたいした金額ではないけど、少しでも料金を安くしたい人
(ホントに安くしたいなら「050plus」などのIP電話にした方がもっと安くなる)
3 面倒くさがりではない人
(着信はスマホ純正電話アプリ、発信は楽天でんわと別けて使わざるを得ない)
4 マメな人
(登録している相手の電話が無料通話か否か調べれる人)
5 楽天ポイントが好きな楽天会員の人
(楽天でんわ通話料100円につき1ポイント)

まぁ、上に挙げた項目は私にほとんど当てはまるものであるから、今のところ「私にもってこい」のサービスな気もするが…。

今のところ、利点欠点がいろいろあるので、本当に自分に合うサービスなのかどうかしっかり判断して、じっくり検討の上で利用してもらいたい。
飛びつくと損するかもよ…。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


「Macいかがですか?」
[PR]

# by tadapymac | 2013-12-15 00:38 | iPhone | Trackback | Comments(0)

160:docomoでSIMフリーiPhone 〜spメールが使えるっ!〜

docomoから「iPhone5s/c」が販売されるようになって3ヶ月くらい経つ。
b0050172_23173977.jpg

一番のネックであった「キャリアメール」いわゆる「@docomo.ne.jp」のアドレスが10月1日から利用できるようになった。

ただ、アドレスが使えるというだけで、SoftBankやauのようにiMessage上でのやりとりはできず、「メール」アプリでPCメールのごとく利用しなければならず、またプッシュ通知には対応しておらず、Androidからのお引越組にはなんとも歯がゆい利用法となっている。
b0050172_23184516.jpg

とは言え、キャリアメールをどうしても必要としている人にしてみれば、とりあえずでも利用できないよりはマシである。

かく言う私も、どうしてもキャリアメール(@docomo.ne.jp)を利用しなければならない状況なので、前にも書いたように「iモード」「iモード.net」を使い、疑似アプリでなんとかしのいでいた。

10月前のdocomoのアナウンスで、私のSIMフリーiPhone4sにも正式な(?)iPhone5s/c用に配布されたプロファイルをどうにかインストールできないかと試行錯誤してみたが、「お使いの機種ではご利用できません」的なダイアログ出現によりspモードメール利用は断念し、「NTTdocomoって以外とセコいなぁ」などとワガママなユーザーのような独り言を吐いていた。

そんなある日(昨日なのだが)、そろそろその壁を打ち壊してくれたユーザーが出現してないかと検索してみた。

すると…

ありましたっ!

http://iyuto.com/iphone/iphone-tips/sp-mode-mail-receive-au-softbank-iphone/
by @iyuto_(勝手にリンクしております…すみません…)


ただし、このリンク先の方法は誰でも可能というわけではない。
前提は…
1 spモードを契約している。
b0050172_23234754.jpg
2 Androidのスマホを持っている(もちろんつながるヤツ)。
b0050172_23254338.jpg

以上の条件であるが、私の場合はクリアしていたので難なくspモードメールを利用可能となった。
※ 詳しくは前述のURLリンク先を参照

まぁ、簡単に言ってしまえば、Androidスマホで「iPhone5s」に「なりすまし」てプロファイルをダウンロードし、そのファイルを本来利用できないiPhoneにインストールするわけだ。
b0050172_23325098.jpg
プロファイルを受けつけたiPhoneは、完全な「docomo iPhone」として利用できるようになる。「dメニュー」を筆頭に10コほどのアプリがインストールされ、これでもかっ!というほどに「docomoスマホ」化したiPhoneになってしまう。
SIMフリーiPhoneを購入してまで使いたかった「docomo iPhone」ではあるのだが、ここまでdocomoアプリが自動的にインストールされると反対に消したくなるのは私だけだろうか…。

まぁそれはさておき、spモードに入っていたことは正解だった。
本来ならばSIMフリーのiPhoneをdocomoで利用するためには「mopera U」にさえ入っていればいいわけで、spモードなんて必要なかったのだが、docomoSIMの入ったAndroidスマホを購入した際、店員さんの「片方の料金で両方使えますよ」というオススメもあって、どうせ使えないとは思いながらも「タダならいいか」ということで入っていたことが功を奏した。
b0050172_2341285.jpg

@docomo.ne.jpが普通に使えるようになった今では、それまでムダとは思いつつ利用せざるを得なかった「iモード」と「iモード.net」を解約し、身軽な料金形態になった。
あ、私と同じくspモードを契約して尚且つiモードでメールを利用していた場合は、アドレス入替え(iモードメールで使っていた「xxxxxx@docomo.ne.jp」をspモードに戻すこと)が必要になるので忘れないように。

ちなみに、この「spモード利用設定」プロファイルをインストールしておけば、「au」だろうが「SoftBank」だろうが、spモードメールを利用可能となる。もちろんdocomoスマホとspモードメールのアドレスを保有していることが大前提ではあるが…。

ただし、この方法は「違法」とまではいかないかもしれないが、かなり「グレーゾーン」にある方法であることを認識して、個人責任のもとで実施してもらいたい。

決して「お勧め」する方法ではないということをご理解の上、参照して頂きたいと思う。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


「Macいかがですか?」
[PR]

# by tadapymac | 2013-12-06 23:59 | iPhone | Trackback | Comments(0)

159:iPhoneの機種変更時はご注意っ!

お久しぶりである。
ちょっと南の島に行っていたので更新が遅れてしまったが、決して忘れたわけではないので一応いいわけしておく。
b0050172_16124627.jpg


さて、先日にヨメのiPhoneが2年過ぎたので機種変でSoftBankショップを訪れた。
b0050172_16164084.jpg
ちなみに機種を「s」にするか「c」にするか問いかけてみたところ「どっちがいい?」と逆に問われてしまった。
ヨメの使用目的なら「c」で十分なのだが、個人的に「s」を見てみたい気がしたので「どうせ買うなら「s」でしょ」と勧めてみた。よくわかっていないようだったが、デジタル機器にちょっと詳しい私の意見ということもあり「s」にするそうだ。

いつものショップに到着し、客も少なかったのですぐにカウンターに座った。私もとりあえず同席して話を聞いてみると「s」は在庫がなく予約になるようだ。そしてその女性店員は当然「c」を勧めてきた。
ヨメは「どうしようか?」と言ってきたが、その店員が「貴方は「c」で十分ですよ」ってな雰囲気で話すもんだから、「「c」は「5」と同等であり古い機器を買うようなもんだ。どうせ買うなら「s」にしなさい」ってな風に言ってやった。
そして予約の手続きに移った。特に問題ないと思い、私は店内のケータイやアクセサリーを見て回ることにした。

ただの予約の手続きのようだが、なんかもめてる。

近づいて様子をみてみると、どうも機種変更で月額料金が高くなるようだ。
まぁ、新しいプランだと4GLTEになるので月額の料金が高くなるのはしょうがないことであるし、その他にキッズケータイや有料プランがくっついているのでよくわかりづらい。

「月額のプラン」の一覧表が置いてあったのでちょっと覗いてみた。
月額で一番安いプラン…9,○○○円…

へっ?
高すぎるんじゃね?

すぐに自分のiPhoneでSoftBankのサイトから料金を調べてみた。
通常の機種変更なら…7,345円…

どういうこと?

もう一度料金プラン表を見てみる。
自分:「これって、一番安いプランなんですか?」
店員:「はい。でも、みなさん大体このプラン(もうひとつ上のプランを指差して)を選ばれていますね」

おいおい、君がオススメするのは1,0000円を超えているじゃないか…

ジッとプラン表を見る…

ホワイトプラン…980円
インターネット接続基本料金…315円
パケットし放題フラット for 4GLTE…5,460円
○○セット…1.500円
安心保証パック…525円

「○○セット…1,500円」 … ん? … なんじゃこりゃ?

自分:「この○○セットってなんですか?」
店員:「これはここに書いてあるオプションセットです」

下の方に「保護フィルム、専用カバー、…」などなどが書いてある。

おいおい(汗)、こんな要らないものに毎月料金かかるんかい…

自分:「これって必須なんですか?」
店員:「いいえ、外すこともできます」

んなら、キチンとそれを説明しろよ…
気づかないでいたら、そのまま毎月支払わなきゃならないんだぞ。

自分:「あと、この安心保証パックってのは必須?」
店員:「いいえ、これも外せますけど、壊れた場合とかに困りますよね。これに入っていなくて壊れた場合2〜3万円くらい修理代がかかりますけど、これに入っていれば2年間の故障などは85%の修理料が保証されます。」
自分:「AppleCareでいけますよね」
店員:「でも水没や保証されない故障なんかのときは…」
自分:「水没は別として保証されない故障ってSoftBankでも同じでしょ?Appleに製品登録すれば1年間は保証されるし、その後はAppleCareで…」
店員:「ええっと、その部分については契約時に詳しく契約できますので、今回は予約ということですので…」

どうも私の言動に腹がたったようだ…これ以上戦う気もないので「そうですね」と引き下がった。

そしてまた店内を見回っているとヨメが私を呼んでいる。

ヨメ:「これ、どうする?」

なになに? モバイルWi-Fiプラン??

店員:「4GLTEにすると速度は速くなりますけど、パケ詰まりなどで遅くなったりします。しかしこれを持っていれば快適な環境がつくれます。それにスマホで7GB以上のパケットを使った場合、その後はガクッと速度が落ちます。でもこれなら3,980円でその心配はありませんよ」
自分:「大丈夫です。ほとんどデータ通信は家のWi-Fi内でやってますし、ヨメの使用用途で月7GBを超えることは天地がひっくり返ってもありません。ということで、それは要りません(キッパリ)」
ヨメ:「あと、これは?」

なになに? データ移行支援サービス?? 1,000円??

店員:「データを移行する際にデータを確実になくさないように保証するサービスです」

…なんだ? その無意味な有料サービスは…

店員:「iCloudでのデータ移行はたまに失敗することがありまして…現在のデータはiCloudに?」
自分:「いいえ、家のパソコンに落してます。」
店員:「アップデートなんかもパソコンですか? なしでも今はできますけど」
自分:「家のパソコンはMacなんで相性バッチリなんですよ。ストレスもなくアップデートできますしね」
店員:「そうですか、ではこれは?」
自分:「まったく必要のないサービスですね(キッパリ)」

そうしているうちにヨメが「今日のうちにある程度の契約を済ませて、本機が来たときは簡単に済ませたい」という旨を店員に伝えた。
「ある程度までなら可能」ということで、済ませることにした。

取り外せるオプションはすべて外し、ショップおすすめのオプションもすべて断り、基本通り「7,345円」で契約することになったようだ。

最後にヨメが、よせばいいのに「結局、月額料金はいくらになったか出して頂けませんか?」と店員に言った。
その時ばかりは店員さんの顔色が変わり、声もちょっと低くなったように思った。
それもそうだ。普通なら最低でも2,000円近く高い月額料金で契約できるはずが、基本料みたいな契約しかできず、それを知り合いなどに吹聴される可能性だってある。
ショップにはとんでもないことなのである。


今回のこのヨメの機種変で気がついたこと。

iPhoneが大手キャリアすべてが扱うようになって、競争になり「安く」なると思っていたが、逆に高くなっているということだ。
それは料金形態が高くなったのではなく、ショップのオプションによるものである。
ユーザーの獲得はすでに決着がついており、これからはユーザーからどういうふうに小銭をとれるか?になっているようだ。

みなさん、機種変更時には気をつけていただきたい。

ただ…ショップの店員さんたちは死活問題なので、こういうことに必死になるのもしょうがないことも事実である。

がんばれ!携帯ショップ店員っ!!

(オマエが言うな…って(笑))


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪



Macいかがですか?
[PR]

# by tadapymac | 2013-11-30 16:25 | iPhone | Trackback | Comments(2)

158:10.9 Mavericks にアップデート!

さてさて、今回は「10.9 Mavericks」について。
b0050172_1112319.jpg

新しいMac OS Xのコードネーム(愛称となってしまっているが…)が「猫科」の動物の名前から「街の名前」となったことは皆さんご承知だと思うが、その最初の10.9 Mavericksがインストール可能となった。

なにがよくなったかというと、一番はなんといっても「無料」っ!!
b0050172_1125997.jpg

これは画期的というか、スゴいことだ。
Windowsでは有り得ないことで、それだけでもビックリな発表なのだが、よくよく考えてみれば、例えば「iOS」のアップデーターは「無料」だ。機体を買った時のOSをアップデートするのに有料ってのもおかしな話である。それを今までは普通に当たり前のことだと思っていたし、なんの疑問も感じなかった。それはWindowsがそうであったようにメジャーアップデートというのは有料が当たり前という先入観があったからだ。

今回の新OSの無料化が及ぼす影響は計り知れないかもしれない。
Macは最初は機体を買う出費はあるが、その後は無料のまま最新のオペレーションシステムを利用できるのだ。
一方Windowsマシンはそうはいかない。
Windowsは基本的に機体を作るメーカーとOSを作るMicrosoftは別会社である。機体メーカーが保証でもしない限り、ユーザーは新しいOSを使いたければ購入しなければならない。
この先、Microsoftは苦戦を強いられることになりそうだ。

次にMavericksで目新しいといえば、Appleサイトでいうところの「最新のテクノロジー」である。
b0050172_1154279.jpg
まず、省エネ効果の向上。
「タイマーコアレッシング」と「App Nap」という新機能で省エネ化を図っているが、その効果はかなり高いようだ。詳しくは同サイトで見て欲しいが、簡単にいうと、見えないところや使っていないときにCPUやアプリを休ませることで省エネ化を図っているのだが、その頻度と時間を増やしてやることでもっともっと省エネできるのだ。
次にメモリーの使い方が上手くなったこと。
ウマい言葉が浮かばなかったのでこういう言い回しになってしまったが、とにかくMavericksでは今までとはちょっと違うメモリーの使い方なので、メモリーを大食いするソフトを使った後でも「非使用中」というキャッシュが小さくなる(圧縮される)ので「空きメモリー」が確保されるわけだ。
Windows、それもxpとかVistaを使っている人にはビックリを通り越して驚愕な速さに思えるかもしれない。もちろんそれ相応のスペックは必要なのだが。

話は逸れるが、仕事で使っているWindowsの起動や終了、それに起動後のアプリのあの遅さには恐れ入る。
起動に2分も3分もかかるし、ソフト自体の起動もとんでもなく遅い。
私がMacを使っているからそう感じるのかもしれないが、それ自体に何分も時間を費やすのは効率が悪いし、なにより仕事に支障を来す。
一日の仕事の時間は決まっているのにそれに時間を取られるのはもったいない。もっとキビキビ動いてくれれば残業する時間も短くなるのに…。
仕事場のパソコンがMacになればどれほど効率化が図れるかと思うと歯がゆい思いだ。
それをなんの疑いもなく使用している他の人には頭が下がるというか可哀想な気にもなる。
パソコンの速度向上は仕事の効率化を図る意味でも大変重要なことなのだっ!

それはさておき…

ということで、webサイトでも書いてあるような一般論はこのくらいにして、Mavericksにアップデートした私の第一印象を述べてみる。

アップデートはLion、MountainLionと同じくApp Storeからダウンロードで実施する。
ガイダンスに従って(というほどのガイダンスもないのだが…)進めれば小一時間で終了する。簡単すぎて恐ろしいくらいである。
普通のアプリ等と同じく再起動でインストール完了。

まずそのインターフェースは、全くと言っていいほど…というより全く10.8 MountainLionと変わっていない。それを考えると今回のアップデートは「10.7 Lion」のマイナーアップデートといえる「10.8 MountainLion」をもっと使いやすく(速く)したアップデートなのではないだろうか。
それは使ってみると実感に変わる。OS自体の動作はとんでもなくキビキビとしていて、使っていてストレスフリーなのだ。ネットワーク(インターネット)の速度とは違うところの速さが視覚的にも実感できる。

ソフトではWebブラウザの「Safari」がちょっと変わった。
b0050172_1542312.jpg
ブックマークサイドバーが常時表示可能となった。その代わり今までのCoverFlow表示がなくなってしまった。個人的には今までCoverFlowで表示させていたので使いづらくなったが、それもしばらくで慣れるだろう。
それよりSafariも動作がキビキビしてて気持ちよい。「自称最速」を謳うだけのことはある。

一番期待していたFinderの「タブ化」はちょっと残念だ。
b0050172_1563360.jpg「新規タブ」で新しいフォルダ等を開くためにはコマンドキーを押しながらクリックするか右クリックの「新規タブで開く」をクリックする必要があるのでちょっと手間がかかる。Safariなどのように開く方法をユーザーで設定できるようにしてもらうと大変助かるのだが…。

b0050172_213091.jpgiCloudキーチェーンも期待していた機能であるが、まだその恩恵を受けていないのでなんともいえない。

マップはiCloudとの連携させれば使い勝手がもっとよくなると思うが、それでも他のバンドルソフトやTwitter、FacebookなどのSNSとの連携が簡単にできるというのはいいと思う。
欲を言えば、もう少し詳しくて最新の状態になって欲しい。





今回のアップデートはコードネーム(愛称)が刷新されたということで大きな変更だと思っていたが、名前ほどの大きな変更はなかったものの、安定性と高速化・省エネ化は大満足なアップデートであった。
もちろん一番は「無料アップデート」ということである。
それに加えてアップデート自体、とても簡単になっている。ほとんどマイナーアップデートに毛が生えたくらいの手間隙しかかからない。
10.7 Lion以降を標準インストールされたMacユーザーであればアップデートして損はない。だって見た目も操作性もほとんど変わらないのだから…。

早めのアップデートをオススメする。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪
[PR]

# by tadapymac | 2013-10-27 02:35 | Mac | Trackback | Comments(0)

157:iPhoneなアプリ

ふぅ…。最近やっと人が住めるほどの気候になってきた…。
とはいえ、まだ夏日やら台風やらで「秋」はまだまだ遠いようだ。

さて、今回は「iPhoneなアプリ」ということで、便利なiPhone用のアプリを紹介しよう。

今回紹介するのは「iDelete temp file cleaner」というアプリ。
b0050172_1719549.jpg
どういったアプリかというと、その名の通り「お掃除アプリ」だ。

長いことiPhoneを使っていると「必要ないファイル」が溜まってくる。パソコンでも同じだが、そういう必要のないファイルはどんどん貯まってしまい、本体の動作などに不具合を生じさせる原因となったり、なによりストレージの圧迫になってしまう。

必要ないなら消してしまいたい。

こんな時に活躍するのがこの「iDelete temp file cleaner」だ。
便利なこのアプリ、「無料」と言いたいところだが、実は1$(85円)の有料アプリである。
無料ならもっとよかったのだが、しかし100円をきる値段で役に立つので是非試してほしい。

使用の要領は実に簡単。
アプリをインストールして起動させたら
b0050172_17325976.jpg
「CLEAN」という丸いボタンをタップするだけ。
すると「お掃除」が開始される。
b0050172_17335288.jpg
現在進行中のパーセンテージの表示と併せて砂時計による視覚的な進行状況の確認もできる。
b0050172_17352279.jpg
ちなみにちゃんと砂時計は進行率に合わせて減っている。
b0050172_1736745.jpg
95%を超えた頃にダイアログが表示される。
b0050172_17364996.jpg
このダイアログは無視して「完了」をタップしよう。
b0050172_17372984.jpg
引き続き100%まで進んで完了となる。
b0050172_17382666.jpg
問題なく「お掃除」が完了すると上画像の表示になる。

空きメモリ
前に ○○○○MB
後  ○○○○MB
洗浄 ○○○○MB

まぁ、外人さん作なので日本語的にはどうかと思うが「前に」はクリーニング前で「後」がクリーニング後、「洗浄」ってのがクリーニングした量であろう。
「お使いのデバイスは、清潔で健康な今」ってのは…「現在はクリーンでフレッシュ」ってなもんだろう…ホントに直訳されると変な日本語になるんだなぁ…(汗)

とにかく、しょっちゅう起動させるアプリではないが、ちょっと動作が緩慢になったり、アプリをよくインストールと削除をするユーザーは入れておいても損のない…いや、役に立つアプリだと思う。

ちなみに「ストレージの空き容量がありません」のダイアログで「設定」をタップすると、設定の「一般」→「使用状況」が起動し、クリーニングが完了しないので注意しよう。
b0050172_17473931.jpg

有料なので「超オススメ」とまではいかないが、そんな高いものでもないので入れてて損のないアプリということで、キレイ好きな人や几帳面な人は是非っ!


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


Macいかがですか?
[PR]

# by tadapymac | 2013-10-07 18:02 | iPhone | Trackback | Comments(0)

156:docomoでSIMフリーiPhone 〜iOS 7編〜

暦では「秋」になって彼岸花も咲き誇る今日この頃…
ふと思うのは「なぜまだ暑い?」である。

さて、docomoから正式にiPhoneが販売されることになったので、不正に(?)docomoでiPhoneを使用している私は「docomoでiPhone」では誤解される可能性があるので今回からタイトルを「docomoでSIMフリーiPhone」に変更した。

9月20日にアップデートが開始された「iOS 7」。
b0050172_22534610.jpg
私の「4S」では快適に動作しないのではないかと思いアップデートを躊躇していたのだが、どっかのWebサイトで「特に問題なく、動いてます」という情報を聞き、思いきってアップデートしたみた。

まずアップデートは問題なくできた。もちろん一番手堅いと考えられるMacの「iTunes」経由でUSBケーブル使用だ。心配するほどの移行問題はなく、今までのメジャーアップデートとほぼ変わらない。

メジャーアップデートなのでアプリによってはデータが消えてしまうというのはあるが、これは仕方ないだろう。
しかし、大事な「連絡先」や「電話」の履歴、カレンダーの予定などはすべて引き継ぐことができたので、これ以上の引き継ぎは贅沢であろう。

さて、今回のアップデートは今までのiOSから大幅で大胆な変更されたインターフェースとなっている。
しかし私の見る限りでは、たいした変更でもないような気もする。
iOS 7に変わってユーザーからは賛否両論が飛び交っているようだ。
かっこいい・カワイイ・見やすい…等々から
変だ!Androidみたいだ!操作しづらい…などなど…。
しかし、よくよく考えてもらいたい。
いつまでも同じインターフェースで同じ操作で続いたものなんてあるだろうか?

車しかり、日常使用する機器、例えば洗濯機なんて今は全自動だが、昔は2槽式、それより大昔はハンドル式の脱水装置だったらしいではないか。
日々進化しているのだ。
iPhoneもドンドン進化するべきだ。
そう考えると今回のアップデートの新インターフェースは遅いくらいである。

とは言え、先ほども申した通り、使い方はさほど変わっていない。
見た目とアクションが変わったくらいで、使い方が変わったところなんて微々たるものだ。

では私的に気になった部分を紹介しよう。

まず壁紙。
b0050172_23121391.jpg
上の壁紙は同じように見えるがよく見ると若干大きさが違うのが分るだろうか。
左が通常のiOS 7でのメイン画面での壁紙で、右が今までの壁紙設定での壁紙である。
iOS 7ではアイコンと壁紙に距離があるように(壁紙の上にアイコンが浮いているように)見せるため、壁紙を少し拡げて表示させている。
上下左右にiPhone画面を見ながら動かすと、さもアイコンが動いているように見えるが、実は壁紙が動いているのだ。
右上の画像では「設定 → 一般 → アクセシビリティ → 視差効果を減らす」をオンにすることで、この視差を無くしてiOS 6までのように壁紙をいっぱいいっぱいまで使っている。もちろんアイコンが動くこともない。

まぁはじめの頃はそんなアイコンの動きも楽しいかもしれないが、使用する上で何か役に立つかというと、全く無意味なものだろう。
ということで私はすぐに視差効果を減らしている。

次に、これは大変な問題だった。
Safariのwebサイトの表示についてだ。
iOS 7からのSafariのwebサイト表示は「iPhone5」以降の画面サイズ(640×1136)を基準になっている。

まぁ、通常のWebページであればスクロールするので特に問題ない。加えてiOS 7のSafariはスクロールすると表示画面が広くなるという優しい作りになっている。
b0050172_23272961.jpg
例えば上の楽天のサイトを表示させた場合、まずメインの最上部が表示されると、上にサイトURL、下にiOS 6までもあった「戻る・進む」や「ブックマーク」などの操作画面が表示される。
それがスワイプしてページを下げると上のURLは申し訳程度まで小さく、下の操作画面は消える。
必要な時は一番下画面をタップするか、上方に軽くスワイプすると左の画面のように現れる。
これはなかなか画面の狭い4Sまでのユーザーには優しい設定である。

また、HTML5で完全に作られていると思われるページでは最適化が行なわれるようで、例えばAppleのメインページではスクロールしようがなにしようが消えない。
b0050172_2340570.jpg
見る上ではまったく問題ないので消えなくても問題ないし、操作画面はできれば消えて欲しくないとも言えるので、この先、ほとんどのWebサイトがHTML5化してしまうと快適性は増すだろう。

が、しかしっ!
実はひとつここに落とし穴がある。
HTML5で作られているからなのか、それともページ設定がそうなっているからなのかわからないが、スクロールしなくてもよいページ(できないページ)で、下の操作画面が邪魔でページのボタンをタップできない(またはタップしづらい)という問題が生じているのだ。
b0050172_0194545.jpg
特にWebサイト上のゲームなどで多く見かける。
これはなぜかというと、画面が640×1136用に最適化されているからだ。iPhone4Sまでの640×960の画面では76ピクセル分の画面がきれているのだ。

今のところこれに対する対処法はみつけていない。
っていうか、対処法はでないだろう。「嫌なら5sか5cを買いなさいよ」ってなもんだろう。
最近のAppleは古い機器を使っているユーザーに優しくない。
MacにせよiPhoneにせよ、値段的には確かに安くなってきた。
しかし人には都合ってのがありましてね…そんな簡単に買い換えることはできないんスよ…
もっと古いユーザーにも優しくしてよ…。

っとまぁ、webサイト問題だけはちょっとアップデートして後悔した部分だが、実はもうひとつ重大な発見がある。

メモリ消費量だ。
b0050172_23484187.jpg
iPhone4Sのメモリは512MBであるが、上図は、あるアプリでiOS 7を稼働中のメモリ消費量を表示させた画面だ。
もうすでに半分以上のメモリが消費されているが、実はアプリを起動させていない状態である。

ではある程度アプリを起動させてみるとどうなるか?
b0050172_23535626.jpg
こうなるわけである。
非使用部分もあるのですぐフリーズってわけでもないが、空きが20MB以下って…。
やはり「5」以降の1GBメモリ用に作られたOSのようだ。512MBじゃギリギリだということがこれでハッキリと理解できる。

4SでiOS 7を使うなら定期的(それも頻繁に近い)にバックグラウンド稼働中のアプリを停止するか、再起動を適宜に行なう等の処置が必要のようだ。
ちなみにアプリ停止は、今まで通りにホームボタンをダブルクリックし、画面上のアプリを上方にフリックして消すという操作。MacでDockのアプリを消す動作に似ている。
b0050172_0421125.jpg


まだiOS 7にアップデートしていない4S以前のユーザーのみなさん。
以上のことを参考に、アップデートするかどうか、しっかり考えてから行なって頂きたい。
ちなみに一度「iOS 7」にアップデートしたら「やっぱりiOS 6に戻す」のは基本的に無理なので、よくよく考慮していただきたい。

まぁ、それでもiOS 7ってけっこうよくできたOSだし、今後はこの操作に慣れなきゃいけないわけで…。
ヘビーユーザーでなければ快適性はそこそこあるし、これを機にアップデートしてもよいだろう。


人気ブログランキングへ←よかったらクリック願います♪


Macいかがですか?
[PR]

# by tadapymac | 2013-09-23 00:45 | iPhone | Trackback | Comments(0)